コスパと品質で選ぶ!敏感肌用うるおい化粧水3選


敏感肌向けの化粧水ってどうやって選んだらいいのかわからない!とお悩みの方も多いのではないでしょうか。お肌が敏感なだけにあれこれと試してみるのは不安だし、普通の化粧水よりも値段が高めだから、できるだけ失敗したくないですよね。そんな方に、お肌に優しくしっかり潤って続けやすい敏感肌用化粧水をご紹介します。

敏感肌用化粧水を選ぶ時の3つのポイント

①保湿効果の高いものを選ぶ


敏感肌とは皮膚の表面・角質層の働きである「バリア機能」が低下して、紫外線など外からの刺激に肌が反応しやすくなってしまっている状態です。バリア機能が低下することで外からの刺激だけでなく、肌内部の水分も留めておけなくなり、肌の水分がどんどん外へ逃げていってしまい乾燥が進んでしまいます。

まずはバリア機能が正常に働くのに必要な水分と油分を肌にしっかり補ってあげましょう。保湿成分としては、セラミド、レシチン、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などがあげられます。商品のパッケージに記載されている成分表は配合量の多い順番に書かれていますので、上位10位以内にこのような成分がいくつか配合されている化粧水を選ぶとよいでしょう。

特にオススメの保湿成分がセラミドです。セラミドは角質層内にある保湿成分で、このセラミドが少なくなることで肌を刺激から守るバリア機能も低下してしまいます。セラミドといっても色々な種類がありますが、特に「ヒト型セラミド」と呼ばれる種類が保湿効果が高くてオススメです。表記としてはセラミド1やセラミドAPなど数字やアルファベットがついたものがヒト型セラミドの種類になりますので、ぜひ成分表をチェックしてみましょう。

 

②肌に刺激となる成分を知っておく


バリア機能が低下している敏感肌の方は、肌に刺激となる成分にも気を付けなくてはいけません。主な刺激成分としては、アルコール(エタノール)、ビタミンC誘導体、香料、パラベンのような防腐剤などが挙げられます。商品パッケージに記載されている成分表の上位10位までに刺激成分が入っていないかチェックしましょう。

よくわからない場合は、「敏感肌用」や「低刺激」「赤ちゃんにも使える!」などの表示があるものを選ぶようにするとよいでしょう。どんな敏感肌用の化粧水を使ってもお肌に合わない場合には一度皮膚科を受診して、何の成分に反応しやすい敏感肌なのかを確かめてみることをお勧めします。

 

③使い続けやすいものを選ぶ


お肌が敏感な人にとっては、できるだけ長く続けられるものを選ぶことも大切です。あれこれと変えて肌に余計な負担をかけないようにしましょう。お肌につけてすぐに赤くなったり、かぶれてしまった場合にはすぐに使うのをストップした方がいいと思いますが、そうでない場合はできれば1~3か月は使ってみてから効果を判断するようにしましょう。そのためには、上記のような知識と下調べが必要です。試供品やトライアルセットなどがあればそれからスタートしてみるのもいいと思います。値段がお手頃か、購入しやすいかなども続けられるポイントになります。

 

安心と続けやすさで選ぶ!敏感肌用おススメ化粧水3選

①ドラッグストアで買える『キュレル』の化粧水

花王公式HP

多くの女性が化粧品の購入に使っているのがドラッグストアではないでしょうか。だいたい全国どこのドラッグストアにも敏感肌用化粧品コーナーはあるようです。その中でオススメなのが花王から出ている『キュレル』の化粧水です。保湿成分であるセラミドに注目した商品で、保湿効果も高めです。価格もお手頃ですしなによりもドラッグストアで手に入るので、どこにお住まいの方でも続けやすいでしょう。

タイプもつけ心地の違う3タイプから選べます。いずれも「しっとり感」がベースですが、ややしっとり、しっとり、とてもしっとりとお好きなしっとり感を選ぶことができますので、季節ごとに変えてみてもよいでしょう。最近ではキュレルからエイジングケアシリーズも出ていますので、敏感肌ケアをしながらアンチエイジングしたい方はこちらのシリーズの化粧水もお試しください。

 

②コスパが魅力!『無印良品』の敏感肌化粧水

無印良品公式HP

最近では敏感肌用の化粧品を出しているメーカーや種類も増えてきましたが、一般的な化粧品に比べると全体的に値段がやや高めのようです。自分に合うものをやっと見つけても、値段が高めなので使う時もついつい少量ずつ使ってしまうという方も多いのではないでしょうか。もともと乾燥しやすい敏感肌の方は少したっぷりめに使ってしっかりお肌を保湿したいくらいなのに、少量ずつでは効果も半減してしまいますよね。

そこでオススメしたい化粧水が、「無印良品」の敏感肌用化粧水です。アルコール成分やパラベンなどが入っておらず、お肌に刺激が少なく乾燥性敏感肌の方にも安心して使ってもらえます。もちろん保湿成分もたっぷり入っていますし、さっぱり、しっとり、高保湿の3タイプの中から好きなつけ心地を選べます。
そしてオススメポイントはなんといってもそのコスパ!一番しっとりする高保湿タイプの化粧水でも200ml入りで700円、400mlの大容量容器だと1200円ととってもお得です。さっぱりタイプだと200mlでなんと580円!これなら値段を気にせずにたっぷり使うことができそうですね。無印良品は店舗も多めなので比較的手に入りやすく、気に入れば長く使い続けやすいというメリットもあります。

 

③保湿力の高いヒト型セラミドをお試しセットで!『ヒフミド』の化粧水

小林製薬オンラインショップ

自分に合った化粧水を見つけたいけれど・・・あれこれと試してみるのはお肌に負担がかかりそうで不安だし、買ってみてお肌に合わなかったときにお金がもったいない!できるだけ失敗を少なく、気に入った化粧水を見つけるための近道が「試供品」ですよね。ドラッグストアなどの店頭でテスターを手につけて大丈夫だったから買ってみたのに、洗顔をした後の顔につけてみたら赤くなってしまった、というケースもあります。やはり実際に洗顔後のお肌につけて試してみてから買いたいですよね。

そこでオススメしたいのが「ヒフミド」のエッセンスローション(保湿化粧水)です。オススメポイントの1つ目は保湿力の高いセラミドが配合されていること。保湿力と浸透力の高い「ヒト型セラミド」がたっぷり配合されているので、乾燥性敏感肌のお肌がしっとり潤ってくれます。

もう1つはトライアルセットがあることです。店頭ではなくネット販売になりますので、使い始める前にまずトライアルセットでお肌に合うかどうか、使い続けられそうかどうかを試してみると良いですよ。化粧水だけでなく洗顔料や乳液なども同じシリーズで揃っていて、トライアルセットにも入っているので、一緒に試すことができるのも魅力的ですね。

 

化粧水の効果をUPさせる簡単テクニック


せっかくお肌に合う化粧水を見つけて使い始めたら、その効果をしっかりお肌に届けてあげるために、敏感肌の方向けの正しい使い方もおさえておきましょう。

つけるタイミングですが、洗顔後は1秒でも早く化粧水をつけるのがgood。つける際もできればコットンではなく、手で優しくつけてあげることをオススメします。刺激に敏感なお肌ですので、コットンの刺激も避けてあげたほうがベターです。量はケチらずにしっかり1回分の適量を手のひらにとり、顔全体に優しくつけましょう。

化粧水をつけたら手のひらで顔を包んで、お肌に押し込むように1分ほど「手のひらパック」をします。その後、乾燥が気になる部分がある方は、その場所に重ね付けをします。同じように手のひらで優しくつけてから手のひらで包んでパックをしてあげましょう。

ちょっとしたひと手間ですが、手のひらパックで浸透力がぐんとUPします。もちろん、化粧水をつける前のクレンジングや洗顔も大切ですので、『優しく洗って優しく流す』を心がけてあげましょう。

 

敏感肌のお悩みから自由になろう


お肌の調子が悪いだけでテンションが下がってしまうのが女性ですよね。自分に合った化粧水を見つけて、一人でも多くの女性が敏感肌ストレスから自由になってほしいと思います。お肌に自信が持てるだけで自分に自信が持てたり、自然と笑顔が増えたり!ステキな笑顔はあなたをもっと魅力的に見せてくれるはずですよ。

ライタープロフィール

Written by : junkoo
40代メイク講師。メイクはテクニック!をテーマに学生からシニアまで幅広い女性にメイクの楽しさをお伝えしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter で
関連キーワード:

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.