子どもが結婚!顔合わせ&結納の服装はどうする?結婚式までの両親のマナー


子どもの結婚が決まったら、親は何から準備して良いのか悩みますよね。
相手のご両親との顔合わせや結婚式本番のファッションは、結婚する我が子の印象まで左右させてしまいます。赤っ恥をかかないためにも、ファッションマナーを知っておきましょう。

今回は、子どもの結婚が決まったら知っておくべき親族のファッションマナーをご紹介します。

 

初めての顔合わせ!恥ずかしくない両親のファッションとは

顔合わせは、両家の初めての対面の場ですよね。顔合わせは、レストランやホテルなどで行われるのが一般的です。

親としては、我が子のためにも第一印象は良くしておきたいものです。顔合わせでは、両親は主役の結婚する二人より派手にならないことが大切です。

 

父親はダークスーツ

父親は、ダークカラーのスーツかディレクタースーツがおすすめです。昔よりも顔合わせも形式にこだわらないパターンも増えてきましたが、顔合わせも立派な慶事。

ネクタイは、淡い色かおめでたい席で使われるシルバーグレーが良いでしょう。意外と忘れがちなのが黒い靴下とハンカチ。

最近は、コンビニでも売っていますので慌てることはありません。

 

母親は和装?ワンピース?

顔合わせは、ホテルでの顔合わせが多くみられます。相手が遠方からくる場合、準備や着付けが負担になってしまうこともあります。

最近は、必ず和装ではなくても良い傾向にあります。

大ヒットしたTBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』では、両親の顔合わせのシーンがあります。両家の母親は、淡いカラーのジャケットとワンピースを着ていました。

淡いカラーのツーピースやワンピースが一般的です。コサージュやパールのアクセサリーをつければ上品で華やかな印象になりますよ。

また、相手の両親ともファッションを合わせることもポイントです。顔合わせの場所の雰囲気に合わせるファッションを心がけましょう。

 

結納は和装が常識?結納のファッションポイント


結納といってもスタイルは、さまざま。
仲人さんがいる結納もあれば、仲人さんがいない略式のタイプもあります。

最近では、略式タイプが一般的になっています。結納も顔合わせ同様に、両家で格を合わせるようにしましょう。自分達は正礼装で、相手が準礼装だった場合、相手の家に恥をかかせてしまいますからね。

略式タイプ(準礼装)なら、男性はモーニング、女性は黒以外のフォーマルドレスや色留袖が良いでしょう。

また、格式を重んじる結納であれば正礼装です。男性は、五紋付き羽織と袴、女性は紋付きの色留袖がマナーです。

 

顔合わせ・結納でやっておくべき結婚式ファッション

相手のご両親とは、結婚式まで合うことはなかなかありません。顔合わせや結納時に、結婚式の服装を両家で確認しておくと良いでしょう。

レンタルする場合でも、あらかじめ購入しなければならないアイテムもありますし和装にする場合髪を伸ばしたいという方も多いようです。

結婚式の服装について早めに打ち合わせしておきましょう。

 

結納をやらないのは常識!?最近の結婚とは

最近は「結納はやらない」パターンも多くみられます。しかし、結納をやらないことが両家のトラブルになるケースも見られます。

結婚情報サイト『結婚STYLEマガジン』の調べを見てみましょう。※

【「顔合わせ」と「結納」両方実施した?】(結婚STYLEマガジン)

顔合わせのみ            74.1%

顔合わせと結納両方を行った     16.4%

両方実施せず            5.2%

結納のみ              4.3%

結納をやらずに顔合わせのみ行うカップルが多いようですね。結婚が決まったら結納の和装の準備をする前にお子さんに確認したほうが良いでしょう。

せっかく準備したのに、じつは結納はやらない……なんてことがないようにしましょう。

参考元:結婚スタイルマガジン

 

 

結婚式までに両親がやっておくべき5つのこと


結婚式当日、親族のファッションマナーの大前提は、両家の格を揃えること。留袖なのか洋装にするのか事前に打ち合わせをして決めておきましょう。

衣装をレンタルするなら早めに予約し、自分で準備するものをレンタルショップ側と確認しておくと良いですよ。

また、美容室にヘアメイクと着付けができるか確認を取っておきましょう。行きつけの美容室が良いですが、移動距離、移動手段によっては会場近くの方が、負担が少なくて済む場合もあります。

結婚式会場によっては、連携している美容室もありますので会場に確認してみるのもおすすめです。

 

【結婚式までに両親がやっておくべき5つのこと】

1.レンタル衣装を予約

2.自分で購入、用意するべき小物を購入しておく

3.移動手段の確認

4.美容室の予約

5.着付けしてくれるお店(美容室)を予約

 

 

意外と知らない世代別、着物の選び方(結婚式)

着物は、普段の生活ではあまり目にすることはありませんよね。一口に着物と言っても実は、着る女性の年齢によって選び方に違いがあります。

結婚式での着物は、最上級の正装です。ぜひ、ポイントをおさえておきましょう。

 

20~30代の着物(親族)


新郎新婦の妹や姪が、この世代にあたることが多いのではないでしょうか。親族は一般的に黒留袖と言われますが、20代であれば黒留袖よりも明るいカラーの色留袖がおすすめです。中でも淡いグリーンや水色なら爽やかな印象になりますよ。

和装は基本的に、未婚であれば振袖、既婚であれば留袖といわれています。しかし、30代の未婚女性なら振袖より留袖がおすすめです。
30代ならではの落ち着いた大人の印象は、ゲストたちにも好感を与えることができます。黒留袖でも色留袖でもOK。

色留袖を着る場合、『5つ紋』かチェックしましょう。『5つ紋』とは、着たときに前に2つ、後ろに3つの紋がある色留袖のことです。

色留袖には『3つ紋』、『1つ紋』もあります。黒留袖と同格にするためには『5つ紋』の色留袖を選びましょう。

 

若い世代の黒留袖の正しい選び方は?

若い世代でも黒留袖を着たいという人もいるでしょう。忘れてはいけないのは、黒留袖を着る場合、親族で同格の衣装を準備することが大切です。新郎新婦と親族が並んで写真を撮ることも多いので一人だけ浮いてしまわないようにしましょう。

ポイントは、年配の方の黒留袖の柄よりも高い位置の柄を選ぶこと。基本的に裾模様の位置が低く、柄の面積が小さいものほど年配向けの黒留袖です。

若い世代なら、華やかな帯と、大きめの裾模様が膝上ぐらいまでくるデザインの黒留袖が良いでしょう。

 

40~50代の和装


40代~50代は、新郎新婦の母、または叔母の世代にあたる場合が多いです。大人の女性として貫禄ある世代ですので、着物は五つ紋の黒留袖をセレクトしましょう。

かかとの高い草履、白の長襦袢(ながじゅばん)、金や銀の帯締めをすれば上品で品のある正装になります。

花嫁が主役と思われる結婚式ですが、ゲストは両親の服装もしっかり注目しています。帯や草履にも気を抜かないようにしましょう。

 

男性の親族が着る和装

では、男性の和装はどのようなものなのでしょうか。近年の親族参列者の男性和装は、少ないものの、こだわりを感じます。

男性の和装なら、黒五つ紋付き羽織袴。
羽織の色は、黒で無地の羽二重を選びましょう。袴は、縞織りの仙台平です。雪駄は、白鼻緒を履きましょう。

 

男性の和装の着こなしのポイント

男性の和装を想像してみてください。お腹周りがどっしりとして貫禄を感じますよね。しかし、最近の男性には細身の方も多く、腰回りが細い方も多いでしょう。

腰回りが細めの男性の場合、お腹周りにタオルなどを使います。和装する前に、体系が寸胴に見えるように腰に巻きます。腰周りに巻けば、着崩れ防止にもなりますし貫録も出ます。また、男性の和装も着崩れしやすい衣装ですので紐はしっかりと結びましょう。

また、羽織のサイズも素敵に着こなす重要ポイントです。羽織が大きすぎてしまうと、どてらのようにだらしない印象になってしまいます。

自分のサイズに合わせて羽織を選べば、バランスの良い素敵な着こなしができますよ。そして姿勢をよくすると、父親として堂々としている印象をあたえることもできます。

【男性の和装の着こなしポイント】

・腰が細い人はタオルを巻いて寸胴体型にする

・紐類は、しっかりと丁寧に結ぶ

・羽織はジャストサイズをチョイス

・和装を着たら良い姿勢で過ごす

 

 

親族ファッションあるある!3つのお悩みを解決!

最近は、結婚式の時期や形式に変化が見られます。結婚式のバリエーションが広がったことで、親族は何を着たらよいか難しいところでしょう。

よくある最近の結婚式の傾向にみられるお悩み3つをご紹介します。

 

真夏の結婚式!暑い日に黒留袖で出席するなら?


暑い時期の結婚式の場合、和装は窮屈に感じる方も多いでしょう。汗染みが付いてしまう心配もありますよね。最近は、どんな式場にも冷房が完備されていますが、外で挙式や写真撮影を行う場合もあります。

そんなときは、絽(ろ)素材の黒留袖を選べば安心です。通気性も良く、暑い時期にぴったりですよ。

 

カジュアルウェディングはどうしたらいい?


最近は、結婚式のバリエーションも広がり、形式にとらわれないカジュアルウェディングも多くみられます。カジュアルウェディングは、1.5次会とも呼ばれます。

カジュアルウェディング例
・ゲストハウスなどのガーデンウェディング
・レストランを貸し切った結婚式

この場合、親族はどのようなファッションをするべきなのか悩みますよね。このような場合、親族は準正装が多くみられます。女性はアンサンブルスーツやロングドレス、男性は、ポケットチーフを華やかにしたスーツファッションです。

特に、女性の場合は、黒でまとめたコーディネートにしてしまうと喪服のような印象になりがちです。アクセントカラーの大きなコサージュ、大き目なピアスなどで華やかさをプラスしましょう。

 

両親は、母親が和装なら父親も和装?

多くの結婚式では、新郎新婦の母親は和装が多くみられます。母親側が和装でも父親側が和装でなければいけないということはありません。

実際に、父親はモーニング、母親が黒留袖の組み合わせが圧倒的です。

 

圧倒的に多い父親のモーニングファッション

日本の結婚式は、新郎新婦の父親はモーニングかスーツが一般的です。通常、モーニングは昼間の時間帯の結婚式で着用するのが常識ですが、日本ではどの時間帯でも父親がモーニングをきるパターンが多くみられます。

奥様としては、夫にモーニングをきちんと着こなしたいですよね。モーニングを着る際に注意するべき5つのポイントをご紹介します。

【モーニングの5つのポイント】

1.靴は内羽根であること

2.ポケットチーフはスリーピークス

3.手袋は会場内で外す

4.ベストは黒が一般的

5.ネクタイはアスコットタイかシルバーグレー、白黒のレジメントタイ

 

1.靴は内羽根であること

モーニングに関わらず、正装の際は内羽根(うちばね)です。革靴には、内羽根と外羽根(そとばね)があります。

意外と、内羽根と外羽根の違いがわからない方は多いようです。注目するところは、靴紐辺り。内羽根も外羽根も一見、紐を通して縛ってあるようにみえます。

内羽根は、紐が内側にしまわれ、羽根と甲の部分が一体化しているタイプ。外羽根は、紐が外側に出て、羽根と甲の部分は別々になっているタイプです。

内羽根は、フォーマルに、外羽根はカジュアルな使用になります。

 

2.ポケットチーフはスリーピークス

ポケットチーフは、麻製にものをセレクトしましょう。さし方は、スリーピークスでさしましょう。

スリーピークスとは、3つの角がポケットから並んで見えるさしかたです。フォーマルな場では、一般的にスリーピークスでさします。

特にバージンロードでは、ゲストの横を新婦と歩くのでチーフの形は目立ちます。素敵なチーフでかっこよいお父さんに見られましょう。

 

3.手袋は会場内で外す

時々、結婚式会場で手袋をはめたままのお父さんをみかけます。披露宴中は、手袋は外すのがマナーです。

室内に入る際は、手袋を外しましょう。手袋は、着こなしというよりはよくみられるうっかりポイント。当日は、お父さん側も緊張していますのでご夫婦で覚えておけば万全ですね。

 

4.ベストは黒が一般的

日本では、モーニングのベストは黒が一般的です。西洋では、ベストはグレーが一般的です。黒は、日本では冠婚葬祭の改まった席の色です。

上着とベストは、共生地の黒で白襟をつけるのが婚礼時の着こなしです。

 

5.ネクタイはアスコットタイかシルバーグレー、白黒のレジメントタイ

結婚式では、アスコットタイかシルバーグレー、白黒のレジメントタイをつけます。間違っても黒いネクタイやアニマル柄はNG。黒いネクタイは、弔事用です。アニマル柄は殺生を連想させるのでやめましょう。

アスコットタイは、幅が広い蝉型のネクタイ。よくイギリスの紳士がモーニングに合わせるネクタイです。

シルバーグレーのネクタイなら光沢感があるシルク素材も良いでしょう。華やかなお祝いの席にぴったりです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回、お子さんの結婚が決まったら必要となるファッションをご紹介しました。実際に、筆者が見かけた見落としがちなうっかりマナーも含めてご紹介しました。

人生の大舞台は、誰しもが緊張の連続です。気を付けていてもうっかりミスはあります。事前に、知っておけば準備も万全にできますのでミスも防ぐことができますね。また、よくあることですが、当日母親よりも父親が緊張していることが多くみられます。式当日に「お父さん!チーフ忘れてるわよ」なんて奥様が注意することもよくある話です。

結婚式のファッションは、集合写真で両家に長く残りいろんな人に見られます。マナーのある着こなしでお子さんの結婚を気持ちよくお祝いしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.