和歌山旅行で外せない!人気のおみやげオススメ10選


和歌山県には、世界遺産の「熊野古道」や、パンダで有名な「アドベンチャーワールド」、夜のイルミネーションが美しい「白浜エリア」、迫力満点のマグロ解体ショーが話題を呼んでいる「とれとれ市場」など、観光名所がいっぱい。そんな見どころあふれる和歌山県ですが、魅力的なおみやげも多いのはご存知でしょうか。

そこで今回は、「和歌山旅行のおみやげには外せない!」というオススメの商品をご紹介します!ご自宅用、職場などの配布用に合ったものをそれぞれご用意したので、用途に合わせて選んでくださいね。

 

和歌山でおすすめのおみやげ10選

早和果樹園 てまりみかん

画像引用元:早和果樹園

和歌山を代表するフルーツといえば、やっぱりみかんですよね。ちいさめのみかんをシロップ漬けにした「てまりみかん」は、やわらかい果肉が口の中でとろける絶品。甘さ控えめなので、いくらでもパクパク食べられます。

使用されているのは、すべて有田みかんの3Sサイズ。本来なら小さすぎて市場には出回らないのですが、甘みが凝縮されてすごくおいしいんです。そんな一般では手に入れることができない3Sサイズのものを、丸ごと贅沢に瓶詰めしています。

この「てまりみかん」は、わかやま歴史博物館の「和歌山市観光土産品センター」で販売されています。南海和歌山市駅またはJR和歌山駅から出ているバスに乗り、「市役所前」で下車してすぐのところにあります。

 

串本儀平 芦雪もなか

画像引用元:串本儀平

串本儀平は、「甘さをおさえた餡」にこだわっている和菓子屋さんです。看板商品の「芦雪もなか」は、そんなこだわりの粒あんがぎゅっと詰まった一品。サクっと歯ごたえのよい皮と相性ぴったりの餡を、ぜひ堪能してみてください。

「和歌山Walker 」や「まっぷる 南紀 伊勢・志摩 高野山」など、数々の雑誌に取り上げられたことでも話題になりました。また、優れた県産品である証の「プレミア和歌山」にも選ばれています。

串本町にある直営店のほか、JR和歌山駅近くの近鉄百貨店和歌山店で購入することができます。串本町は和歌山県の南部に位置するため、北部へ旅行する際は近鉄百貨店での購入が便利です。

 

丸新本家 金山寺味噌

画像引用元:丸新本家

750年も受け継がれている伝統製法で作られた、自然発酵のおかず味噌です。米や大豆だけでなく、なす、ショウガ、しそ、瓜が入っているため、ご飯や豆腐にのせるだけでおいしく食べられます。お酒のあてや、チーズに添えて食べるのもおすすめですよ。

有田郡湯浅町にある湯浅本店は、蔵見学ができるほどの大型店。名物のしょうゆソフトクリームも絶品なので、滞在中にぜひ本店へ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。本店まで行く時間がとれない方は、観光名所である「とれとれ市場 南紀白浜店」で金山寺味噌をゲットしましょう!

 

酒直 宝梅 紀のなごみ

画像引用元:酒直

和歌山県は、日本一の梅の産地で知られています。なかでも、和歌山県みなべ町で育てられた南高梅(なんこううめ)は、皮がスリムで果肉が厚いという特徴をもっています。

酒直が取り扱う「宝梅紀のなごみ」は、南高梅の美味しさをより引き出す「二度漬け」をすることで、味をしっかり熟成させています。1粒1粒丁寧に梱包されているので、高級感も感じさせられますね。

和歌山城内にある「和歌山市観光土産物センター」や「黒潮市場」、「アドベンチャーワールド」などの観光名所で購入できます。ホテル内のおみやげコーナーに並んでいるケースもあるので、宿泊先でチェックしてみてくださいね。

 

総本家駿河屋 かすていら

画像引用元:総本家駿河屋

紀州の「うめたまご」を使用して、職人さんがじっくり焼き上げた味わい深いカステラです。底に敷かれたザラメが、ほどよい甘さを演出しています。すでに10等分されているのでカットする手間がなく、手土産にも向いています。

味は、シンプルな甘みのある「ザラメ」と、女性に人気のある「抹茶味」の2種類。両方の味が楽しめる、1本ずつセットになった商品もありますよ。

和歌山市駿河町にある本舗のほか、岩出店、海南店などで購入できます。近鉄百貨店でも取り扱っているので、電車で来店される方はそちらもご利用ください。

 

柏木製麺所 和歌山ラーメン

画像引用元:柏木製麺所

ラーメン通の方なら、一度は「和歌山ラーメン」の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。和歌山県北部を中心に愛されるご当地ラーメンで、独自の味わいには定評があります。

その和歌山ラーメンをおみやげにして、自宅で堪能してもらうのはいかがでしょうか。柏木製麺所の「和歌山ラーメン」シリーズは、和歌山県推薦優良土産品にも選ばれた実力の持ち主。温度変化の少ない和歌山の地下水を使用できるよう、工場を移転させたこだわりにも注目です。

定番の「とんこつ醤油味」と、ラーメン通には堪らない「湯浅醤油入り車庫前系醤油味」の2種類に加え、異なる4つの味を楽しめる「和歌山ラーメン物語」が販売されています。和歌山市松島にある工場直売所のほか、各おみやげ屋さんで購入することができますよ。

 

港屋 柚もなか

画像引用元:港屋

昭和10年に創業した「港屋」を代表する和菓子、「柚もなか」。港屋では、「柚子」のことを「柚」の一文字で表すそうです。第16回全国菓子大博覧会では、名誉副総裁賞を受賞した経歴ももっていますよ。

和歌山県南部の澄み切った空気の中で育った柚子は、味も香りも抜群。そんな柚子の皮をミンチ状にし、白あんにたっぷり練り込んで作られています。もち粉は国産100%で、人工香料は使用しないこだわりまで。天然の柚子の香りを堪能してくださいね。

6個入りから42個入りまで、幅広いラインナップが揃っています。とれとれ市場など、観光名所のおみやげ屋さんで取り扱っています。

 

JA紀南 川添茶

画像引用元:梅のヤマイチ

白浜町市鹿野地区で生産されている「川添茶」は、上級煎茶として有名な高級茶です。品のよい香りと旨味があり、まろやかな味わいが特徴的。霧が深いこと、そして昼夜の気温差が大きいことにより、お茶のおいしさが引き締まっています。

西牟婁郡白浜町にある「梅のヤマイチ ヤマイチ本店」をはじめ、各おみやげショップで取り扱われています。上品なパッケージのものが多いので、目上の方へのおみやげにも最適です。

 

福菱 かげろう

画像引用元:福菱

まるで陽炎(かげろう)のように儚い、というイメージから名付けられた和菓子です。ふわふわで柔らかい生地が、口のなかで優しく広がります。どの世代からも愛されている、和歌山の定番のおみやげと言えるでしょう。

その日の気温や湿度を考慮し、熟練の職人が真剣に生地を練って焼き上げることで、かげろう独自の食感を生み出しています。「プレミア和歌山」や「優良土産品」に認定されるなど、数々の賞を受賞していることでも知られるようになりました。

内容量は、2個入りから45個入りまで幅広く取り揃えられています。また、白浜町にある本店だけでなく、「白浜エネルギーランド」「黒潮市場」「アドベンチャーワールド」の中でも購入できます。関西空港の「アプローズ」でも販売しているので、飛行機で帰る際に入手することも可能ですよ。

 

しらす屋 前福 釜揚げしらす

画像引用元:しらす屋 前福

湯浅湾で水揚げされた新鮮なしらすを、獲れたその日のうちに釜ゆでしたものです。使用している塩は、赤穂の天然塩。しらす本来の味を引き出せるよう、保存料や着色料などは一切加えていません。

大きさなどによってランクが異なるのですが、ご家庭用の商品なら値段も抑えられているため、おみやげにぴったり。おみやげに配るものは150gのものを、自宅用には大きい500gサイズを購入するのもいいですね。

有田郡湯浅町での実店舗で販売されています。日曜日は定休日なので、訪れる際はご注意ください。

 

 

まとめ


みかん、しらす、梅など、和歌山を代表する食材がこんなにあるなんて驚きですね。工場や生産地まで行かなくても、観光施設のおみやげ屋さんで販売されていることが多いので、旅行中にチェックしてみてください。

和歌山県外のサービスエリアや空港などでも、関西圏内のものを取り扱っていることがあります。和歌山旅行の思い出話に花を咲かせながら、おみやげを堪能してくださいね。

関連記事

西日本のサービスエリアで買った絶品おみやげ7選!【関西・中国・九州地方】

車で旅行するときの醍醐味といえばサービスエリア!新幹線や飛行機と違って、行く先々で気軽に立ち寄れるのが良いですよね。今回は、西日本の高速道路を横断し各地のサービスエリアへ立ち寄ってきた中で、オススメの ...

続きを見る

 

ライタープロフィール

Written by : ゆずぽんず
一児の母兼フリーライター。人生で初めてパンダを見たのは、アドベンチャーワールド。自分用に買った「かげろう」にハマってしまい、職場用に買った分までたいらげたことも。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.