美肌に導く正しいクレンジング方法と30代におすすめのクレンジング5選

正しいクレンジングであなたの肌は見違える!?

女性にとってメイクは必須ですね。そして、そのメイクを落とす為のクレンジングもまた非常に大切な事です。しかし、忙しくて時間がない方や、育児中の方など自分の事は二の次でクレンジングは適当になってしまう方も多いのではないでしょうか?
そういう方は是非、クレンジングをもう一度見直して欲しいと思います。
正しいクレンジング方法だけ守ってもらえれば、実は時間をかけなくても良いのです。
意外と知らない方が多い正しいクレンジングの方法であなたの肌は見違えるはずです。
 

基本のクレンジング手順と方法

準備:清潔な手で洗う

正しいクレンジングの最大のポイントは「清潔な手で洗う」ことです。つい忘れがちですが、クレンジング前はハンドソープで手をしっかり洗いましょう。手には沢山の雑菌が付いており、そのままクレンジングしてしまうと手に付いた雑菌が肌に付着し、その結果、肌の状態が悪化する可能性があるのです。その為、いくら高級な良いクレンジングを使おうとも、手が汚れていたら全く意味がなくなってしまうのです。

1.ポイントメイクを先に落とす

マスカラやアイライナー、アイシャドウなどしっかりしたメイクの時は特にポイントメイクを先に落としておきましょう。目の周りの皮膚は非常に薄くデリケートな場所なので、決して力を入れ過ぎないようにすることが大切です。専用のメイク落とし(リムーバー)で軽く抑える程度が良いでしょう。ポイントメイクを先に落とさず、一気にクレンジングしてしまうと、やはり目の周りのポイントメイクが落とし切れず、その結果、顔全体をゴシゴシと力を入れてクレンジングしがちです。すると、皮膚が大きなダメージを受けてしまうのです。

2.乾いた手でクレンジングをする

手を清潔に洗った後、タオルでしっかり拭き取った乾いた手でクレンジングをしましょう。最近はお風呂場などでも使えるように、濡れた手でも使用できるクレンジングも沢山出ていますが、乾いた手と濡れた手ではメイクを落とす作用に違いが出てきてしまいます。

3.Tゾーンから先に洗う

クレンジングは皮脂が一番多い場所から洗うのが鉄則です。皮脂の多い順から、おでこや鼻が先で皮脂が少ない目や口回りは一番最後に優しく洗う程度で大丈夫です。いずれも小さな円を軽く描くように洗うと効果的です。

4.ぬるま湯で洗う

ぬるま湯で洗う事!これは絶対に守ってください。ぬるま湯とは30~32度程度です。温かいなと感じたらそれは32度以上の場合が多いので要注意です。油が付着したお皿を洗う時はお湯で洗うと落としやすいですが、やはりクレンジングをすすぐ際も同様、熱いお湯だと肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうのです。その結果、乾燥を招いてしまうのです。
乾燥肌が気になる方、熱めのお湯ですすいでいませんか?

5.清潔なタオルで拭く

最後は清潔なタオルで優しく水気を拭き取ってください。決してゴシゴシこすってはいけません。イメージは軽くポンポンとタオルを肌に当てるという感じです。
 

クレンジングの種類と特徴

シートタイプ

メイクをシートで拭き取る物です。手軽で場所を選ばないので、旅行時やすぐに寝たい時など便利です。しかし、知らない内に力が入ってしまいやすいのでゴシゴシして肌を傷めてしまわないよう注意が必要です。

クレンジングオイル

オイルなのでしっかりしたメイクも簡単に落ちてしまいます。しかし、洗い上がりはベタつきが残ってしまいがちです。このベタつきを防ぐ為には乳化が必要です。Tゾーンを先に洗った後、手に残ったオイルと数敵の水で乳化(オイルが白く濁ります)させ、その乳化してサラサラしたオイルを顔全体に広げて優しく洗うのです。

リキッドクレンジング

さらさらした感触でその名の通り、水のクレンジングと呼ばれています。オイルフリーのタイプも多く、コットンにクレンジングをとって拭き取るタイプの物もあります。しっかりメイクも落ちやすく、濡れた手でも使える所がポイントです。オイルタイプの物と違い、スッキリした洗い上がりになります。

クレンジングジェル

オイルが入っているものと、オイルフリーのタイプがあります。ジェル状なのでジェルの厚みが肌への負担を減らしてくれる効果があります。ジェルを温めて使うとジェルが柔らかくなりメイクを落としてくれるので、手でジェルを温めながらクレンジングすると効果的です。オイルフリーのタイプはやはりオイル入りの物より若干メイクを落とす作用が弱い為、しっかりメイクをされる方はオイル入りの方が落ちやすいかもしれません。

クレンジングクリーム

油分を多く含んでおりながらも、肌に必要な油分は残してくれる為、乾燥肌や潤いが欲しい方におススメです。ジェルタイプ同様、クリームの厚みが肌への摩擦と負担を防いでくれます。手で温めて使う事が大切で、クリームの重い感触が柔らかく、軽い感触に変わったらメイクとなじんだ証拠です。すすぎの際、気をつけなければいけないのはぬるま湯で洗う事です。冷たい水だとクリームの油分が肌に残ってしまい洗い上がりがすっきりしません。

クレンジングミルク

一見乳液のようなクレンジングです。伸びが良く、始めから滑らかな感触なので肌馴染みも良いです。こちらは乾燥が特に気になる方や比較的薄いメイクの方におすすめです。手で十分にミルククレンジングを温めてからじっくり丁寧に落とす必要があります。洗い上がりがしっとりしているのが特徴です。
 

30歳過ぎたら是非!私がおすすめしたいクレンジング5選!

ドモホルンリンクル 化粧落としジェル

公式サイト:ドモホルンリンクル

30歳を過ぎてしばらくした頃、急に肌の衰えを感じました。その時、目にしたCMですぐにお試しセットを注文したら大満足でした!
これは、もっちりとしたジェルタイプのクレンジングです。手で温めて使う事により、重い感触のジェルがすーっとオイル状になり、伸びが良く、肌馴染みも良いです。しっかりメイクも良く落ちます。すすいでもベタつきは一切残らず、しっとりと肌が柔らかくなるような洗い上がりです。さすが、年齢肌用の基礎化粧品だと納得しました。
 

POLA「薬用クレンジング クリア」

公式サイト:POLA

子供と季節問わず公園に出かけて沢山紫外線を浴びてしまったが故に、沢山シミソバカスが出来て悩んでいた時に知人から紹介されたのがコレです!
オイルを含んだクリームタイプのクレンジングです。しかし、手に取った時のクリームタイプの特徴でもある重い感触は特に感じられず、すぐに肌に馴染みます。高SPFの日焼け止めやしっかりメイクも伸びの良いクリームでしっかり落としてくれます。洗い上がりはしっとりします。私のように紫外線を多く浴び、肌が重層化で硬くなってしまった肌にピッタリです。重層化を改善してくれるので、化粧水が入りやすくなります。
 

オルビス「濃密とろ~りクレンジングジェル」

公式サイト:オルビス

これは特に年齢肌用ではないです。しかし、これ150gで税込1,440円とお手頃で、かなりコスパが良いと感じました!
まず、ジェルタイプは手に乗せて温められるとすぐに柔らかな感触へと変化します。メイク馴染みも良く、するっと良く落ちます。水馴染みも本当に良いので、すすぐ際に残ったりせず、しっとりもちもちした洗い上がりになります。

ジョリコール「ジョリコール クレンジング」

公式サイト:ジョリコール

子供を出産後、寝不足や疲れ、またホルモンバランスの乱れによる肌荒れに悩まされた時に友人から紹介されたのがこのクレンジングです。
完全なオーガニックコスメで肌に優しいという点がこのジョリコールの最大の特徴です。ミルククレンジングですが、メイクの落ちは良いです。日焼け止めをしっかり塗っていてもちゃんと落ちました。乳液のような感覚で伸びと肌馴染みが良い為、使いやすく、洗い上がりのつっぱり感は全くありません。かすかなラベンダーなどの香りがリラックス効果を高めてくれます。子供にも安心して使える点も気に入っています。
 

VEGA「ベガフェイシャルスクラブ」

公式サイト:VEGA

これはクレンジングとウォッシュの機能を1個で果たしてくれるものです。この頃の肌はニキビで顔全体が赤くなり、ボコボコの状態でした。誰もが酷いと思うような肌で毎日泣いていたところ、母のすすめで使いました。
トウモロコシの穂軸が入った細かいスクラブなので、こするのは厳禁です!専用のネットでしっかり泡立てた泡を顔全体に乗せ、優しく押したり、離したりして泡にメイクや汚れを吸着して落とします。すすぐ際も絶対にこすらないように注意が必要です。洗い上がりはさっぱり、すっきりします。このスクラブとの出会いで私は正しいスキンケアの方法と健康な肌を手に入れる事ができました。
 

【肌質別】クレンジングを選ぶ際の注意点

一言にクレンジングと言っても沢山の種類があります。せっかくこれが良い!と思っても、実は肌との相性があり、肌質によっては合わないものがあります。自分の肌質を良く見極めた上でクレンジングタイプを選びましょう。また、その日の体調と肌の状態を観察しながら使い分けるのも大切です。

乾燥肌が気になったり潤い肌を目指したい人はオイルタイプがおすすめ!

ニキビで悩んでいる方や脂性肌の人はオイルフリーがおすすめ!

敏感肌の人はミルクタイプやW洗顔不要な物がおすすめ!

 

私の肌は泣けるほど酷かった


元々私の肌は父親譲りの脂性と母譲りの乾燥肌が同居している混合肌でした。
友人からプレゼントされたオイルタイプのクレンジングでごしごしメイクを擦って洗い流し、必要以上の皮脂を落としたにも関わらず、化粧水はつけなかった結果、顔中が赤く腫れあがったニキビに覆われた肌になってしまったのです。
鏡を見ながら泣く毎日。ニキビを改善しようと試した化粧品や健康食品は数知れず、総額100万円は裕に越しています。しかし、一向に改善方向には向かわず、また新たなニキビで悩む毎日でした。

そんな時に出会ったVEGAという化粧品でスキンケアの基礎を学び、正しいスキンケアを忠実に実行していった結果、見違えるほど綺麗な肌に生まれ変わることが出来ました。ホルモンの変化などで多少ニキビができることはあるものの、酷くなることはもうありません。
スキンケアを正しく行うことで肌のバランスが安定し、これまで敏感肌だった肌は何をつけても動じない強い肌へとなりました。スキンケアを正しく行うだけで、肌はこうも変わるのです。今、肌荒れなどに悩む皆さん、是非、普段のスキンケアを見直してみてください。
 

正しいケア方法とクレンジングで本来の肌を呼び起こそう


クレンジングは数えられないほどの多くのメーカーから沢山の種類が販売されていますね。広告の謳い文句に惑わされがちだと思いますが、まず自分の肌としっかり対話することが大事です。自分の肌の状態を知ることで、本当に自分に合っている、効果的なクレンジングを見つけることができます。正しいクレンジングを忠実に行うことで、あなたの肌はきっと見違えるように変わることができるはずです。
 

ライタープロフィール

Written by : れいれい
とにかく何をしても寝ない二人の男の子のママ。息子達に手がかかる分、自分の時間がないのが悩み。今の一番の楽しみは晩酌です
美容部員が選ぶ!30代の小じわ対策オールインワンジェルTOP3

30歳を過ぎたころから目立ってくる目尻のしわやほうれい線。その最大の原因は加齢による乾燥なんです。お肌が乾燥することによって肌トラブルも増え、年齢を重ねるごとにお肌が荒れやすくなったという方も増えてい ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連キーワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.