正しいケアでニキビ肌を改善!セルフケアの方法とおすすめクレンジング


思春期になるとポツポツできはじめて人を悩ますニキビ。色んなケアアイテムを使っても効果があるのは始めだけ。治ったと思ったらまた出てきて、悪化するという繰り返しではないでしょうか?ニキビが少しでもあるとテンションがガタ落ちですよね。鏡を見るのも嫌だという方も多いかと思います。まさに私がそうでした。そんな酷いニキビ肌の私がニキビ肌との戦いを卒業できたケア方法をご紹介します。思春期のニキビ治療にお金をかける必要はありません。正しいケアで健康な肌を取り戻しましょう!
 

まずは敵を知る!思春期にニキビができる原因

皮脂の過剰分泌による毛穴詰まり


思春期のニキビの特徴と言えば、おでこやフェイスラインにできやすいという点ですね。おでこやフェイスラインは顔の中でも皮脂の分泌が多い箇所です。

思春期になると、特にこの皮脂の分泌が盛んになります。皮脂は毛穴から分泌するものですが、毛穴の発達が急激な成長についてゆけず、その結果、上手く皮脂の排出ができなくなってきます。すると、過剰に分泌され、排出しきれなかった皮脂が毛穴の奥に溜まってしまうのです。これがニキビの始まりです。そこにアクネ菌が毛穴の奥の皮脂を栄養分として増殖し始めるのです。そして、ニキビが悪化してしまうのです。
 

肌への外的な刺激


髪の毛が顔に触れる、手で触る、シャンプーやコンディショナーが洗い流しきれていない、整髪料が付着するなどの外的な刺激により毛穴が詰まり、ニキビができてしまう、あるいはニキビを悪化させてしまいます。

ニキビは紫外線によっても悪化するので、外出する時はもちろん、室内にいる時も日焼け止めを塗るなどの紫外線対策をしっかりしましょう。SPFが低くても大丈夫なのでしっかりと塗ることが大切です。
 

ニキビ肌の正しいケア方法

オイルフリーのクレンジングでメイクをしっかり落とす


クレンジングはオイルフリーのタイプが良いでしょう。ポイントメイクをあらかじめ落とした後、ジェルやミルクタイプなどの低刺激のクレンジングで優しく汚れを落としてください。日焼け止めやメイクが肌に残っていると、毛穴詰まりを起こし、新たなニキビや今あるニキビの悪化を招く結果となります。
 

ウォッシュで毛穴奥の汚れを綺麗に洗い流す


ニキビ肌の特徴は過剰な皮脂の分泌です。洗顔でその過剰な皮脂や汚れを洗い流す必要があります。

しかし、ベタつきが気になり、一日に何度も洗顔をする方がいますが、これは絶対にやめてください。過剰な洗顔は、本来あるべき皮脂をも取り除いてしまいます。本来は皮脂と肌表面にある水分が天然の乳液のような役割を果たし、肌のバリアを作っています。洗いすぎることで、この天然の肌バリアを壊してしまいます。すると、全ての刺激を直に受けてしまうことになり、肌への負担が非常に大きくなってしまうのです。その為、洗顔は1日2回までとし、よく泡立てた泡で優しく毛穴奥の汚れを洗い流してください。
 

保湿は十分過ぎるほどしっかりと!


意外かもしれませんが、ニキビ肌には十分過ぎるくらいの保湿をしてください!保湿はとても重要です。なぜなら、お肌の乾燥は皮脂の分泌を更に過剰にしてしまうからです。これは、肌の乾燥によるバリア機能の低下を防ぐ為の自己防衛なのです。

乾燥すると肌が危険を察知し、更なる皮脂の分泌を促すことで、肌のバリア機能を取り戻そうとするのです。多めの化粧水を手に取り、手のひら全体を使って顔につけましょう。自己流のパッティングやこするようにしてつけるのは厳禁です!化粧水をしっかりと入れて、肌がふっくらした感じがしたら、忘れずに乳液をつけて肌表面の水分を逃がさないように蓋をしましょう。
 

生活から見直そう

正しいケア方法に従ってクレンジングから保湿まで完璧なのに、ニキビが一向に良くならない方。もしかしたら、生活習慣も見直す必要があるのかも知れません。もう一度ご自分の生活を振り返ってみてください。
 

質の良い睡眠を意識する


「お肌のゴールデンタイム」という言葉を聞いたことはありませんか?これは、午後10時から午前2時までの時間の事を指します。このゴールデンタイムと呼ばれている時間は1日の中で成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯であり、新陳代謝が良くなることで美肌に導いてくれると言われています。

でも、ゴールデンタイムの事は知っているけど、忙しくて午後10時に寝るなんてムリ!という方のほうが多いかと思います。そんな方に朗報です!

最近の研究で、科学的にはそもそもこのゴールデンタイムと呼ばれている時間に根拠はないとの異論が出ているのです。この理論によると、人間は時間を問わず、眠りについてからはノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返し、就寝から約3時間後の一番深い眠りに入るノンレム睡眠時に美肌に導く成長ホルモンが最も分泌されます。

つまり、就寝から約3時間後にいかに深く眠れているかと言う事が美肌への鍵なのです。深くて良い睡眠を得る為には、やはり眠る直前までテレビやパソコン、スマホなどを見ず、心身ともにリラックスしている状態であることが好ましいです。この質の良い睡眠を意識することで美肌と健康が得られます。
 

バランスの良い食事を心がける


ニキビに良いとされる食事はビタミン、食物繊維、亜鉛です。しかし、あまり気にしすぎる事はありません。要はバランス良い食事を心がければいいのです。

例えば、朝やお昼は菓子パンだけ、または、おにぎりだけではありませんか?そういう方はそこに生野菜のサラダを加えるだけでもビタミンや食物繊維が摂取できますよ!一気に生活を変えるのはとても難しい事ですし続かないので、少しずつ意識してみるだけでもいいと思います。
 

肌に触れる物は常に清潔な物を使う


タオルはもちろん、マスク、マフラー、帽子、枕カバーなどは毎日清潔な物を使っていますか?つい忘れがちですが、いつもあなたの肌に触れているこの小物達はこまめに洗い、清潔な物に取り替えましょう。小物に付いた皮脂や汚れが想像以上に肌を刺激しています。
 

私のニキビ肌を救ってくれた基礎化粧品

●VEGA(ベガ)ベガフェイシャルスクラブ

公式HP:ベガ

ニキビで顔中が赤く腫れあがり、そのニキビが潰れて出血したり膿んだりして目も当てられないような酷い肌だった時に母の勧めでこの化粧品と出会いました。

こちらのクレンジングはクレンジングとウォッシュの機能を1個で果たしてくれるものです。まず、トウモロコシの穂軸が入った細かいスクラブを専用のネットでしっかり泡立て、泡を顔全体に乗せ、優しく押したり、離したりして泡にメイクや汚れを吸着して落とします。その後は、保湿を丁寧にしっかりとします。

正直、泡立ては面倒で、スクラブ入りなので、肌をいたわるように時間をかけて丁寧に洗わなくてはいけません。たた、洗顔を根本的に見直してみただけでした。しかし、こちらの化粧品を使ってから私の肌はみるみる健康な肌へと変わってゆきました。
 

ニキビ肌はきっと綺麗になる!


私の肌はとてもオイリーでした。その為、思春期になると、ポツポツとニキビが出てきました。それまで、お肌のケアなんて無頓着で、無知であった為、私はとにかく顔の脂を洗い流すことに必死になっていました。1日何回も顔を洗い、つっぱった感覚が清潔な肌と思い込んでいた為、保湿もせずに放置。そのせいで余計皮脂の分泌が過剰になり、また洗うという繰り返し。ニキビはどんどん増え、悪化していく一方でした。

そして、悪化していくニキビの治療として市販の薬を塗布。期待していた程の効果がないからと言ってまた違う薬を購入。一向に良くならないので評判の良い遠方の皮膚科まで通院。それでも、全く良くなりませんでした。

ニキビ改善の為に私がこれまで試した治療薬や化粧品は数十種類以上、金額にして100万円以上になります。それでも、治らなかったのに、正しい肌のケア方法を知り、これまで朝の3時に寝て、7時起床といった寝不足などの生活習慣を見直しただけで驚くほどニキビは消え、多少の刺激にも動じない強い健康な肌になりました。
 

まとめ

今回ご紹介したのは、健康な肌に生まれ変わるためのあくまで基本のケア方法です。しかし、ニキビ肌に悩む方は意外とこの基本ができていない場合があるかも知れません。規則正しい生活習慣と正しい肌のお手入れ方法に気を付けるだけで、あなたのニキビは驚くほど改善するかもしれません。すると、あなたの心は軽やかになり、心身ともに健康的になってゆくはずです。ニキビ肌を治すのにお金をかける必要はありません。まずは今できる事から実践してみてくださいね^^
 

ライタープロフィール

Written by:れいれい
とにかく何をしても寝ない二人の男の子のママ。息子達に手がかかる分、自分の時間がないのが悩み。今の一番の楽しみは晩酌です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連キーワード:

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.