敏感肌用洗顔料の選び方とおすすめ5選!ニキビ・肌荒れから卒業しよう


敏感肌の方は、自分に合った化粧品を選ぶのに苦労しますよね。洗顔料もそのひとつ。肌にやさしいだけでは汚れが落としきれなかったり、少し強いと乾燥してしまったり…悩みは尽きません。私自身も敏感肌なので今までたくさんの洗顔料を試してきました。その中から、敏感肌の方にオススメできる洗顔料5選と、洗顔料の選び方を紹介したいと思います。

敏感肌の原因

肌が敏感になる原因は、人によって様々です。例えば、「日焼け」「洗顔料」「スキンケア」等での刺激は多くの人が実感されることかと思いますが、この他にも、「日焼け止め」や「脱毛」、「除毛」等も肌の刺激になる場合があります。なので、日常の様々なことを気にかけてみて原因を探してみてください。

一部、 考えられる例を紹介しますと…

1、 乾燥によってバリア機能が失われる
ひどい乾燥によって、お肌のバリア機能が失われてしまい、敏感肌になる場合があります。

2、 花粉などのアレルギーのために敏感になっている可能性
花粉などのアレルギーが原因で、敏感になってしまっている場合も。この場合、アレルギー症状が改善すると、お肌の調子も戻ることが多いようです。

3、 洗いすぎや洗顔料のすすぎ残しが原因になることも
スキンケアに欠かせない洗顔も、洗いすぎや、すすぎ残しはお肌に大きな負担をかけてしまいます。

そこで、敏感肌の人はどのような洗顔料(石鹸・フォーム)を選べば良いのかを、次でご紹介したいと思います。

 

敏感肌用洗顔料の選び方5つのポイント


敏感肌の人の洗顔料の選び方ですが、まずはできるだけお肌に負担をかけないもの、そして成分や洗い上げのしっとり感なども基準に選んでみると良いですよ。

1、目的に合わせた有効成分配合のものを選ぶ

「敏感肌」といっても、症状は人それぞれです。自分の肌の状態をまず知って、それに合わせた有効成分が配合されたものを選ぶと良いでしょう。
例えば「ニキビ・肌荒れ」が気になるなら、抗炎症成分が配合されていて保湿効果があるものを。また、乾燥による「毛穴の開き」や「黒ずみ」などが気になる場合は、保湿成分がしっかり配合された洗顔料を選ぶと良いですよ。

 

2、皮脂を落とし過ぎない洗浄力のものを選ぶ

洗顔の目的は、肌の汚れや皮脂を落とすことですが、敏感肌の人の場合は、洗浄力が強すぎるのも良くありません。

洗顔フォームなら、肌に優しいアミノ酸系洗浄成分配合のものを選びましょう。アミノ酸系洗浄成分は、肌を構成しているアミノ酸と同じ成分からできているので、肌への負担をかけることなく汚れを落としてくれます。

固形石鹼の場合は、保湿成分を含んだカリ含有石鹼素地使用のものがおすすめです。カリ含有石鹼素地は、石鹸の原料に水酸化ナトリウムと、水酸化カリウムの両方を使用し保湿効果があるグリセリンの含有量が多い事が特徴です。

また、泥(クレイ)タイプも肌への刺激が少なく、天然素材のパワーで不要な汚れのみを除去し、必要以上に皮脂を落とし過ぎないのでおすすめですよ♪

 

3、成分表示を確認

敏感肌の人が化粧品を購入する際には、必ずパッケージやHPに記載されている成分表示を確認し、自分のお肌に合った成分が配合されているか確認してから購入をした方が良いでしょう。

入っていると良い成分

*セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、レシチンなど
お肌の油分と水分バランスが崩れてバリア機能が壊れてしまっている敏感肌には、失われた水分を補充し、バリア機能を保護しサポートするために、これらの成分が配合されているものを選びましょう。

避けたい成分

*鉱物油(パラフィン、流動パラフィン、ワセリン)・エタノール・アルコール・防腐剤(パラベン)・香料
これらの成分は、バリア機能が低下したり壊れたりしている敏感なお肌には、刺激や負担をかけてしまう原因になります。選ぶ時には、なるべく配合されていないものや配合量の少ないものにするのがおすすめです。

 

4、肌に負担をかけにくいもの

まず、成分表示をチェックし、できるだけ合成成分などの気になるものが配合されていない無添加タイプのものを選ぶと良いでしょう。中には、水と石鹸成分のみで作られた非常にシンプルな洗顔フォームや、オーガニックの原材料が使用されたもの等もあります。

 

5、洗い上がりがしっとりするもの

洗顔をした後に、お肌が突っ張ったり、ピリピリしたりしないことも大事です。しっとりと洗い上げてくれるタイプのものを選ぶと良いでしょう。もし、使用してお肌に違和感が生じるなら、それはお肌に合っていない可能性が高いです。

 

敏感肌におすすめの洗顔料5選

然 よかせっけん

 

約25000年もの長い時間をかけて生まれた天然ミネラル「シリカ」。更に、肌に負担をかけない「超微細シリカパウダー」が開発された上、一つ一つ手作りされた無添加処方の練り石鹸です。このシリカパウダーが毛穴の奥の汚れや古い角質をしっかりとキャッチして取り除いてくれます。

また、コラーゲンエキス・ローヤルゼリーエキス・アロエエキスといった自然由来の成分が配合されていて、ターンオーバーを正常化するために必要な保湿成分もしっかりと含まれています。

「きめ細かい シリカパウダー」となっていますが、使った感じも同じでした。泡立ちが良く、肌に触れてる感じが優しかったです。洗い上がりのツッパリも私はなかったです。値段もお手頃で、定期購入にすると更に安くなるので、続けるには負担が少ないように思います。

DATA

*無着色・無香料・防腐剤不使用・鉱物油不使用 
*医薬部外品
*価格…1,944円(税込)/ 定期購入価格…1,841円(税込)
*内容量…88g 
*公式サイトはこちら
   

 

どろあわわ

 

クッション性の高い濃密な泡が特徴の「どろあわわ」。沖縄の海底に数百万年も眠っていた貴重な泥「マリンシルト」と火山灰から生まれた「ベントナイト」が配合されていて、肌摩擦からお肌を守ってくれる洗顔料です。

お肌に残る余分な皮脂や汚れ、頑固な古い角質を吸着して洗い流してくれるので、敏感肌の人だけでなく、頑固な毛穴汚れ・くすみで悩んでいる人にもおすすめです。

豆乳発酵液のほか、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分も配合されているので、洗い上がりもしっとりですよ。

定期購入にすると初回が半額でお得感はありますが、6回継続が条件なので「そこまでは…」と思う方は約1ヶ月分の単品で購入でも高い買い物ではないと思いますよ^^

DATA

*無香料・無着色・無鉱物油・石油系界面活性剤不使用 
*医薬部外品
*価格…2,980円(税別)/ 定期価格…初回1,490円(税別)※6回以上継続が条件
*内容量…110g/約30回分
*公式サイトはこちら
   

 

ファンケル 洗顔パウダー

 

濃密もっちりした泡立ちと洗浄力で、潤いを残して、皮脂や角栓、黒ずみ等の不要な各層を丸ごと落とし、ツッパリ感を感じることなく洗い上げます。また、洗顔後に使用する化粧水を引き込む肌に変え、乾燥による小じわを目立たなくしていきます。

もっちりキメ細かい泡になり(泡立てネット使用)、洗い上がりもツッパリ感はありません。「パウダー状」なので、ティースプーン1杯ほどでも良く泡立ちます。泡の感触も良かったですよ。

DATA

*防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤不使用
*弱酸性、製造年月日入り
*価格…1,296円(税込)
*内容量…50g/約30日分
*公式サイトはこちら
   

 

maNara モイストウォッシュゲル

 

こちらの商品は、今でも使用しています♪ 現在の私には合っているように思います。
何が良いかというと、洗い流す必要がないのです!コットンに含ませて拭き取るだけで洗顔できてしまうので、朝の忙しい時、夜疲れて化粧を落とすのが大変…と思う時に有難いです。

落とした後のツッパリ感もなく、さわやかです♪

DATA

*合成香料・着色料・鉱物油・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤・石油系界面活性剤不使用
*97.5%が美容液成分(洗浄成分0)
*価格…3,456円(税込) / 定期購入…2,764円(税込)
*内容量…120mL/朝のみの使用で約2ヶ月分
*公式サイトはこちら
   

 

ヴァーナル

 

ヴァーナルの洗顔は、2ステップに分かれています。
肌に不要な汚れをしっかり落とす「アンクソープ」と、キメを整える「センシティブザイフ」、役割の違う2種類の洗顔石鹸です。

アンクソープ(緑色)は洗浄力に優れ、保湿成分たっぷりの濃厚でクリーミーな泡が素肌に必要な潤いをキープしながら汚れを落とし、また、角質層の毛穴の奥に詰まった黒ずみや古い角質・表皮の垢などの老廃物、タンパク汚れを優しく取り除いてくれます。

センシティブザイフ(白色)は、デリケートな肌にも安心なシア脂・ハチミツ・ヒアルロン酸など16種類の保湿成分が配合された優しい泡で、開いてしまった毛穴を引き締め、肌自ら潤いをキープできるバリア機能を高め、しっとりと仕上げます。

こちらは、トラブルが起こったすぐの頃に使用しました。2種類のものを使うは初めての経験でした。肌を改善するには、まず落とすことから!ということを知り、[洗顔]を大事に行うようになったきっかけです。

DATA

*医薬部外品
*価格…各2,700円(税込) / 定期購入…各2,430円(税込)
*内容量…110g
*公式サイトはこちら
   

 

敏感肌には絶対ダメ!NG洗顔方法

敏感肌になりやすい人は、やってしまいがちなNG洗顔方法がいくつかあります。以下の項目をチェックして、当てはまるものがあればすぐに改善しましょう。

1 洗顔に時間をかける
2 ゴシゴシと強い力で洗う
3 熱いお湯で洗顔する
4 シャワーで洗い流す
5 洗顔の代用にふき取りクレンジング等を使用する

洗顔料をよく泡立て、指は当たるか当たらないか程度の力加減でやさしく洗い、35~38℃のぬるま湯でよく洗い流しましょう。そのあとは肌にやさしい素材の清潔なタオルで水気を拭き取ります。

知らず知らずのうちに肌に負担をかけている場合もあるので、時々自分の習慣や肌のお手入れ方法を見直してみるのも良いですよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、私自身がたくさんの商品を試した中で、特にオススメしたい洗顔料を厳選して紹介させていただきました。
ここにはないものでも、自分にあった物が見つかるかもしれません。まずは、自分の肌のタイプを知るところから始めて、自分に合った洗顔料も見つけてくださいね。

ライタープロフィール

Written by : koharuko
肌トラブルに悩みだしてから、解消されるまで、10年程はかかったと思います。それまでには、色々なことにも手を出し試してみました。自分に合う洗顔料は一体…と途方に暮れた時期もあります。自分に合う洗顔料も勿論大事ですが、生活習慣・食事etc.も見直すキッカケにもつながりました♪
効果は欲しいけど刺激はいらない!敏感肌のシミにオススメの美白美容液3選

シミ用の化粧品にはいろいろありますが、敏感肌の方の場合、シミに効く前にお肌が荒れて逆効果ということもありますよね。私自身も敏感肌でシミに悩み、色々な化粧品を試してきました。その経験をもとに、お肌にやさ ...

続きを見る

正しいケアでニキビ肌を改善!セルフケアの方法とおすすめクレンジング

思春期になるとポツポツできはじめて人を悩ますニキビ。色んなケアアイテムを使っても効果があるのは始めだけ。治ったと思ったらまた出てきて、悪化するという繰り返しではないでしょうか?ニキビが少しでもあるとテ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連キーワード:

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.