• HOME
  • 脱毛
  • 東京のvio脱毛サロンおすすめ5社ランキング

東京のvio脱毛サロンおすすめ5社ランキング

「VIOはデリケートだし、脱毛したいけど痛そう」
VIO脱毛は、女性ならだれもが一度は考えたことがありますよね。
夏にむけてVIOのお手入はしておきたいところです。

しかし、VIOの脱毛は痛そうだったり費用がかかりそうだったりと懸念材料が多いパーツ。
更に美意識の高い女性が多い東京は、脱毛サロンの激戦区です。
どこのサロンで脱毛するか迷いますよね。

今回は、気になるVIO脱毛について東京でおすすめのサロンをご紹介します。

VIO脱毛が安い!東京都内の脱毛サロンおすすめ5社

脱毛が初めての方は、1パーツで試す方も多いようです。
しかし、他の毛深いパーツが気になり追加で脱毛し、出費がかさんでしまうこともあります。
特にVIOは、セットで受けるのが断然お得!
セットコースがあるサロンに絞って紹介します!

1.Dione(ディオーネ)

Dioneの特徴 ・痛くない
・低温で肌に優しい
VIOの料金 62,700円/6回
コース名 semiハイジニーナコース

Dioneの口コミ
● 痛くない理由なんかもちゃんと説明してくれて、安心できそうなのでsemiハイジニーナのコースに決めました。2回目ですが全然痛くないし、マシンも冷たくないからデリケートな部分だけどとても快適に施術を受けてます^^色素沈着にも効果があるみたいなので、毛がなくなるのと同時に黒ずみもきれいになってほしいです。
● dioneは正直料金はそこそこします。ですが脱毛はいくら安くても効果がないと意味がないと私は思います。
ここに出会ってからはむしろ料金が安く感じるほどの効果です
● 全く痛くない むしろ暖かく眠ってしまいそうです。
(引用元:https://minhyo.jp/dione)

ディオーネ公式HP

 

2.ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムの特徴 広範囲(へそ下まで含む)
VIOの料金 デイプラン:67,320円/4回
レギュラー:80,960円/4回
※お得なキャンペーンあり
コース名 ハイジニーナ7

ミュゼプラチナムの口コミ
● Vラインの脱毛でお世話になりましたが、人目に晒すには恥ずかしい部位なので緊張して行ったにもかかわらず、かなり気を使いながら対応をしていただいたので安心して施術を受けることができました。
● 決して安くないのにミュゼで契約した理由は・接客が丁寧・勧誘がない・店舗数が多い・解約金なし だからです。引っ越しても店舗数多いし安心だし、通えなくなっても解約てまきる安心感。通い放題ではないけれどVと脇は完全脱毛。
(引用元:https://minhyo.jp/musee/tags/vio)

ミュゼプラチナム公式HP

 

3.ジェイエステティック

ジェイエステティックの特徴 安い
VIOの料金 33,000円/4回
コース名 デリケート5脱毛

ジェイエステティックの口コミ
● 安すぎるくらい安いので最初は大丈夫かな?と思っていましたがエステや化粧品のプレゼントが多く、得した気分です。キャンペーン中だったのもあるのかもしれませんが…スタッフの方も以前お話した自分の話や名前を覚えてくださって好感が持てました。
● 大井町店に行きましたが良かったですよ。ネットにも勧誘なしとありましたが本当になしでした。店舗やスタッフによるのかもしれないですね。私の場合はスタッフも親切丁寧でした。
(引用元:https://minhyo.jp/j-esthe)

ジェイエステティック公式HP

 

4.エピレ

エピレの特徴 お試しが常設
(ファーストプランvio5・2回)
VIOの料金 61,710円/6回
コース名 VIO・5プラン

エピレの口コミ
● 初めてのVIO脱毛は、他の箇所と比べて少し痛かったですが、、、(多分毛が綺麗に剃れてなかったから?)すぐに終わったし、スタッフさんが熱さや痛みを気にしながら、確認しながらケアしてくださいました。
あと、専用のシェーバーがあれば、毛の剃り残しはスタッフさんが処理して下さいます。
● スタッフさんがいろいろ気遣ってくださったので、恥ずかしいと感じることなく通えています。
心配だった痛みも想像していたより少なく、料金も他のサロンより安かったので大満足です。
(引用元:https://minhyo.jp/epiler)

エピレ公式HP

 

5.プリート

プリートの特徴 ・黒ずみ美白
・太ももの付け根も含む
VIOの料金 84,315円/6回
コース名 プレミアムハイジニーナ脱毛

プリートの口コミ
● VIO専門ということで、プリートにお願いしてみました。お試しのときも問題なかったので6回で契約。正直効果について不安がいっぱいだったのですが、3回目に入るときには薄くなってるのがすぐ分かる状態になってました。さすが専門だと思いました。
● 30代主婦です。店内が非常に寛げる雰囲気のある空間で安心して受けられます。VIOを受けましたが、とにかく施術が迅速で範囲も広い印象です。
(引用元:https://minhyo.jp/pulito)

プリート公式HP

 

VIO脱毛サロン料金まとめ

サロン名 vioセット
料金
公式
ディオーネ 62,700円
6回
ミュゼ (デイプラン)
67,320円
4回
(レギュラー)
80,960円
4回
ジェイエステ 33,000円
4回
エピレ 61,710円
6回
プリート 84,315円
6回

※価格は税抜きです
※ミュゼプラチナムは公式アプリダウンロード後の価格です

 

VIO脱毛に必要な回数は?

VIO脱毛期間は、どのようなデザインにするかで回数が大きく変わってきます。VIOデザインについては、後半で詳しく紹介しますね。

VIOすべての脱毛を行う場合、医療脱毛は10~15回程度必要です。期間にすると、およそ1年半~2年ちょっと。
しかし、5回程度通うことで毛の量はかなり違いを感じられるようです。

サロンなどの光脱毛では、18回以上です。期間にすると3~4年です。

 

VIO脱毛で一番時間がかかる部位・かからない部位

Vライン・Iライン・Oラインで一番時間がかかるのはIライン。
Iラインは、毛が固く脱毛に時間がかかるようです。
個人差はありますが、毛の量が少なければOラインは3回程度で終わる人もいます。
毛深い方だと10回以上にあることもあります。

 

VIO脱毛は痛いって本当?

気になるVIO脱毛の痛みは、個人差がかなり大きいようです。
既に他サロンなどで他の部位の脱毛経験があったり、過去にVIO脱毛を経験している方は痛みの強さに慣れているようです。
「全然痛くなかった」、「あっというまに終わった」というツワモノも多くみかけます。

 

VIO脱毛はどんな形が人気なの?おすすめの形を紹介

VIOの脱毛回数で先述したように、VIO脱毛にはデザインがあります。
一般的には、施術前にサイズや面積を決めていきます。

人気なのは、逆三角形
一番自然で水着やショーツからはみ出ないサイズですね。

その他のデザインは、長方形(アルファベットのIの形)、ハイジニーナ(全部脱毛してしまう)、ハート型などもあります。


画像引用元:プリート

せっかく脱毛するんだからほとんど毛を残さないデザインも良いですが、銭湯でびっくりされてしまうこともあります。
そんなこともあり「いかにも脱毛しました!」感が少ない逆三角が人気なのも納得。
逆三角でも面積が小さいものなら、水着も自信をもって着れますね。

 

脱毛しない理由ってむしろ何?メリットだらけのVIO脱毛


VIO脱毛にはさまざまなメリットがあります。主なものをまとめてみました!

1.衛生的!

アンダーヘアが多いとデリケートゾーンのかゆみや蒸れ、臭いなどの原因になります。そのアンダーヘアの量を減らす事で、デリケートゾーンの悩みの原因が軽減され、衛生的になります。

特に生理の時はアンダーヘアに経血が付くことがなくなるので、清潔で快適な生活ができますよ。

2.自己処理不要でおしゃれが楽しめる!

アンダーヘアの自己処理はなかなか大変ですよね。その面倒な自己処理から解放され、ムダ毛を気にせずおしゃれを楽しむことができます!

大胆なカットの下着や水着なども、もうVラインを気にする必要はありません!海でも思いっきりはしゃげますよ。

3.肌トラブルの原因が改善される

デリケートゾーンの黒ずみや肌荒れは、自己処理が原因で起こる場合がほとんどだと言われています。

Vラインは皮膚がとても薄いのに、太くてしっかりした毛が沢山生えていますよね。それを間違った方法で自己処理することによって肌を傷つけてしまい、黒ずみや肌荒れを引き起こしてしまうのです。

脱毛で自己処理から解放されると肌トラブルも起こりにくくなります。また、毛根がなくなるため肌が引き締まり、黒いブツブツも改善されますよ。

4.綺麗な形に整えることができる

VIO脱毛は、自分好みの形に仕上げてもらえます。脱毛のプロが整えてくれるので、美しく自然な仕上がりになりますよ。

また、毛量の調節も可能です。
アンダーヘアを完全になくしてツルツルにすることも、全体的に薄く細くすることもできますよ。自分好みの美しいVIOを手に入れましょう!

 

VIO脱毛「もって行って良かった」アイテム2選

VIO脱毛だからこそ、持っておくと便利だった!コレあるとラク!アイテムもあるようです。
脱毛当日、持って行ってよかったアイテムを2つ紹介します。

1.Tシャツ

VIOの痛みには個人差がありますが、痛みを強く感じで汗を大量にかいてしまうこともあります。
VIO脱毛は、下半身のみ服を脱ぎます。
上半身は、私服です。
冬場は、ニットなどを着たまま脱毛になります。

痛みで汗をかきすぎて、ニットが汗で濡れてしまうこともあります。
湿ったニットで、帰るのは寒いですし風邪をひいてしまいます。
夏でも、汗染みのブラウスで街中を歩くのは恥ずかしいですよね。

VIO脱毛で、汗をかく方は多いようです。
その場合、Tシャツを持参がおすすめ。

かさばるのが気になるのであれば、キャミソールのようなインナーでもOK.
Tシャツを1枚持っていけば施術後も汗染みを気にせず、快適です。

2.デリケートゾーンウェットシート

サロンの方は、プロとはいえVIOを見せるのは恥ずかしいですよね。
「蒸れてないか」「臭いが気になる」こんな不安な方も多いですよね。
そんな時おすすめなのが、デリケートゾーン用のウェットシート。
施術前にトイレで拭いておけば気になる臭いや蒸れを抑えてくれます。
実際に「施術で足を開いたら、ティッシュがくっついていたら恥ずかしいから、施術前にウウェットシートを使っている」という方もいましたよ。

 

まとめ

いかがでしたか?
VIOの脱毛は、痛むけれど多くの人が「やってよかった」と思えるパーツ。
脱毛すれば蒸れやすい夏場や生理時に快適に過ごせますよ。
基本的なVIO脱毛の知識を知ったうえで、自分に合ったサロンを見つけてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね !してね

Twitter で
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。