• HOME
  • 美容整形
  • 東京でピコレーザーが受けられるおすすめクリニック8選

東京でピコレーザーが受けられるおすすめクリニック8選

どんな人だって加齢と共にシミやそばかす、くすみなどの肌トラブルに悩まされる方が多いもの。
特に30歳を過ぎてからシミやそばかすが気になり始め、そのうち化粧では隠し切れないと悩む方も多くいらっしゃるようです。
そんな方におすすめしたいのが、ピコレーザーです。

ピコレーザーとはシミやそばかすに加え、美肌効果も期待できる医療美容です。
そこで今回は、治療方法やダウンタイム、都内のおすすめのクリニックなど、ピコレーザーについて気になる詳細をご紹介したいと思います。

 

ピコレーザーの効果

ピコレーザーの効果
気になるピコレーザーの効果ですが、シミそばかすは勿論、これまで難しいとされていたくすみや肝斑などの治療にも優れていると言われています。
その他、あざやニキビ、毛穴などの治療も可能ですので、顔だけではなく、身体全身、とオールマイティーな美肌改善が期待できます。
ちなみに、刺青を綺麗に消したいという際にも、従来のレーザーよりも綺麗に消えるのでピコレーザーがおすすめです。

 

ピコレーザーの特徴

ピコレーザーの特徴
引用元:湘南美容クリニック

簡単に言うと、メラニンを減らすことにより、シミやくすみに効果的であるレーザー治療の進化版です。
一般的にシミ治療として使用されているレーザー(Qスイッチレーザー・QスイッチYAGレーザー・Qスイッチルビーレーザー等)はナノ秒(1000憶分の1)で照射します。

しかし、ピコレーザーはナノ秒を遥かに上回る、なんとピコ秒(1兆分の1)という驚異的な速さでの照射が可能なのです。
照射時間が極めて短いので、熱の発生がほとんどなく、痛みも感じにくいです。

また、皮膚へのダメージ(治療後の赤みや黒ずみなど)を最小限抑えることができます。
それでいて、破壊力は従来のレーザーより倍増しているので、狙ったメラニン色素を強力に粉砕することができるのです。

つまり、より「早い・綺麗・痛みが少ない」の三拍子が揃ったシミ治療が期待できる最新の医療機器というわけです。

従来のレーザーとの大きな違い

ピコレーザーは従来のレーザー(Qスイッチレーザー・QスイッチYAGレーザー・Qスイッチルビーレーザー等)よりも「早い・綺麗・痛みが少ない」という事は既にご紹介しましたね。
しかし、ご紹介した以外にも従来のレーザー治療とピコレーザーには大きな違いがあるのです。
従来のレーザー治療と言えば、メラニン色素に反応する性質上、黒や紺色などの濃い色に強く反応します。
そこで、濃いシミやそばかすなどの治療には適していますが、薄いシミやそばかす、また肝斑やくすみへの治療効果はあまり期待できませんでした。
一方、ピコレーザーは幅広い波長でレーザーを照射させることで、ほぼ全色の色素を分解できるようになっています。
その為、従来のレーザー治療のデメリットとなっていた薄いシミそばかすや肝斑、くすみなども治療効果が期待できるのです。

パルスとは?


引用元:聖心美容クリニック

クリニックのサイトなど見ていると度々目にするのが『パルス』という言葉だと思います。
普段の生活ではなかなか見聞きしない言葉ですよね。
このパルスとは『短時間の間に生じる振動現象』という意味の機械技術用語だそうです。
つまり、『パルス』が『ピコ秒』でうてるとは、言い換えると『短時間の振動現象が1兆分の1の速さで照射できる』という意味です。
と、言い換えてはみたものの、ちょっと想像をはるかに超える速さなので、全く実感できませんね。
ちなみに、『パルス幅』とは照射時間の事を意味します。

 

ピコレーザー治療の種類

ピコレーザーと言っても、施術にはいくつか種類があります。
これから治療を受けられる際に是非知っておいていただきたい種類とそれぞれの特徴を以下の通りご紹介します。

ピコスポット(ピコレーザー)

ピコスポットはシミにおすすめ
ピコレーザーを使用した、シミ(薄いシミもOK)やそばかすの治療に用いるオーソドックスなピコ部分照射(スポット照射)の事を指します。
メラニン色素を狙い撃ちし、1回でも高い効果が期待できる上、皮膚へのダメージやダウンタイムが少なく済みますが照射範囲は狭いという特徴があります。

ピコトーニング

ピコトーニングは肝斑におすすめ
トーニングとは特に肝斑の治療に有効的で、ホワイトニング効果もある施術です。
これまで肝斑の治療と言えば、内服薬によるものか、レーザートーニングが一般的でした。
このレーザートーニングとは、弱いレーザーを何度も繰り返して照射し、刺激を最小限に抑えつつメラニン色素を除去していくという治療方法です。
一方、ピコトーニングとはこのトーニングをピコレーザーで行うという治療です。
レーザートーニングが約6~20ナノ秒に対し、ピコトーニングは450ピコ秒での照射と、かなり短時間なので痛みは感じにくいのに、少ない回数でも効果が実感できます。

ピコフラクショナル

ピコフラクショナルは毛穴やハリにおすすめ
フラクショナルとは、毛穴、ハリ、キメ、肌質改善などに効果が高い施術です。
従来のフラクショナルはフラクショナルレーザーを使って、皮膚の表面にあえてダメージ(軽いヤケドを表皮に起こす)を与え、皮膚の再生を促すという治療方法です。
ただ、肌へのダメージは大きく、個人差はありますが、麻酔が必要な程痛みを感じる方も多いようです。
この施術にピコレーザーを使用したものが、ピコフラクショナルと呼ばれる施術なのですが、効果が高い上に、肌へのダメージが少なく、痛みも少ないです。
その上、ダウンタイムもほとんどありません。

コンビネーション

コンビネーションは毛穴とシミにおすすめ
ピコトーニングやピコフラクショナル、クリニックによっては、更にピコスポットをプラスしたプラン(ここでは「トリプル」と表記)のことを指します。
例えば、「肝斑も気になるけど、毛穴も気になる」という方にはコンビネーションを選ぶことで、お肌の悩みを総合的に改善する事が可能です。
ただし、更にピコスポットまで含んでしまうと割高になってしまうこともあります。
その為、ピコスポットの施術も一緒に受けたい場合は、コンビネーションではなく、ピコスポットを個別に受けた方が安い場合もあるので注意が必要です。
後悔することがないよう、事前にクリニックに施術内容と費用などの確認をしておきましょう。

ピコレーザーマシンの特徴

ピコレーザーと言っても実はマシンの種類がいくつかあるのです。
その中でも今回は、ピコウェイ・ピコシュア・エンライトン・ディスカバリーピコの4種類のマシンについてそれぞれ特徴をご紹介します。

ピコウェイ・ピコシュア・エンライトン・ディスカバリーピコの特徴
引用元:レジーナクリニック

ピコウェイ

ピコウェイ
シネロンキャンデラ社製のマシンを指します。
ピコウェイは主にアンチエイジングなどを含む、美肌目的に使われることが多いようです。
また、老人性色素斑などのシミ治療にもよく使われています。
しかし、最近マシンがアップデートされたことにより、多色のタトゥー除去を始め、レーザートーニングやスポット照射、フラクショナルと1台で3種類も照射が可能となりました。

ピコウェイの治療効果を簡単にまとめると…
・肌へのダメージが最小限の為、デリケートな肌の方でも施術が受けれらる
・シミや肝斑の原因のみ徹底的にアプローチする
・コラーゲンの活性化を促し、シワやたるみなどを改善、ハリのある肌へと導く

 

ピコシュア

ピコシュア
レーザー機器の最大手である、米国のサイノシュアー社製のマシンの事を指します。
ピコ秒レーザーとして世界で初めて開発されたマシンです。
しわやシミだけではなく、ニキビ痕にも効果的であり、肝斑治療においても薄いものから濃いものまで治療が可能です。
特殊レンズを装着させるとフラクショナル照射も可能です。
そこで、コラーゲンやエラスチンの生成を促すことが可能ですので、小じわやたるみ、毛穴などの引き締め効果も期待できます。
使用方法が少し複雑なので、よく使い慣れた者による施術ではないと思うような効果が上がらない場合があります。

ピコシュアの治療効果を簡単にまとめると…
・熱作用ではなく、電撃波で色素にアプローチするので色素沈着を起こしにくく、かさぶたにもなりにくい
・アレキサンドレーザー搭載で、シミ・そばかす・くすみを効果的に除去、美白効果がある
・コラーゲンやエラスチンの増殖、再生を促し、肌のハリとツヤを取り戻すことができる

エンライトン

エンライトン
キュテラ社製のピコ秒レーザーマシンの事を指します。
このマシンは熱エネルギーの強さにムラが少なく、均一に照射することが可能です。
その為、強い刺激が厳禁である肝斑の治療にうってつけであると言われています。
更に、エンライトンは3種類の波長を搭載するなど、バージョンアップしています。
波長をうまく使い分けることで、効率的にタトゥーの色をも除去できるといわれています。

エンライトンを使用した治療効果を簡単にまとめると…
・レーザーをムラなく均一に照射できるので、肝斑治療に効果的である
・2ナノ秒と750ピコ秒の2種類のパルス幅の使い分けにより、小さなシミも治療が可能
・真皮層にあるコラーゲン再生を促すので、肌のハリやツヤを取り戻せる

ディスカバリーピコ

ディスカバリーピコ
イタリアにあるQUANTA社製のピコ秒レーザーマシンの事を指します。
こちらのマシンはバージョンアップし、1台に532nmと1064nmのほか、694nmの波長が搭載されています。
波長や照射モードを切り替えることで、様々なお肌の悩みの改善に効果的だと言われています。
ディスカバリーピコは濃いシミやくすみなどの他、ケガや手術痕などの改善にも効果的です。

ディスカバリーピコの治療効果を簡単にまとめると…
・一般的なレーザー機器に比べて出力レベルが高いので、短時間且つ、効率的に狙ったシミを治療できます
・異なる波長の切り替えにより、コラーゲンの生成を促し、アンチエイジング効果が期待できる

 

もっともおすすめのピコレーザーマシンは?

さて、ここまで4種類のマシンについてご紹介しました。
どのマシンも効果的には似ていますが、微妙な差があります。

そこで、得られる効果やダウンタイムなど総合的に評価すると、図2のように「ピコウェイ」が一番おすすめです。
ピコウェイを使用した治療だと、一番肌トラブルに効果的であるにも関わらず、肌へのダメージが少なく、ダウンタイムも少ないのがポイントです。
また、厚生労働省から認可を受けているという点も安心ですね。

 

ピコレーザーは何回受ければいいの?

ピコレーザーは何回受ければ効果を感じるのでしょうか?という疑問ですが、1回でも効果を感じる方も多いようですが、大体平均で5回程だと思ってください。
また、数回施術を受ける際は、1か月程間隔を空けて照射する方が、肌への負担がより少ないのでおすすめです。
ただし、治療方法によっても、若干施術の回数は異なります。

ピコスポットやピコトーニングの場合は5回~10回。
全ての肌悩みに特化したピココンビネーションの場合は3回~5回。

肌トラブルの内容や個人差により回数に幅はあるものの、5回も施術を受ければだいぶ効果が実感できるようです。

 

ピコレーザーのダウンタイムはどのくらい?

多くの方が気になるのがピコレーザーのダウンタイムではないでしょうか?
まず、施術後のヒリヒリ感は数時間で収まる方が多いようです。
赤みも当日~2日間で引く方が多いです。
患部には軟膏を塗るだけで、患部さえ濡らさなければ当日から洗顔、メイク、入浴などが可能です。
また、施術箇所はかさぶたになりますが、従来のレーザー治療よりは早く、完全にかさぶたが剥がれるまで1週間~2週間程です。
ただ、綺麗に剥がれ落ちたとしても、患部にシミができやすい状態は変わりませんので、日ごろの紫外線対策は徹底的に行うことが必要です。

 

東京でピコレーザーが受けられるおすすめクリニック8選

ここまでピコレーザーについての詳細をお伝えしましたが、ここでは早速、東京でピコレーザーが受けられるおすすめのクリニックを8選をご紹介します。

1、レジーナクリニック

レジーナクリニック
レジーナクリニックは医療脱毛で有名ですが、表参道院ではピコレーザー治療を行っています。
レジーナクリニックのレーザー治療の症例数累計はなんと8万件を超えており、治療の監修はレジーナクリニックの総院長によるものなので、安心して施術が受けられます。
都内でもトップクラスのリーズナブルな施術代で、追加料金がない点も人気の秘密です。また、当院は施術に携わるスタッフの接客研修にも力を入れているので、最初から最後まで気持ち良い接客を受けることができます。
使用するマシンは、最もおすすめの『ピコウェイ』を使用しており、短期間で高い効果が期待できます。
ピコスポットはシミ1つ(直径1cm未満)から治療が可能で、1つにつき2,980円です。
そして、89,000円(モニター価格はシミ内服3か月付きで75,000円!!)でピコスポットが驚きのシミ取り放題です。
ピコトーニングは初回7,800円、2回目以降は19,800円/回、ピコフラクショナルは初回22,800円、2回目以降37,800円/回、コンビネーション(トーニング+フラクショナル)は初回29,800円、2回目以降は45,800円/回です。
いずれも、非常にリーズナブルでモニター価格もあるところが嬉しいですね。

ピコレーザー治療の値段(税抜)
スポット 直径1cm未満:2,980円
シミ取り放題:89,000円
(モニター75,000円)
トーニング 初回:7,800円
2回目以降:19,800円
フラクショナル 初回:22,800円
2回目以降:37,800円
コンビネーション 〔コース名〕コンビネーション
初回:29,800円
2回目以降:45,800円

レジーナクリニックの特徴
・ピコウェイを使用
・都内でもトップクラスの安さ
・モニター価格がある

レジーナクリニック

 

2、Aクリニック

Aクリニック
現在、横浜と銀座の2院を展開している、美容外科・美容皮膚科・形成外科です。
銀座駅からはなんと約10秒で到着してしまう好立地に位置しています。
マシンは『ピコシュア』を使用しており、シミ、くすみ、にきび痕など幅広い肌悩みに対応しています。
施術前の診察を入念に行い、患者に合わせた最適な治療方法の提案を行うだけではなく、冷却・保湿効果のあるエレクトロポレーションでのイオン導入も組み合わせをするなど、よりダウンタイムが少なく、より効果的な治療を行っています。
さて、施術代ですが、ピコスポット(3mm以内)5,000円/ショット、シミ取り放題では128,000円、ピコトーニングは初回24,800円/回、2回目以降34,800円/回、ピコフラクショナルは初回34,800円/回、2回目以降44,800円/回、コンビネーション(コース名:ピコトーニング+ピコフラクショナルSET)は初回49,800円/回、2回目以降59,800円/回です。
最新の医療でダウンタイムを最小限に抑えることに注力しているクリニックです。
ダウンタイムが気になるという方はこちらのクリニックがおすすめです。

ピコレーザー治療の値段(税抜)
スポット 3mm以内:5,000円
シミ取り放題:128,000円
トーニング 初回:24,800円
2回目以降:34,800円
フラクショナル 初回:34,800円
2回目以降:44,800円
コンビネーション 〔コース名〕ピコトーニング+ピコフラクショナルSET
初回:49,800円
2回目以降:59,800円

Aクリニックの特徴
・ピコシュアを使用
・銀座駅からは徒歩10秒
・ダウンタイムを最小限に抑える為、エレクトロポレーションでのイオン導入

Aクリニック

 

3、芦屋美容クリニック

芦屋美容クリニック
芦屋美容クリニックは2014年に兵庫県芦屋市に開院後、2019年に銀座院を開院しました。
銀座院は最寄り駅から徒歩2分ととても近いので、買い物や用事のついでに立ち寄れるような便の良い場所にあります。
カウンセリングから施術まで知識や経験、技術が確かな院長自らが行う為、初めての施術で不安な方にもとても安心です。
使用するマシンは『ピコシュア』ですが、より高い効果を引き出す為、形成・美容手術等を含めた患者に最適な治療を提案してくれるということで評判です。
施術代は、ピコスポット(2㎝未満)12,000円/ショット、ピコトーニングは初回9,800円/回、2回目以降20,000円/回、ピコフラクショナルは35,000円/回、コンビネーション(コース名:ピコスタンダードプラン)は初回64,800円、2回目以降60,000円/回です。
また、スポット・トーニング・フラクショナルの3つがセットになったトリプル(コース名:プレミアム美肌プラン)は
初回80,000円/回、1回100,000円となっています。
ピコスポットのシミ取り放題はありません。
実は、先ほどご紹介した施術代には術後の通院料金が含まれています。
これにより、些細な事でも相談しやすいようなサポート体制が整えられており、施術後の追加料金の心配も必要のない点が人気の秘密です。

ピコレーザー治療の値段(税抜)
スポット 2㎝未満:12,000円
シミ取り放題:-
トーニング 初回:9,800円
2回目以降:20,000円
フラクショナル 35,000円
コンビネーション 〔コース名〕ピコスタンダードプラン
初回:64,800円
2回目以降:60,000円
トリプル 〔コース名〕プレミアム美肌プラン
初回:80,000円
1回:100,000円

芦屋美容クリニックの特徴
・ピコシュアを使用
・カウンセリングから施術まで一貫して院長が対応
・施術代に術後の通院料金が含まれている

芦屋美容クリニック

 

4、お肌のクリニック

お肌のクリニック
お肌のクリニック形成外科・皮フ科・美容皮フ科は『美のかかりつけ医』を目指し、豊富な知識と確かな技術で患者に合った治療を心掛ける高田馬場にあるクリニックです。
女医だからこそのきめ細やかな気遣いが評判で、親切丁寧な対応で気持ち良く施術を受けることができます。
美容皮膚科として「安心・信頼・リーズナブル」をキーワードにしている当院だけあって、やはり施術代は都内でも非常にリーズナブルです。
ピコレーザーは『エンライトンSR』を使用しており、施術代はピコスポット2mm 2,000円/ショット・3mm 3,000円/ショット、ピコトーニングは25,000円/回、ピコフラクショナルは30,000円/回、コンビネーション(コース名:ピコジェネシス)は54,000円/回です。
また、コンビネーショントリプル(コース名:ピコトリニティ)80,000円/回です。
ピコスポットのシミ取り放題はありません。
治療の事だけではなく、美容については何でも聞きやすいような温かい雰囲気があります。
セルフケアで美しさをキープしたいという方には良いクリニックかもしれません。

ピコレーザー治療の値段(税抜)
スポット 2mm:2,000円
3mm:3,000円
シミ取り放題:-
トーニング 25,000円
フラクショナル 30,000円
コンビネーション 〔コース名〕ピコジェネシス
54,000円
トリプル 〔コース名〕ピコトリニティ
80,000円

お肌のクリニックの特徴
・エンライトンSRを使用
・女医だからこその気配りがある
・リーズナブルな施術代

お肌のクリニック

 

5、聖心美容クリニック

聖心美容クリニック
聖心美容クリニックは東京院のほか、大阪・名古屋・福岡などを皮切りに全国に9院を展開しているクリニックで、その全院でピコレーザーの施術を受けることができます。
東京院は六本木駅から徒歩3分の好立地にあり、周辺に有料駐車場もあるので車でお越しの方にも便利です。
また、様々な肌トラブルとアンチエイジング効果が期待できるとして、マシンは『ディスカバリーピコプラス』を使用しています。
気になる施術代ですが、ピコスポット(直径1mm)5,000円、ピコトーニング35,000円/回、ピコフラクショナル70,000円/回です。
ピコスポットのシミ取り放題とコンビネーションはありませんが、プレミアムPICO肌再生療法(コンビネーショントリプル)という名前のコースが150,000円/回であります。
これは、「ピコ秒レーザー」を使った肌全体の若返りを促す治療で、一度の施術だけでも複合的な肌トラブルを改善できるようです。
他のクリニックと比較すると、若干施術代は高い印象を受けますが、特にアンチエイジング効果を期待している方、また、施術後のホームケアや注意点までしっかりとサポートして欲しい方にはピッタリでしょう。

ピコレーザー治療の値段(税抜)
スポット 直径1mm:5,000円
シミ取り放題:-
トーニング 35,000円
フラクショナル 70,000円
コンビネーション
トリプル 〔コース名〕プレミアムPICO肌再生療法
150,000円

聖心美容クリニックの特徴
・ディスカバリーピコプラスを使用
・駐車場や公共交通機関などのアクセスが良い
・複合的な肌トラブルを改善

聖心美容クリニック

 

6、KSスキンクリニック

KSスキンクリニック
KSスキンクリニックは銀座にありますが、初めてで土地勘のあまりない方はわかりづらいかもしれませんが、電話でも親切丁寧に案内してくれますし、クリニックのサイトにも写真付きで詳しい道案内がされていますので、心配はいりません。
また、女性専用のクリニックで、心身ともにリラックスできそうな美しい院内です。
2フロアに、完全個室の施術室6つ、診察室2つ、カウンセリングルーム2つ、パウダースペース6つもあるので、他の患者と顔を合わせることもほぼなく、まるでエステに来たような気分になります。
施術には『ピコウェイ』を使用しており、ピコフラクショナルは初回36,000円/回、2回目以降45,000円/回です。
ピコスポットとコンビネーションはありませんが、プレミアムPICO肌再生療法(コンビネーショントリプル)という名前のコースがあります。
ピコスポットやピコフラクショナルはありません。
コンビネーション(コース名:ピコトーニング照射×ピコフラクショナル照射)は初回52,000円/回、2回目以降は64,000円/回です。
クリニックでは化粧品も取り扱われており、内側からの美しくなる方法も惜しみなく教えてくれます。
女性専用のクリニックが良い方にはKSスキンクリニックが良いでしょう。

ピコレーザー治療の値段(税抜)
スポット
トーニング 初回:24,800円
2回目以降:34,800円
フラクショナル
コンビネーション 〔コース名〕ピコトーニング照射×ピコフラクショナル照射
初回:52,000円
2回目以降:64,000円

KSスキンクリニックの特徴
・ピコウェイを使用
・女性専用のクリニック
・身心共にリラックスできるような院内

KSスキンクリニック

 

7、東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ

東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ
東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュは、地下鉄六本木駅に直結しているので、天気に左右されず通院できる点が魅力の1つです。
このクリニックは年齢にとらわれない健やかな美しさを意味する「No Age」を届けるということをテーマとしており、しっかりとしたカウンセリングで患者ひとりひとりに最適なオーダーメイドの治療法や施術法を提案してくれます。
使用するマシンは『ディスカバリーピコ』で、気になる施術代は、ピコトーニングが44,000円/回、ピコフラクショナルは 初回66,000円/回、2回目以降99,000円/回、コンビネーション(コース名:コンビネーション治療)も99,000円/回です。
ピコスポットはありません。
厚生労働省認可の設備や技術をもって、再生医療発想の治療や研究を推進しており、年齢にとらわれない美しさを目指したい方にはピッタリのクリニックでしょう。

ピコレーザー治療の値段(税抜)
スポット
トーニング 44,000円
フラクショナル 初回:66,000円
2回目以降99,000円
コンビネーション 〔コース名〕コンビネーション治療
99,000円

東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュの特徴
・ディスカバリーピコを使用
・地下鉄六本木駅直結
・再生医療発送の治療を推進

東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ

 

8、湘南美容クリニック

湘南美容クリニック
全国に60院近くを展開している湘南美容クリニックは、テレビCMなどの影響で知名度も高く、業界最大手のひとつでもあります。
また、症例数が圧倒的に多く、安全対策を怠らない努力や、保証制度を設けているという点で安心という声が多く聞かれ、患者からの評価も高いです。
しかし、施術代は比較的リーズナブルで、モニター価格で更にお安く施術が受けられる場合があるということでなるべく費用を抑えたいという方にも人気です。
使用するマシンですが、『エンライトンⅢ』、『エンライトンSR』、『ピコシュア』とクリニックによって異なります。
施術代は、ピコトーニング11,000円/回、ピコフラクショナルは28,310円/回です。
ピコスポットやコンビネーションはありません。
なお、湘南美容クリニックでのピコレーザー治療は、都内では新宿本院・新宿南口院・銀座院・新橋銀座口院・表参道院・秋葉原院・立川院の7院でしか行っていませんので、事前によく確認しておいてください。

ピコレーザー治療の値段(税抜)
スポット
トーニング 11,000円
フラクショナル 28,310円
コンビネーション
(トーニング+フラクショナル)

湘南美容クリニックの特徴
・使用するマシンはクリニックによって異なる
・業界最大手で症例数も多い
・施術代がリーズナブル

湘南美容クリニック

 

東京でピコレーザーを受けるならこのクリニック

その高い効果と肌ダメージの少なさから人気上昇中のピコレーザーを取り扱うクリニックはどんどん増えています。
その数ある選択肢の中から、総合的に見て一番おすすめしたいクリニックはここです!

レジーナクリニック

レジーナクリニック
レジーナクリニックはなんといっても、他のクリニックと比べても施術代が圧倒的に安いです。
また、シミ内服付きのモニター価格があったり、初回のお試し価格があったりと、施術が初めての方でも安心してお試しできるようなコースがある点がおすすめポイントのひとつです。
更に、使用するマシンも、一番安心安全で効果の高い『ピコウェイ』です。
以上のように、価格や使用するマシンの性能から総合的に判断した結果、レジーナクリニックが最もおすすめのクリニックと言えます。

レジーナクリニック公式へ

 

まとめ

ピコレーザーで肌悩みを改善
ピコレーザーはとても効果的に肌の悩みを改善してくれる夢のような治療法ですね。
しかし、そんな治療法でも、クリニックによっては効果が思うように現れないこともあります。
また、びっくりするほど高い施術代を請求されるなど、思わぬトラブルに巻き込まれたりするケースも否定できません。
少々面倒くさく感じる方もいるかもしれませんが、本当に施術を受けて良かったと思えるように、クリニック選びは慎重に行ってください。
もし、クリニック選びで迷われた際には、この記事があなたの参考になれば嬉しく思います。

この記事が気に入ったら
いいね !してね

Twitter で
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。