ヨガマットケースおすすめ10選♪気分が上がるおしゃれなケースを紹介

最近ヨガマットを肩にかけ、颯爽と歩いている女性や男性。見かけることが多くなったように思いませんか?

仕事帰りにヨガスタジオへ、またフィットネスや、カルチャーへ。そんな時、ヨガマットをおしゃれでかっこいいケースやバッグに入れて持っている人、憧れますよね。ケースに入れることでマットもコンパクトにもなり、汚れ防止の効果もアップします。

今回はそんな便利で素敵な「ヨガマットケース・バッグ」のおすすめ10選をご紹介します。

 

ヨガマットとカッコよく歩こう!便利でおしゃれなヨガマットケースのすすめ

1.ヨガマットケースの型(タイプ)からチェック

自分が欲しい「ヨガマットケース・ヨガマットバッグのタイプ」は?というポイントからも考えてみるといいかもしれません。
ここでは選びやすいようにヨガマットケースのタイプを3つに分けてみました。

型、タイプを大きく分けると、
1つは保存を意識した「収納袋タイプ」、
2つ目は持ち運びを意識した「ショルダー型タイプ」、
そして同じく持ち運びに便利な3つ目の「バッグ型タイプ
に分かれるかな、と思います。

購入する際は自分が求める用途によってタイプを選ぶのが重要だと思います。

 

収納袋タイプ(持ち手やショルダーが付いてない)

基本的に家に置いたままにすることが多い方、持ち運びというよりも保管や部屋の置き方に悩んでいる方におすすめです。

 

ショルダー型タイプ

市場で販売されているヨガマットケースの中でも全体的多いタイプです。
持ち運びを意識したタイプの「ショルダー型」はバッグのストラップを肩にかけて移動する、またケースに入れたまま収納もできるようにて作られているものが多いです。ファスナーで全面オープンになるもの、巾着式で口が片側だけのものなど、バリエーションも豊富なタイプになります。

 

バッグ型タイプ

最近増えてきたのは「バッグ型」といえるかと思います。
ボストンバッグ風の手提げバッグの底にヨガマットがすっぽり収まるデザインで一見マットが見えないような作りになっているもの、外側から丸めたヨガマットを差し込むことができ出し入れもしやすい作りのもの、またデイバッグ・リュックにヨガマットを装着でき、両手の自由も確保できるアイティブ移動もできる型のものなどがあります。

今回の10選の中ではヨガマットケース1つ目のタイプとして紹介した「保存型タイプ」と2つ目の「ショルダー型タイプ」(兼用できるものも多数)を中心に選択してみましたが、番外として私も愛用しているベーシックなバッグ型をご紹介しています。
自分の使用状況に応じたタイプ(型)からもヨガマットケース・バッグをチェックしてみましょう。

 

2.ヨガマットケースの素材からチェック

自分の欲しいタイプのデザイン・型が決まったら、ヨガマットケースの素材からもチェックしてみましょう。

素材も種類が豊富に揃っており、布製(コットンやデニム、帆布なども)や防水性のあるポリエステル系(ウェットスーツ素材なども登場)、またデザイン的にも通気性が考えられたメッシュ仕様など様々なものが出てきています。

素材選びの点では、雨の日も晴れの日も歩く距離が長いのなら、防水加工やUV加工もメリットかもしれませんし、ヨガマットケースも洗濯して清潔にしたいタイプの方は、布製もおすすめです。あとは意外と見落としがちな汗だくの練習をした後の濡れたヨガマットや湿気などの「ムレ」対策。

夏の暑い日にかいた汗をそのままにマットを丸めて帰ることが多いのなら、防水性のあるポリエステル素材やメッシュ素材などを選ぶのもいいと思います。ヨガマットを家置き、スタジオ置きする場合でもバッグに通気性を確保しておけばアフターケアもしやすくなりますね。

 

ヨガマットケース・ヨガマットバッグおすすめ10選

1.SURIA(スリア)ヨガマット ジップメッシュバッグ

画像引用元:SURIA

ヨガマット・ヨガウェアでも女性に人気の国内ブランド「スリア」のヨガマットバッグ。
このヨガマットバッグの最も大きな特徴は「メッシュ」素材を採用していること。
遠目には一見ブラック一色の布地にも見えますが、ポリエステル製で細かな穴のあるメッシュ加工が全面に施されています。

そのメッシュ素材のメリットはもちろん通気性。
夏場には汗で濡れたヨガマットをそのまま入れても、ムレやニオイが気になりにくく安心です。

またポリエステル生地の表面にはコーティングも施されているので、手触りはツルリとしています。
コーティングのおかげで耐水性も高い仕様になっているので少々濡れたり湿ったりしたマットを収納しても安心感がありますね。おうちに保管しておくときにもカビや湿気対策、ホコリ対策にも活躍してくれる力強い味方。

またメッシュ生地は軽さの点からいってもメリットがありますね。私も以前から愛用しているマットバッグのひとつなのですが、今回ちょっと気になったのでバッグの重さを計量してみたところ、なんと100gを切っていました。超軽量です。
以前は4mm厚のマットのみ対応でしたが、最近のバージョンアップにより6mm厚マットにも対応し、ファスナー開閉にも余裕ができています。細めのマットは更に出し入れがしやすくなったということでもありますね。

またヨガマットを取り出したあとはクシュクシュ丸めて小さくしまえるので、ヨガマットケースが不要なときにも省スペースで助かります。
デザイン的にちょっと地味?と思う方もいるのかもしれません。
でも実はとっても小さいのですが、ケースのストラップには太陽礼拝(スーリアナマスカーラ)のヨガシルエットがひとつずつプリントされているのです。これがとても素敵なデザイン。

気になる方はこのイラストぜひチェックしてみてくださいね。

価格:1,728円
サイズ:直径13cm×マット幅61cmに対応(ヨガマット厚6mmまで対応)
カラー:ブラック
素材:ポリエステル
*ショルダー型タイプ・収納袋タイプ・デザイン(無地・メッシュ)

 

2.Chacott(チャコット) Tripure(TM)トリピュアヨガマットバッグ

画像引用元:Chacott

動きやすそうなフィット感、とろみ感のある素材でできたチャコットのトリピュアヨガウェアは、機能性の高さ、また華やかで女性らしいデザインでも定評があり人気のシリーズです。

またヨガマット、ヨガマットケースといった商品も充実しており、こちらのトリピュアヨガマットバッグは、チャコットの登録商標であるTripure(TM)という素材をつかったもので、サイズとしては少し大ぶりなイメージですが、収納力も高く上部のファスナー部分の開閉でヨガマットもすっぽり入りやすい設計がされています。

側面にはミネラルウォーターを入れられるボトルポケット、タオルや着替えも収納できるスペース、携帯電話やスタジオチケットも出し入れしやすいサイドポケットまでついていてとても便利。

さらに肩にかけるストラップ部分は取り外しもでき、ヨガベルト(ポーズをアシストするための補助具)としてヨガクラスでの使用も可能です。収納力もありバッグ全体のサイズ感が大きめであるとはいえ、グレーの上品カラーやシンプルなデザインがさほど圧迫感を感じさせないので、女性が背中に斜め掛けしても違和感はないと思います。

価格的には8,000円近くというヨガマットバッグとしては安くはない価格なのですが、特別な素材の使用と丁寧に作られた製品です。チャコットのウェア、ヨガマットとお揃いで揃えるのも素敵ですね。

価格:7,900円
サイズ:約16×14×63cm
カラー:グレー
素材:Tripure(TM)
*ショルダー型タイプ

 

3.SURIA(スリア)ヨガマット ラップマットバッグ

画像引用元:SURIA

1つ目のアイテムと同じく「スリア」からのヨガマットバッグです。
ポリエステル製は汚れもつきにくく、お手入れもしやすいのが特徴。

ストラップの調節もできるので3way仕様(肩掛け・たすき掛け・手提げ)の使い勝手のよいタイプです。

側面のマジックテープをバリっとはがすと縦の面が広く開くので、ヨガマットの出し入れがしやすく、マジックテープである程度の幅調整もできるので、ヨガマットを固定しやすくケース内部でヨガマットが動くのを軽減してくれます。
スリア定番のHDエコヨガマット厚さ4mmのサイズにはぴったりフィットするよう設計されています。

ただし同じHDエコヨガマットの6mm厚には使用できないという記載がありますので、必ず自分のマットサイズ(厚み)を確認してみてください。

もちろん他のブランドヨガマットでも使用できますが、丸めたときの直系、マット幅はしっかりと事前確認してから検討しましょう。特に4mm以上の厚みのあるマットをお持ちなら正確に採寸してみる必要がありますので注意してくださいね。

価格:4,640円
サイズ:直径12cm×マット幅61cmまでに対応(ヨガマット厚4mmまで対応)
カラー:ラベンダーパープル・ライトグレー・ブラック
素材:ポリエステル
*ショルダー型タイプ・収納袋タイプ・デザイン(無地カラー)

 

4.easyoga(イージーヨガ):チャクラキャンバスヨガバッグ

画像引用元:easyoga

スタイリッシュな台湾発祥ブランド「イージーヨガ」のヨガマットバッグ。

素材は100%コットンという、見た目にもナチュラルな印象でハリのあるキャンバス地はカジュアル感もあり、シンプルながら女性らしくおしゃれな印象も感じられます。

型の特徴としては、筒形の上の部分が巾着のようになっており、ドローコードできゅっと縛って開閉するタイプ。

ストラップは本体と同色で長さ調節が可能になっているので、斜め掛けするにも、肩掛けするにも便利に使え、好みの持ち方に対応できます。またサイズ感としても6mm厚マットを丸めてもすっぽり入る余裕のサイズ。

本体同様少しゴワッとしたキャンバス地の布地で外に面して大きめのポケットもつけられていますので、レッスン用のタオルや着替え、携帯電話など小物を入れておく収納スペースになります。

ただしコットンという特性上、耐水性という面では少し劣る面もあるかと思います。水分や汗で湿ったマットやウェアを直接入れる、雨などに濡れた状態で使用すると、摩擦で色落ち、他の物への色移りといったことも起こりますので、白物と一緒の取り扱いには十分に注意してくださいね。

価格:6,300円
サイズ:W20.3×L80×H21.6cm
カラー:ダークグレーブルー・ダークパープル
素材:コットン100%
*ショルダー型タイプ・収納袋タイプ・デザイン(無地・ポイント)

 

5.PRANA(プラナ)ステッドファストマットバッグ

画像引用元:PRANA

プラナは1993年にカリフォルニア州カールスパッドにて設立された元々はクライミングウェアを多く取り扱っていたブランドです。ブランド名である「プラナ」はサンスクリット語で生命・呼吸を意味しており、その名前からイメージされるように、地球にやさしいオーガニックコットンやリサイクルポリエステル、レーヨンを使用した環境負荷をかけない製品を生産しています。またその観点だけの固執したデザインでなくファッションのトレンド、洗練性をうまくとりいれているトータルバランスが人気であるのは言うまでもありません。このヨガマットバッグも一番に目を惹くのはその洗練されたデザイン、バッグの作り自体はいたってシンプルで上部についたストッパー付のドローコードで開閉する巾着タイプ。ポリエステル製で軽量な上、スーパーファブリックという速乾性に優れた生地を採用しています。外ヨガや海辺のビーチヨガなどアクティブ派にもぴったりのイメージですね。通気性のよいメッシュボトムパネルの採用で高い機能性、キーホルダー付き前面収納ポケットで収納も、またショルダーストラップも調整可能にされている点でも、アウトドア派の方に魅力的なのではないでしょうか。しかしその特徴的なデザインは個性的かつ魅力的なのですが、自然の中のロケーションとは逆にビジネスエリア、スーツやオフィス用のスタイルに合わせるには、ちょっとこのマットバッグは目立ってしまうかもしれません。自分の生活スタイルとも相談して選択したいタイプのヨガマットバッグ。自分の好みとフィットしそうな方はぜひチェックしてみてくださいね。

価格:4,212円
サイズ:フリーサイズ(長さ74×幅28cm)
カラー:ブラック・ブルー・レッド
素材:リサイクルポリエステル100%
*ショルダー型タイプ・収納袋タイプ・デザイン(柄)

 

6.manduka(マンドゥカ)ヨガマットスリング GO PLAY(ゴープレイ)3.0

画像引用元:manduka

高機能で洗練されたヨガマットやヨガウェアとして、ヨガを仕事とするプロヨギーや上級者にも愛されている米国生まれのブランド「マンドゥカ」。そのマンドゥカに「ヨガマットスリング」という名のヨガマットケースがあります。

こちらは一般的なヨガマットケース・バッグとは少し形状が変わっていて、独特のオリジナリティある外観の商品。
「ヨガマットスリング」は丸めたヨガマットの真ん中あたりにくるりと幅広の布地が巻かれ、ベルト、ストラップで吊るされている感じになっています。

 

ストラップのついたベルトを手に持つか、肩にかけるか、というスタイルでヨガマットの持ち運びにもスマートに対応でき、ホールドしている面全体のサイズとしては30cm程の長さしかないのでかなり小さいアイテム、たたんでしまえば約12cm×15cm厚みも1cm以下の四角面に収まる驚異的なスモールサイズ、全体重量も150g以下という超軽量、他のヨガマットケースとは一線を画した画期的なデザインとなっています。

真ん中の布地部分はポーチ仕様になっており、ファスナーポケットの中にキーやカードケース、携帯電話などちょっとした小物を収納することができます。
ポーチとマットスリングの一体化した新しい型はわりと珍しく、GO PLAYというシリーズ名の通り、ちょっと遊び心を感じるデザインも魅力的、ビジネスウェアにも違和感のない無地と個性的なデザイン柄両方を使い分けるのもいいですね。

特にタイル柄はネイビーと白のまるで日本の藍染めを意識したかのような雰囲気があり、個性派、ナチュラル派の方にもおすすめしたい柄です。これからはヨガグッズにも和柄が登場してくるのかもしれません。

また、素材や機能性から見てもとても優秀で、布地部分はポリエステル100%のOEKO―TEX認証素材を使用しており環境配慮されています。

ワンタッチで着脱できるベルトストラップは調整幅、可動域がかなり広く、どんなサイズのヨガマットにも対応できるので、厚みの薄い、丸めても細いヨガマットから厚みのある径の大きなヨガマットまでしっかりホールドすることができるという高機能。

手持ちのヨガマット厚は様々でいくつもヨガマットケースを買わなければならない…、手持ちのヨガマットにフィットするケースがない…という方にもかなりおすすめ。そんな方はぜひ一度ヨガマットスリングのチョイスも考慮してみてはいかがでしょうか。

価格:4,104円
サイズ:高さ20cm×幅30cm ストラップ幅4cm
カラー:ブラック・イサベラ・サンダー・デルマーラ・他タイル柄などのデザイン系ケースも登場
*ショルダー型タイプ・デザイン(柄あり)

 

7.Chacott(チャコット) ヨガマットケース

画像引用元:Chacott

バレエ・ダンス衣装でもおなじみの人気ブランド「チャコット」のヨガマットケース。こちらはまさに「ケース」といった形状で、ポリエステルのツルリとした布で、側面から大きく開くファスナーを開け、丸めたヨガマットを横にしたまますっぽりと入れることができる「長い三角柱」、そんなイメージのシンプルなヨガマットケースです。横面の平らな部分を下に置けば、横長のスポーティなバッグのようにも見え、ファスナーの開閉もしやすいタイプとなっています。斜め掛けできるストラップと短めのハンドルがついているので、持ち運びのスタイルも背中に背負う、手に持つどちらのスタイルも可能です。外ポケットにもファスナーがついておりスマホやパスケースなど小物を入れるのに便利な大きさ。本体ファスナーの開口部がかなり余裕のある開き方なので、丸めたマットを放り込む感覚でラフに使えそうなところもいいですね。急いで移動したいときに、ヨガマットがなかなかケースに収まらない!というのは結構イライラするもの。横向きにマットを出し入れできるというスタイルは思った以上にストレスがありません。またケース内の容量にも余裕があるので、着替えやタオルもひとまとめに持ち運びができます。
チャコットの最先端素材Tripureは使われていないナイロン生地タイプなので、トリピュアヨガマットバッグなどに比べると、少しチープな印象もあるかもしれませんが、気軽に使いこなせそうなバッグです。チャコットのヨガマットやウェア好きな方なら、あの蝶のロゴ入りグッズで揃えてトータルコーディネートもいいですよね。ヨガだけでなく、バレエやダンスなど他のアクティビティにもフィットするケースなので、年齢も選ばず幅広い使い勝手ができそうなヨガマットケースです。

価格:4,860円
サイズ:約縦68×横21.5×マチ16cm 持ち手20.5cm ストラップ最大135cm
カラー:グレー・サーモンピンク
素材:ポリエステル
*ショルダー型タイプ・収納袋タイプ

 

8.YOGA WORKS(ヨガワークス) デニムマットバッグ

画像引用元:YOGA WORKS

かわいいドット柄のヨガマットでも人気の「ヨガワークス」。そして、ヨガワークスらしい、これまたかわいいドット柄のマットバッグをご紹介します。
薄手のインディゴカラーのデニム地に薄ブルーの水玉を側面に施した、ナチュラルでかわいいデザイン。ありそうでなかったヨガワークスらしい感覚のコンセプトは「休日にお気に入りのデニムを履くように、リラックスした日のヨガスタジオ通いに」という素敵なテーマです。そんなコンセプトで作られたこのデニムマットバッグは、カジュアルなスタイルにもぴったり。布の街と呼ばれるジャイプールで丁寧に作られたインド製。サイドオープンタイプなので、ヨガマットの出し入れもしやすくなっています。サイズにも余裕があり、3.5mm厚のヨガマットなら2枚入れることもでき、6mm厚のヨガマットにも対応してくれます、ヨガワークスで人気のドット柄ヨガマット「ポルカ」とセットで揃えるのも楽しそうですね。さらにヨガ上級者、プロも使用する、ザ・ブラックマット(7mm厚)やプラネット・サダナ(4.2mm厚)というハイクオリティなヨガマットサイズにも対応していますので、初心者から中級、上級へとヨガマットを買い替えていってもこのヨガマットバッグは十分に利用できそうです。もちろんサイズの合わないヨガマットもありますので、使用の際は事前にご確認くださいね。
またデニムは濃色のため、選択や水濡れで色落の原因となることもあります。濡れたマットやタオルを入れる、雨や雪で濡れた時など、そのまま放置すると色移りやシワ、縮みにつながることもあるようなので、その辺りも注意しながら、大切につかってくださいね。

価格:4,428円
サイズ:高さ約73cm×径約18cm
カラー:ブルーデニム
素材:綿
*ショルダー型タイプ・収納袋タイプ・デザイン(柄)

 

9.SURIA(スリア)ヨガマット ウェットマットバッグ

画像引用元:SURIA

こちらも人気のヨガウェアブランド「スリア」からのヨガマットバッグです。スリアには数種類のヨガマットケースがあり、この記事でもいくつかご紹介しているのですが、こちらの「ウェットマットバッグ」の一番の特徴はなんといっても素材にあります。ウェットの意味する通り、素材にはウェットスーツにも使われるネオプレーンという強度、防水性に優れた布地が使われています。
最近でこそウェットスーツ素材が湯たんぽやバッグなどに使われたものも登場し珍しくなくなってきましたが、ヨガマットケースに素材として使われているものはまだあまり多く見かけません。防水性に優れ、独特の柔らかさと軽さを持つ特別な感触の素材は、ヨガだけでなく海や山でのアクティビティにもタフに使えそうですね。
デザイン的にもしっとり感のある無地クロスでカバー力があるのに軽快な印象があり、側面に縦に大きくファスナーが施されています。側面に大きくスリアロゴ付きのメッシュのポケットがラベルのように取り付けられたデザインもポイントになっており、ファスナー付きメッシュポケットに小物を収納するのも便利です。本体のサイズ感としても余裕があるので、ヨガマットの他にタオル、着替えとクラスに通う必要なものをたっぷり収納できる優れた容量。見た目のサイズとしても大きめなのでコンパクトさよりも収納系といえるかもしれません。
海辺のビーチヨガ、最近人気のサップヨガ、そしてウェアが濡れてしまうこと必須のホットヨガにもいいのではないでしょうか。

価格:6,804円
サイズ:(収納可能マットサイズ)丸めたときの直径16cm×マット幅61cm
カラー:ネイビー・ライトグレー・ブラック
素材:ポリエステル
*ショルダー型タイプ・収納袋タイプ

 

10.Real Stone(リアルストーン)ヨガマットスキン

画像引用元:Amazon

やわらかなラインを演出してくれる女性らしいヨガウェア、エレガントで可憐なデザインも人気のヨガウェアブランド「リアルストーン」。ダイヤモンドを模したようなロゴデザインのウェアは雑誌にもよく登場していますので、気になっていた方も多いかもしれません。リアルストーンの「ヨガマットスキン」は、まさに「ヨガマットケース」というシンプルな用途のために作られたアイテム。他ブランドにはストラップのついたヨガマットバッグの型のものが多いのですが、このヨガマットスキンは名前の通り肌をカバーするかのように薄手の布地でヨガマットにすっぽりかぶせて使用するもの。そのままヨガマットを持ち運ぶためというよりは、家に置いておくとき、車に乗せておくとき、スタジオ用の置きマットに、そしてバッグに入れるときのカバー、ヨガマットを汚れやホコリから守りコンパクトに収納する、という用途のイメージが強いアイテムかと思います。
もちろん、このヨガマットスキンに入れた状態で持ち運ぶこともできますが、ストラップやベルトはついていないので、両手で持つか、小脇に抱えるか、という持ち方になるかと思います。シンプルでスピーディな持ち運びをメインに考えているのなら、他のストラップやベルトのついたショルダー型タイプをおすすめするところなのですが、大事なヨガマットを直接ヨガマットバッグに入れるのには抵抗がある、丁寧に保管したい、という場合なら、ヨガマットをヨガマットスキンでくるみ、そのまま別のヨガマットバッグに入れる、という使い方もできます。

素材はポリエステルとポリウレタンの程よい肉厚さ、しっかりとしたキックバッグがありながら感触はソフトタッチで上質な手触りが特徴の「ソフトストレッチ2way」という名の素材です。通気性もある水陸両用の素材で、丈夫さもあるのでお洗濯で丸洗いができます。汗で濡れたヨガマットがヨガバッグ内でムレてしまうのも軽減してくれそうですね。ヨガマット本体は気を配りマットクリーナーで拭き上げ、きれいにしていたとしても、意外と見落としがちなのはヨガマットケースの衛生面、外側の汚れやホコリだけでなく内側にも汚れは付着していることや、小さなゴミが堆積していることもよくあります。ヨガマットケース自体を掃除、洗濯するというのは素材によってはNGであることも多く、型崩れの原因にもなるのでなかなか難しいもの。ヨガマットスキンなら汚れたり濡れたりしたときにヨガマットのカバーを自宅で洗濯できるというのはとても助かるものです。長く大切に使いたいヨガマットには、こんなアイテムで愛情をかけてあげるのもよいのではないでしょうか。

価格:5,292円
サイズ:(M)筒回り31.0cm×口回りゴム52.0cm
カラー:レッド・グレー・ブルー
素材:ポリエステル84%、ポリウレタン16%
*収納袋タイプ・デザイン(柄)

 

【番外編】リュック型のヨガマットケース

SURIA(スリア)ヨガマットデイパック


ヨガ初心者さんからプロまで愛用する方も多い、国内ヨガウェアブランド人気の「スリア」から番外としてもうひとつ「リュック型のヨガマットバッグ」をご紹介します。

こちらはヨガマットケースとは一線を画した商品になりますが、ヨガマットを丸めて「縦」にセットして持ち運べる!という画期的なデイパックタイプのヨガマットバッグです。

背中に背負うデイパックの外バックルに縦に収納してしまう!後ろからヨガマットがバッチリと見えてしまうこの装着方法が登場した時には意外な発想に驚きました。発売当初にはベルト固定だけで落っこちないの?ストンと抜け落ちてしまうのでは?
そういう不安や問い合わせが多かったようです。

私も新商品として登場した時には気になってすぐにスリア店頭に見に行ってしまう程だったのですが、実際に見てみると、ヨガマット落下の心配は全くなく横に2本あるベルトは長さ調節可能なバックルがついていて片手でも装着可能、ヨガマットの径に合わせてセッティングすれば、しっかりとヨガマットをホールドしてくれます。


また下のベルトには取り外し可能な大きめのポケット(取り外すとポーチとして使えます)が装着されているので、その部分に丸めたマットを差し込むようにすると、マットの底も支えられ下に抜け落ちる不安はさらに少なくなります。

ショルダー型で斜め掛けや肩掛けでヨガマットを持ち歩くと、人混みでは周囲に気を遣うこともありますし、手荷物の多い時にはヨガマットがずり落ちないように結構気を付けなければならないもの。リュックと一体型になっていれば、体にフィットするのでそのストレスからは思った以上に開放されますよ。

またこのデイパックは収納力が高くて、かなりたっぷりの荷物を入れることができます。
メインのファスナーコンパートメントは底マチも広く幅のある荷物や、ウェア、予備の着替え、タオル、お弁当もヨガブロックもベルトも持っていきたい!そんな状況にも対応できます。ヨガマットを外付けにしなくても、折りたためるトラベルヨガマットを入れて運ぶにも適した収納力ですね。

さらに内側の背中部分ポケットにはクッション材が入っていて、A4ノートPCやタブレットを入れ安定して運ぶこともできます。ヨガだけでなく、カジュアルスタイルでのお仕事や出張にも使えてしまう便利なバッグでもあります。

他にもサイドのメッシュポケットは深めに作られていて、ミネラルウォーターをボトルのまま入れられるサイズ。メッシュ地なので濡れても安心で、お気に入りのマグボトルでもコンビニで買ったばかりのドリンクでも、サッと出し入れできるのはとても便利です。
後ろのロゴ付きポケットのバックルを外せば、大きな荷物は更衣室のロッカーに置いたまま貴重品だけ入れてポーチとしてクラスに持ち込む使い方もできますね。

デメリットをお伝えするならば、ヨガマットを装着しているときは、真ん中の収納はファスナーの開け閉めがほぼできないため、かなり使いづらくなります。出し入れの多いものは他のポケットに収納するなど、利便性を考えて荷物を入れる必要はあるでしょう。
買った後に意外と気になるのは、自分のヨガマットとの相性。ヨガマットはほぼ露出した状態になるので、ヨガマットのカラーとバッグのカラーとがマッチするかどうか、無地でシンプルなデイパックなのでデザインヨガマットともコーディネイトはしやすいと思いますが、購入の際は自分のヨガマットとの相性もイメージして選んでみてくださいね。

価格:8,316円
サイズ:W(幅):上部(約24cm)下部(約33cm)×H(縦):47cm×D(マチ):13cm/ポケット:幅約24.5cm×縦20cm
カラー:ベージュ・ネイビー・ブラック
*バッグ(リュック)型タイプ

 

どれを選ぶか迷うなら…初めてのヨガマットケースのおすすめは?

今回ヨガマットケース10選をご紹介したのですが、その中でも私が最初の購入にどれかおすすめするとしたら…スリアのメッシュヨガマットバッグかな。と思います。

理由はまずシンプルであること。(色もブラックでデザインもシンプル、ヨガマットを丸めて収納する、に徹しているタイプ)
そして機能的であること。(メッシュ素材はやはりヨガマットを保護する上で理想的。ムレを防ぎ、ホコリや汚れからも程よく守ってくれます)

そしてコンパクトさ。(不要な時、ヨガマットを取り出した後、嵩張らない。ヨガマットケースが不要になった時にも省スペースなのは結構重要だったりします)

そして価格(ブランドのヨガマットケースの中ではかなりリーズナブルな方です。ヨガをこれから続けていくかどうかわからない、という方でも負担が少ないのはよいところですよね)

最後に私の気に入っている一番のポイント、全体感はシンプルだけどストラップには、こっそり「太陽礼拝(スーリアナマスカーラ)のシルエットデザイン!」これもシンプルなイラストだけどとても素敵。

他のスポーツや日常に使えるヨガバッグも便利だけど、ヨガならではのデザインのこのヨギー二のイラストを見ると、ヨガのモチベーションも上がります。

私は貴重品やタオル、ウェアなどは普段使いのバッグに入れて別に持つことが多いので、ヨガマットだけをコンパクトに収納できる方が使い勝手がよいのです。あとは黒なのでマットの色やデザインも選ばないことも気に入っています。
これだ!という気に入ったヨガマットバッグがすぐ見つかればよいのですが、とりあえずひとつ持ってみたいなぁ、という方にはおすすめかな、と思います。

 

理想のヨガマットバッグで憧れの自分へ

気になるヨガマットバッグ・ヨガマットケースは見つかりましたか?

お気に入りのヨガマットを永く大切に使えるよう、そして永く楽しくヨガを続けていくために、ヨガマットケース・ヨガマットバッグを探したい。自分の生活スタイルにはどんなタイプのヨガバッグやマットケースが向いているのか知りたい。
そんなあなたに、この記事が少しでも手助けになれれば幸いです。

ヨガマットと一緒に颯爽と素敵に歩く、ヨガマットと一緒にさりげなく歩く…あなたの憧れのヨギー二はどんなイメージですか?
素敵なカッコいい理想の自分を目指してヨガを練習することも上達の秘訣。

あなたにピッタリのお気に入りのヨガマットバッグ・ヨガマットケース、ぜひ探してみてくださいね。

 

ライタープロフィール

Written by : Rig-Rig
ヨガのお仕事とヨガ関連の記事ライティングをしています。ヨガウェアやヨガアイテムも大好き。楽しい!かわいい!素敵!の気持ちを大切にしながら、心地よいヨガライフに役立つ情報をお伝えできると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.