バターコーヒーダイエットの効果と成功させる正しい方法!

“完全無欠コーヒー”とも呼ばれるバターコーヒーには、どのような効果があるのでしょうか。今回は、バターコーヒーのダイエット効果について紹介します。バターコーヒーを買える場所やおすすめの商品なども紹介するので、ダイエット中の方は取り入れてみてくださいね。

バターコーヒーダイエットとは

バターコーヒーとは、「シリコンバレー式 自分を変える最高の食事」の著者であるデイヴ・アスプリー氏が提唱したものです。

デイヴ・アスプリーは、現代人は3食をしっかり摂る必要はなく、朝食はコーヒーだけにして胃腸を休ませることをすすめています。しかし、コーヒーの成分だけでは栄養バランスが悪いため、良質な脂質を加えて栄養価を高めるとともに、腹持ちを良くしたものがバターコーヒーです。

バターコーヒーには、普通のバターではなく、牧草のみを食べて育った牛のミルクから作るグラスフェッドバターを使用します。また、体脂肪を燃焼させる効果のあるMCTオイルを加えるため、ダイエットにも効果的です。

バターコーヒーの材料特徴・効果備考
コーヒー抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富
グラスフェッド
バター
・普通のバターより
 ビタミンや不飽和脂肪酸が豊富
腸内環境を整える酪酸菌が含まれる
牧草のみを食べて育った牛の
ミルクから作られる
MCTオイル体脂肪の燃焼をサポートココナッツオイルなどから
中鎖脂肪酸のみを取り出したもの

質の良い脂質を含むバターコーヒーは、完全無欠コーヒーとも呼ばれています。

朝食にバターコーヒーを飲むと頭の回転が良くなり、仕事のパフォーマンスが高まるとデイブ・アスプリー氏は述べています。

バターコーヒーのダイエット効果はいつから出る?

バターコーヒーのダイエット効果が出るのには個人差がありますが、もともと朝食をしっかり食べていた人がバターコーヒーのみに朝食を置き換えた場合、1週間でも0.5〜1kgの体重の減少が期待できます

ちなみに、バターコーヒーの発案者であるデイブ・アスプリーは、バターコーヒーを飲み始めて毎日体重が0.5kgずつ減ったそうです。デイブ氏はもともと140kgもあったため効果が出やすかったこともありますが、最終的には50kgの減量に成功したというから驚きです。

バターコーヒーを飲むタイミングはいつが最適?

バターコーヒーは、朝食の代わりに飲むのがベストです。いつもの朝食をバターコーヒーに置き換えることで、夕食を食べてから次の食事まで16〜18時間ほど空けることができます。

そもそもデイブ・アスプリーがバターコーヒーを提唱した理由として、「人間が食べ物を消化するには16〜18時間かかるため、前の食事をしっかり消化してから次の食事を摂るべきだ」という考えがあります。毎日3食をとると、消化・吸収が終わらないうちに次の食べ物が送られてきて、胃腸が疲れてしまうとのこと。

朝食をバターコーヒーに置き換えることで、夕食で摂ったものがきちんと消化・吸収される時間を設けることができます。

また、朝食を軽めに抑えることで頭がスッキリし、集中力が高まるとも言われています。ただし、朝食をしっかり食べないと動けない、という方は、お腹が空いた時のおやつ代わりとしてバターコーヒーを取り入れるのもおすすめです。

なお、バターコーヒーはいくら良質な脂質とはいえ、夜寝る前に飲むと太りやすくなります。脂質は栄養素の中で最も消化に時間がかかるので、胃腸に負担をかけるデメリットも。バターコーヒーはなるべく朝〜日中に飲むようにし、遅い時間に飲むのは避けましょう。

バターコーヒーの作り方はちょっと面倒

バターコーヒーは、ただバターやMCTオイルを混ぜるだけでは不十分。ブレンダーやハンドミキサーを使って、しっかり撹拌する必要があります

コーヒーと油を完全に乳化させることで、栄養素の吸収が高まり、バターコーヒーの効果がしっかり得られます。

これを毎日続けるのは、結構大変ですよね。また、撹拌しているあいだにコーヒーが冷めてしまうので、熱々を飲みたい方には不向きです。

簡単に続けられる方法を選びたい方には、以下で紹介する市販品や、インスタントのバターコーヒーがおすすめです。

バターコーヒーはコンビニに売ってる?

バターコーヒーは、セブンやローソンでは扱いがありませんが、ファミマで買うことができます。ファミマで販売されているのは、ドトールコーヒーが製造している「バターコーヒー」「バターコーヒースイート」の2種類です。

「バターコーヒー」は糖類ゼロ、「バターコーヒースイート」には甘味料が含まれますが、どちらもカロリーは1本あたり約158kcalです。

ちなみに、お値段は両方とも1本あたり税込198円。自分でバターコーヒーを作るのが面倒だと感じる方は、手軽に買えるこれらの商品を試してみてくださいね。

ダイエットに最適!通販で買えるバターコーヒー3選

バターコーヒーは、通販で購入することもできます。コンビニで買うより価格を抑えられるので、手軽に安く続けたい方におすすめですよ。

1位:AT COFFEE

出典:AT COFFEE

AT COFFEEは、MCTオイルに加えて、チャコールやマヌカハニー、多種の美容成分を配合したコーヒーです。AT COFFEEの成分と効果については、下の表を参考にしてみてくださいね。

MCTオイル脂肪燃焼をサポート
チャコール腸内の物質の排出促進
マヌカハニー強い抗菌作用
HMBカルシウム筋肉の合成促進・分解抑制
フィッシュコラーゲン美肌効果
NMN代謝改善・アンチエイジング
アスタキサンチン美肌効果

中でも、ダイエッターに嬉しい成分はHMBカルシウムです。HMBカルシウムはアミノ酸の代謝物で、筋肉の合成を促進するとともに、筋肉の分解を抑制してくれます。筋肉量が増えると基礎代謝量がアップするので、ダイエット効果が出やすくなりますよ。

なお、AT COFFEEにはグラスフェッドバターは使用されていません。グラスフェッドバターに関しては「飽和脂肪酸が含まれるから体に悪い」という評価もあるので、良質なMCTオイルのみを使用しているのは嬉しいポイントですね。

AT COFFEEは、初回に限り980円で購入することができます。1杯あたり33円で飲めるので、気になる方は試してみてくださいね。

2位:MCTコーヒークリーマー

出典:楽天市場

MCTコーヒークリーマーは、
・グラスフェッドバター
・ココナッツ由来MCTオイル
・ココナッツオイル
・オーガニックギー

を使用した、本格的なバターコーヒーの素です。

普段のコーヒーに加えるだけで、簡単にバターコーヒーを作ることができます。コーヒーが自分で用意できるため、好みの味に仕上がる点もメリットです。

1袋は4,980円ですが、約100杯分のバターコーヒーを作れるため、1杯あたり50円以下で飲める計算です。価格を抑えたい方にもおすすめの商品ですよ。

3位:チャコールバターコーヒー

こちらは、お湯を注ぐだけで完成するインスタントのバターコーヒーです。

バターやMCTオイルのほか、マカやジンジャーが含まれるので、妊活中の方や冷え性の方にもおすすめです。そのほか、水溶性食物繊維のイヌリンが含まれるため、便秘の改善にも効果的ですよ。

ただ、バターに関しては「グラスフェッド」の記載がないため、普通のバターを使用しているようです。気になる方は、上記で紹介した2つの商品を試してみてくださいね。

ダイエットに効果的なバターコーヒーを飲んでみよう!

今回は、バターコーヒーのダイエット効果について紹介させていただきました。「バターコーヒーを飲むだけで痩せる」というような魔法の飲み物ではありませんが、朝食や間食をバターコーヒーに置き換えることで、摂取カロリーを減らしたり、胃腸を休めたりする効果が得られます。

特に、朝食をバターコーヒーに置き換えると頭がスッキリして仕事の効率が上がると言われているので、是非試してみてくださいね。バターコーヒーは作るのが少し面倒なので、混ぜて作るだけのタイプを使用するのが継続&成功のポイントですよ。

この記事が気に入ったら
いいね !してね

Twitter で

関連記事