「折りたたみヨガマット」おすすめ5選 

ヨガが習慣になってくると、やはりお気に入りのヨガマットが欲しくなってくるのではないでしょうか?

ヨガスタジオでレンタルマットを借りるのもいいですが、

有料の場合が多いので毎回レンタル料金がかかるのは負担になってしまいますよね。

また、ご自宅で練習したい時にも自分のマットを持っていたら、

いつでも練習すること出来ます。

 

そこで今回は、持ち運びに便利な「折りたたみヨガマット」をご紹介します。

 

「折りたたみヨガマット」選び方

1.素材

ヨガマットは素肌で触れるものです。だからこそ好きな感触の1枚を選びたいですよね。

その感触は、素材が大きく影響します。素材を正しく知って、マット選びの参考にしましょう。

 

・ポリ塩化ビニール(PVC)

ヨガマットの主流な素材です。耐久性に優れており、裏面のグリップ力がいいのが人気です。

・ポリウレタン(PU)

最近、注目を集めている素材です。水に濡れても、グリップ力が落ちません。

・エチレンビニールアセヒート(EVA)

軽くて水に強い素材です。クッション性は高いですが、耐久性は劣ります。

・サーモプラスチックラエラストマー(TPE)

クッションが高く、グリップ力は天然ゴムにも負けません。熱には弱いです。

・天然ゴム(ナチュラルラバー)

重さがあり、安定感があります。ゴム特有のグリップ力と弾力に優れています。

 

2.デザイン

ヨガマットはヨガをする上で欠かせない存在ですよね。

ヨガをやる上で、ヨガマットは自分の聖域になります。

だからこそお気に入りの1枚を選ぶことが、楽しくヨガをする上ではとても大切です。

 

素材ももちろんですが、色やデザインも自分の直感で選びましょう。

 

3.価格

ヨガマットの価格帯は様々です。

1000円以下で買える安いものから1万円超えのものまであります。

 

安ければいいというものではありませんので、ご自分の予算に合わせて適切なものを選びましょう。

 

折りたたみマットのメリットとデメリット

折りたたむタイプのヨガマットマットのメリットとデメリットをお伝えします。

折りたたみマットのメリットは、なんと言っても持ち運びが簡単にできることです。普段のバッグに収納できます。ヨガマット専用のバッグを持つ必要がありません。

会社帰りにヨガスタジオやフィットネスジムに寄ろうと考えている人にとっては、出社時の荷物がコンパクトに収まるのは嬉しいですよね。

また、折りたたみマットは通常のマットに比べて重さも軽いことも特徴です。

 

デメリットは、販売されている種類が通常マットに比べてまだ少ないことです。

ヨガのお店やスポーツ用品店にも置いていないこともあります。

ですのでネットショッピングで探してみることがおすすめです。

 

「折りたたみヨガマット」おすすめ5選

1.Real Stone リアルストーン RS-G100

素材:ポリ塩化ビニール

厚さ:約4mm

重さ:約1.1mkg

 

リアルストーンのロゴが入ったマットです。

女性が好きなマーブル柄のおしゃれなデザインが人気です。

 

2.Manduka(マンドゥカ) エコスーパーライト トラベルマット

素材:天然ゴム、リサイクルシルク

厚さ:約1.1mm

重さ:約997g

 

ヨガをやっている方なら誰もが知っているブランド、マンドゥカ。

マンドゥカのヨガマットは世界中のヨガ上級者やヨガ指導者からも支持されています。

最高な品質の天然ゴムを使用しており、高い耐久性があります。

さらに、トラベルマットという名称の通り、驚きの約1mmの薄さと997gの軽さが魅力です。

カラーバリエーションんも豊富ですのでお気に入りのカラーが見つかるはずです。

 

3.yogaworks ヨガワークス トラベラー・トゥ・ゴー

素材:天然ゴム、サーモプラスチックラエラストマー

厚さ:約5mm

重さ:約750g

 

折り目がついているため、誰でも簡単に折りたたむことが出来ます。

撥水性があり水洗いできますので屋外での使用も安心です。

また、通常のマットよりも少し大きめに作られています。

身体が大きい方や男性でもこちらのマットならば、シャバーサナの時にはみ出てしまう心配もありません。

 

4.Yoga Design Lab ヨガデザインラボ ヨガトラベルマット

素材:天然ゴム、マイクロファイバー

厚さ:約1mm

重さ:約800g

 

ヨガデザインラボの人気商品が「コンボマット」です。

その「コンボマット」のさらに軽量に改良されたのものがこちらのマットです。

そして、人気の秘密は圧倒的なデザイン性です。

ヨガマットとは思えないおしゃれなデザインが揃っています。

ヨガスタジオに持っていけば、目を引くこと間違いないでしょう。

 

5.OHplus  PVC高品質ヨガマット

素材:ポリ塩化ビニール

厚さ:4mm

重さ:約1.2g

 

環境に配慮された素材が使われているエコマットです。

厚みがしっかりありクッション性が抜群です。

エンボス加工がされているため、

ズレる滑り止め機能もついているため、ズレることなく安定してポーズが取れます。

カラーも「ブラウン・ブラック」「ブラック・グレー」とシックなデザインなので男性にもおすすめです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

「ヨガマットが欲しいけれども、何を買ったらいいかわからない」という方や、「すでにヨガマットを持っているけれども、持ち運び用を探している」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

お気に入りのヨガマットで、楽しく快適にヨガをしましょう。

 

ライタープロフィール

Written by : ゆっこ ヨガインストラクター 。
所有資格:全米ヨガアライアンス200・ヨガニードラセラピスト
大好きなヨガを多くの方に知ってもらいたいという思いでヨガを教えさせて頂いています。
私の選ぶ「折りたたみヨガマット」が、あなたのお気に入りの1枚になれたら嬉しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.