結婚式のお呼ばれ服装マナー!5つのNGポイントを知っておこう


結婚式に初めて招待されたけれど、どんな格好で行けば良いか分からない!そんな風に悩んでしまう女性は多いのではないでしょうか。世の中の価値観が多様化され、結婚式のスタイルも様々。結婚式のスタイルによってお呼ばれファッションも違います。中には「これって何を着ていけばいいの?」と悩んでしまう形式もありますよね。
でも、大丈夫。結婚式で失敗しないファッションには、ポイントがあります。ポイントを押さえておけば初めてのお呼ばれでも、呼ばれたことのない形式の結婚式でも大丈夫です。今回は、今どき女子たちの結婚式のお呼ばれファッションマナーをご紹介します。

 

結婚式のお呼ばれファッションやってはいけない5つの基本

結婚式の形態も多様化し、以前より結婚式のファッションマナーは緩くなっていますが、それでも最低限守るべきラインがあります。まずはお呼ばれファッションでやってはいけない5つのNGポイントを見ていきましょう。

 

1:絶対にタブー!花嫁さんの象徴「白色」ドレス


結婚式の主役、花嫁さんといえば、白のウェディングドレス。つまり、「白色」は花嫁さんの象徴なのです。そのため、花嫁さんとかぶってしまう白のドレスは、絶対的にタブーとされています。同様の理由で、ウェディングドレスに合わせて使われる生花の花飾りや、ティアラのような髪飾りも避けたほうが良いでしょう。

そして白以外に気を付けたいのが、明るめのベージュやクリーム系のドレスです。こちらはタブーとは言えませんが、室内のライトの加減や写真撮影で、ドレスが白色に見えることがあります。可能であれば、このような白に近い色も避けたほうが無難です。

 

2:「黒」には注意が必要!


合わせやすい黒のドレスは、ついつい選んでしまう人が多いカラー。結婚式において、黒のドレスはマナー違反ではありません。

ただし、黒のドレスを着る場合は、その他のアイテムに注意する必要があります。黒のドレスに、濃い色の羽織もの&バッグではまるでお葬式です。お祝いの場に、「死」連想させるファッションはふさわしくありません。黒のドレスを選んだら、他のアイテムは、必ず明るい色を選びましょう。

また、黒のストッキングは、「葬」のイベントのためのものです。カラードレスを選んでいたとしても黒のストッキングを身に着けるのはNGです。

 

3:「動物」は敬遠される!


寒い冬場、ついついファー素材のショールなど使いたくなりますが、ファー素材は避けるべきアイテムの一つです。動物の毛皮であるファーは、「殺傷」を連想させてしまいます。

厳密にいえば、神前式でなく教会式や人前式であればファーも問題はないのですが、日本人のゲストが多く集まる場では避けた方が無難は無難です。(これは宗教の考え方の違いで、キリスト教では動物の殺生も容認されていますが、仏教では殺生はいけないものだと考えられているため)

フェイクファーであっても、本物と見分けることは難しい上、食事などに毛が落ちることもあるので、避けることをお勧めします。同様の理由で、動物柄もマナー違反となりますので気を付けて下さいね。

 

4:二人の幸せを願うなら「別れ」を暗示しないこと!


二色に分かれているデザインをバイカラーといいますが、バイカラーは「別れ」を連想させるもののひとつです。そこまで気にしなくても…という風潮もあり、最近ではバイカラーのドレスを結婚式用に勧めてくるお店もありますが、ワンカラーのドレスを選ぶ方が無難ですよ。考え方は人それぞれなので…^^;

あまりないとは思いますが、式場でハサミのように「切る」ものも使用しないで下さいね。

 

5:若くても露出しすぎはNG!


普段であれば、ミニスカート、ノースリーブなどの露出は、20代であれば全く問題ないでしょう。ただし、結婚式の場ではあまり歓迎されません。
スカート丈は膝丈、もっと言うと膝下がベスト。昼の結婚式では、袖のないワンピース、ドレスを着る場合、必ずボレロ、ショールなどの羽織りもので肩を隠しましょう。夜の結婚式では、ノースリーブでも問題ないのですが、夜風が会場の空調が冷たかったりすることもあるので、ショールなどを持ち歩くことをお勧めします。

 

挙式のスタイルによってお呼ばれファッションも変わる!?

今どきの挙式スタイルは主に3つに分けられます。

・神前式
・教会式
・人前式

では、それぞれの挙式スタイルにふさわしいお呼ばれファッションはどんなものなのでしょうか。

 

神前式は神社であげる式!和装じゃなくてもOK


神前式は、式場内の神殿または神社で行う挙式のこと。芸能人では、沢尻エリカさんや関根麻里さんなどが挙げたスタイルです。
基本的には親族のみで行うものですが、最近はゲストとしてお呼ばれされることもあります。ここでのポイントは、足元。本殿に上がることが多い神前式。素足は厳禁です。特にストッキングの穴は見落としがち。事前にチェックしておきましょう。

神前式のお呼ばれファッションは、和装でも洋装でもOK。とくに和装で参加するなら雰囲気もぴったりですね。あなたが未婚なら派手になり過ぎない振袖。訪問着、色無地なら未婚・既婚を問いません。ただし白、赤、黒の着物は避けましょう。
白は、白無垢で花嫁さんが着る色です。赤や黒も打掛で使われやすい色です。花嫁さんと色がかぶらないように気を付けましょう。

 

教会式なら羽織りものを持っていこう


教会式(キリスト教式)は、結婚式場内のチャペルや教会で行います。結婚式というと、この教会式を想像する方が多いのではないでしょうか。バージンロードの先に十字架が飾られ、親族や友人が参列し、誓約や指輪の交換を行う式です。

教会式では、肌の露出はNG。ノースリーブのワンピースもできれば避けたほうが良いでしょう。ノースリーブのお呼ばれ服しか持っていないのであれば、ストールや羽織りを持っていきましょう。もちろんウェディングドレスの色と同じ白いドレスやワンピースは、花嫁さんの色なのでNG。淡い色を選びたいのであれば、濃いめのベージュを選びましょう。薄いベージュのドレスしかないなら、濃い色の羽織り物を取り入れると良いですよ。

 

人気の人前式の場合は新婦に聞いてみるのがベター


人前式は、宗教色のない挙式スタイルです。参列するゲストたちが立会人となり愛を誓う式です。新郎新婦のオリジナル演出で進行する場合が多く、レストランのガーデンという場合もあります。

このような場合、新婦に確認してみましょう。挙式場所や演出によっては「外に出るから、長袖のファッションが良い」、「着物よりワンピースで来る人が多いよ」という場合も。海沿いの挙式の場合、「砂浜にできるからローヒールの靴で着たほうが良い」というパターンもあります。

 

人前式によくある「平服」って何をきていけばいいの?

アットホームで、ゲストたちに楽しんでもらう結婚式新郎新婦。ファッションは「平服でお越しください」という場合もあります。「平服」といってもデニムやTシャツではありません。

平服のイメージは、キレイめな上品コーデ。女子アナコーデと言ったほうが、イメージは近いかもしれませんね。ただし、白いブラウスや白いスカートなどは花嫁さんの「白」とかぶってしまうので厳禁です。

 

友人代表になっちゃった!好印象のお呼ばれファッションのコツ


結婚式のお呼ばれファッションで大切なのは、自分がどんな立場でよばれているかを見極めること。主賓としていくのか、会社の先輩としていくのか、友人としていくのかなど、お呼ばれの立場は様々。特に難しいのは「友人代表のスピーチ」を頼まれている場合のファッション。
どうせなら新婦から「あなたを選んで良かった」と思ってもらいたいですよね。友人代表の場合、フォーマル度をワンランクあげましょう。ヘアセットを自分で行うのではなく美容室でやってもらったり、ワンピースにコサージュをつけたりするのも良いでしょう。

カジュアルな式の場合でも、新郎新婦の親族や年配の参列者もいることも考えられます。友人代表となれば、当然とても親しい友人だと周囲は思います。友人代表の身なりで、新婦のイメージが決まってしまうことも。年配の方や親族などに好印象をのこせる雰囲気に合った装いを心がけましょう。

 

気を抜きがちなアクセサリー&小物のおすすめは?


じつは小物やアクセサリー選びにもマナーがあります。ルールやマナーにうんざりしてしまいがちですが、コツを掴めば大きなマナー違反にはなりません。

 

万能なのはパールのアクセサリー

主役は花嫁さんなので、キラキラ光るアクセサリーは避けたほうが良いでしょう。光を抑えたパールやシルバーのアクセサリーなら間違いありません。「パールなんて、高くて買えない」という人にはコットンパールがおすすめ。リーズナブルで、本物のパールより軽いのでつけていても苦になりません。式が夜ならキラキラしたものもOKといわれますが、やりすぎず上品にまとめたほうが良いでしょう。

また、大きく揺れるピアスやイヤリングは「家庭が揺れる」というイメージがあるため、避けた方が無難です。腕時計も時間を気にしている印象を与えるので、式場では外しましょう。

 

バッグは小ぶりが正解!素材でおしゃれに見せる

上品な素材でできた小さめのパーティーバッグが基本です。派手すぎなければ光沢や飾りのある物でも問題ありません。「引き出物で荷物が増えるから…」と大きなバッグを持っていくのは避けましょう。小ぶりなバッグの中に折りたためるセカンドバックを持つか、クロークに預けておくと良いですよ。

バッグも、殺生のイメージがある革素材やヒョウ柄は避け、サテンやビーズなどでおしゃれ度をアップさせましょう。

 

ショール・上着はシフォン素材やレースで上品に

「ちょっと着るだけだから」と準備するショールやボレロは、意外に周囲から見られています。ショールやボレロは、一度着ると式の流れで脱ぐ機会がなく、そのまま着続けることが多いアイテム。なので、ショールやボレロ選びは、慎重に行いましょう。

ゴージャスでおしゃれにみえるファー素材はバッグと同じく殺生を連想させ、正装ではありません。肩部分のみファー素材のボレロも、一部だけのファーとはいえマナー違反だと思う方も多いので避けましょう。選ぶのであれば、やわらかい印象のシフォン素材やレースなどがおすすめです。

 

お呼ばれ靴は、つま先まで気を抜かない!

結婚式は、やはりフォーマルな場所です。そのため、靴にも正装を意識することが大事です。女性の靴は、爪先の空いていないパンプスが正装とされています。妊娠中などの特別な場合を除き、ヒールが細く、ヒール丈が3cm以上のものが好ましいとされています。

足先やかかとがでるミュール、サンダル、足全体を覆うブーツなどは、フォーマルさのかけらもないので避けましょう。正装のパンプス、オープントゥでも爪先の空きが少ないものを選ぶようにしましょう。

 

冬のお呼ばれは寒い!タイツはだめ?

挙式の日が真冬だと、参列者はマナーのあるファッション+防寒対策をしなくてはなりませんね。多くの女性が、やりがちな黒いタイツはマナーとしてはNG。柄物タイツや、カラータイツ、網タイツもNG。お呼ばれの足元の基本は、肌色ストッキングです。

しかし、真冬の寒い時期は、タイツで参列する人もみかけます。タイツで防寒しようか迷った場合、ちょっとした小技があります。それは、ストッキングの上にタイツを履くことです。周囲の参列者の足元をチェックして、「タイツだと、一人でういてしまいそう」と判断したらトイレや更衣室で脱いでしまいましょう。また、ストッキングが伝線したときに備え、予備を準備しておくと安心です。

 

ネイルはシンプル&エレガントに

淡いオレンジやピンク・ベージュ・クリアといった上品なカラーでシンプルなデザインにしましょう。派手なデザインや黒・紺など暗めの単色、花嫁のイメージと被るような白系、お花やリボンをあしらったデザインは避けた方が無難です。また、親族として参列する場合は、ネイルを控えた方がベターです。

 

ヘアスタイルも目立ちすぎに注意

結婚式にお呼ばれしたときの髪型は、ドレスに合わせてフォーマルに整えるのがマナーです。アップスタイルもしくはハーフアップスタイルにまとめましょう。花などがモチーフの大きな髪飾りや生花、キラキラのティアラなど花嫁と被るようなものは避けましょう。

 

結構見られている!招待状の返事の書き方マナー


お呼ばれファッションのマナーについて見てきましたが、以外に気を遣うのが招待状です。じつは返事の仕方にもマナーがあります。初めて招待状の返事をする方のためにこちらのマナーもご紹介します。

返事はいつ出す?

友達同士だと、事前に○月○日に結婚式するから是非、招待させてね!また案内を送るね!なんて言われたことはありませんか?お誘いを受けた時点で参列を承諾したかもしれませんが、招待状が届いたら、速やかに返信をしましょう。基本的には、1週間以内に返信するのがマナーです。

返事が早ければ早いほど、「すぐに返信してくれた!嬉しい!」と思い、あなたの結婚を祝う気持ちが相手に伝わるでしょう。また、仕事などの都合ですぐに返事ができない場合はその旨を相手に伝えると共に、「いつ頃には返事ができる」ということを必ず連絡しましょう。

 

出席・欠席はどう書けばいい?

出欠は、「御出席」「御欠席」と印字されていることが多いはずです。「御」という字は相手方からみた先方(招待客)に対しての尊敬語で、「来ていただけますでしょうか?」と言う意味になります。

御出席に丸印をつけてしまうと、「行ってやろう」という上から目線の言葉になってしまいますので、出欠の回答に対して、まず「御」の字を二重斜め線で消し「出席」ないし「欠席」に丸印をします。その後、丸印に該当しないものを二重線で消します。(出席する場合は、欠席を二重線で消す)

出席する場合は、出席の文字の右側に「御結婚おめでとうございます」と書き、そして「出席」に繋がるように、出席の右上に「喜んで(慶んで)」と記入し、続けて「出席」の下に「させていただきます」という謙遜の言葉を書きます。このとき、「。」を付けないこともポイントです。ピリオド=終わりを意味するものなので、避けましょう。

このようにすることで、先方に「あなたの結婚がとても嬉しく、是非出席させてもらいたいです!お祝いしたいです!」と伝えていることになります。

一方、欠席の場合は謝罪と欠席理由も記入しましょう。

欠席の下に記入しますが、やはり「御結婚おめでとうございます」という言葉を必ず記入し、仕事都合であれば「大変残念ですが仕事都合のため欠席させていただきます」と記入します。
また、病気や弔事のために欠席する場合などでは、相手方はお祝い事なのですからその内容を知らせる必要はないので「仕事の都合」ないし「あいにく先約が御座いますので欠席させていただきます」と記入するようにしましょう。

近年、「御」だけ消して出席に丸印のみする方も多く見られますが、返信を受け取って「あ、この子マナーを知らないんだな」と思われてしまいますから、気をつけましょう。私自身、結婚式の招待状の返信が中々来ないことで困ったり、メッセージなどがないと寂しい印象を感じたりしたので、招待状から祝う気持ちを前面に出していくことが相手方にも気持ちの良い対応だと思います。

まとめ


いかがでしたか?楽しみな結婚式、張り切っておしゃれをして参加したくなりますよね。しかし、参列者の中で本当におしゃれな人は、悪目立ちしないファッションができる人のことです。新婦にとって結婚式の思い出は、ずっと記憶に残ります。
時が経っても、「あの人はちゃんとしたファッションで来てくれたな」と思われるマナーのあるファッションコーデを心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter で

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.