テレワークでの服装は?女性の在宅勤務の身だしなみマナー

最近、在宅勤務が多くなってきていますね。在宅勤務だと必要であればスカイプやオンラインで顔出しすることがあります。その際、特に指示がないのが“服装”のことについてではないでしょうか。今回はテレワークでの服装マナーについて調べてみました。

コロナ騒動で一変!?テレワークという働き方

新型コロナウイルスの流行により、人と人との接触を避ける為にテレワークを主流とする企業が増えています。そもそもテレワークとはなにか、テレワークの総称は“テレコミューティング”と言います。在宅勤務という認識で合っているのですが、よくかみ砕くと『tele(テレ)=離れた場所』+『work(ワーク)=働く』ということのようです。通信機能を活用して、場所を選ばず柔軟な働き方のことを言います。新型コロナウイルス騒動が終息後も、テレワークという働き方を継続する企業も多くなりそうです。

 

テレワークの際、服装は?マナーがあるの?

『在宅勤務だし何でもいいか~』と思ってしまいがちな服装。SNS上でも少し話題になっていましたが、テレワークの際の服装はどうしても手を抜きたくなりますよね。

ですが、やはりお仕事はお仕事。どうしてもスカイプなどのWEB会議等でオンライン通信をしないといけない場面がありますよね。では、世間の皆さんはどのようにされているのか。

みんながやってるテレワーク時の服装

 

 

このようにしっかり身だしなみを整える方も一定数いらっしゃるようですが、見える部分である上半身だけきちんとする方もいらっしゃるようです。一方でジャージやパジャマなどで過ごす方も一定数おられるようです。その場合に、急なWEB会議やテレビ電話通信で慌てる方もいらっしゃるよう・・・。

身だしなみはその人を現すといっても過言ではないです。画面越しに色々な情報を与えてしまっていると思いませんか?会社側が『服装自由で大丈夫だから』という姿勢でも、いち大人の女性として身だしなみのマナーは保っておきたいところです。身だしなみと言えば服装だけではありません。ナチュラルでもいいので、メイクもきちんとこなしていると素敵な大人女子認定間違いなし?

 

テレワークなのに服装のマナーがあるなんて…

SNSを覗いてみると、『あほらしい』『日本人らしい』などの批判的な声が一番多く上がっていたように感じます。家にいるときくらい、と思うんですよね。もちろん、パジャマのままでも怠けずにテレワークにいそしむことが出来れば問題ないですよね。人それぞれに自分に合ったスタイルというのがあると思います。そして日本人の特徴で、○○だから○○しなきゃいけないという考えがマナーというルールを作り上げてしまっているのが分かります。テレワークでの身だしなみのマナーについても様々な考えがある中、自分のスタイルを見つけていくことが一番大事なのかなと思います。ただし、WEB会議やビデオ通話の際、最低限の“清潔感”だけは守りましょう。寝癖頭だとやる気がないととられかねませんよ。

 

テレワークでも、まずは服装からスイッチオン♪

家だから、とついつい気を抜いてしまいそうなテレワーク。最低限の大人のマナーとして身だしなみを整えておくのがベターです。
人に見られても恥ずかしくない髪型やメイク、服装に指定がないようなら
・胸元が開かない肌の露出の少ないもの
・着くたびれていないもの(首元のよれよれなどはNG)
・シンプルなもの(大きな英字ロゴプリントなどはNG)
を心掛けましょう。

特にWEBカメラがないテレワークとなると仕事に行くという感覚がなくなってしまう為、なかなか気合のスイッチが入らない方もいるかもしれません。そんな場合にも効果的なのが“着替えること”。いつもの出勤時のような準備をすると、シャキッと気合が入るという方が多いようです。ついつい怠けてしまうという方は、ぜひ一度試してみてください。こうすることで、仕事は仕事、休みは休み、とスイッチの切り替えがしやすくなるはずです♪
メリハリをつけてテレワークライフを過ごせますように。

 

ライタープロフィール

Written by : やましたかおり
アパレル店員/Webライター/1児の母  自身も在宅Webライターのお仕事をさせていただいてる身ですので、始めの頃はテレワークのスイッチの切り替えを難しく感じたことがありました。今は着替えることでスイッチの切り替えが出来るようになり、快適なテレワークライフを過ごせています♪この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !してね

Twitter で
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。