和歌山県のお花見スポット【地図付き】和歌山で桜が綺麗な場所はココ!


海や山に囲まれ、自然豊かな和歌山県。あまり桜のイメージはないかもしれませんが、実は各地に桜の名所があるんです。

今回は、そのなかでもあまり知られていないお花見スポットをご紹介!これを読んだあなたは、「あそこに桜があったの?」「和歌山にもこんなに桜が咲いてるの?」と驚くことでしょう!

 

和歌山県のお花見スポット

道成寺

画像引用元:道成寺

日高郡日高川町にある「道成寺」は、大宝元年(701年)に建立された、和歌山県に現存している最古のお寺。石段を上った右側には、「鐘楼跡」もあります。

ここでは、ソメイヨシノ、ボタンザクラ、シダレザクラ、ヤエザクラといった桜が見られます。種類によって開花時期が少しずつづれていているので、長い期間にわたって楽しむことができますよ。

JR道成寺駅から歩いて7分ほど。駐車場もあります。なお、大人(中学生以上)600円、小学生300円の拝観料が必要です。

 

長保寺

引用元:長保寺

海南市下津町上にある長保寺は、花の寺としても知られています。境内には迫力ある桜の大樹が存在し、見ごたえもたっぷり。

3月下旬~4月上旬にかけて、約400本の桜が咲きだします。桜以外に、ボタンやアジサイなども植えられていますよ。

加茂郷駅からタクシーで10分、もしくは阪和高速道路の海南ICから15分ほど。なお、拝観料として300円必要です。

 

熊野那智大社

画像引用元:熊野那智大社

ちょっと変わった桜を堪能したい方は、東牟婁郡那智勝浦町にある「熊野那智大社」がおすすめ。この境内に咲くシダレザクラやヤエザクラなどは、ほかの場所の桜よりも小さめで白っぽくいと言われています。そのため、可愛らしく上品な雰囲気が漂ってるのです。

とくに有名なのは、ヤマザクラの名木である「秀衡桜」。奥州の参拝客によって植えられたと伝えられており、白い雲がサッと広がったように花が咲きます。

一般的なピンクの桜とは異なった、また別の趣を楽しめます。「秀衡桜」は4月中旬~下旬が見頃となるため、お花見のタイミングを逃した方にもぴったり。

紀伊勝浦駅から熊野交通バスで約30分、タクシーなら20分で着きます。神社駐車場が30台分ありますが、神社防災道路通行料800円が必要です。

 

紀三井寺

「早めにお花見をしたい」という方は、関西で最も早咲きと言われる「紀三井寺」がおすすめ。こちらの本堂前には、和歌山地方気象台指定の標本木(ソメイヨシノ)があります。この木が開花宣言の基準となるため、「近畿地方に春を呼ぶ寺」とも呼ばれているのです。

また、紀三井寺が名草山の中腹にあるところもポイント。桜越しに広がる、和歌浦湾の景色を楽しむことができるんです。

電車なら、JR紀三井寺駅から徒歩で約10分。車なら、阪和道和歌山ICから約20分です。駐車場料金は300円。また、参拝料が大人200円、子供 100円必要です。

 

河西緩衝緑地公園

画像引用元:河西緩衝緑地公園

とにかく人混みを避けたい方は、和歌山市松江字にある「河西緩衝緑地公園」を訪れてみましょう。ここは5つの緑地公園から成り立っていて、その総面積はなんと519,382㎡にも及びます!そして、敷地内には多くの草花が咲き誇り、春になるとあちこちで桜が見られます。

とにかく広いので、芝生広場や子ども広場、ジョギングコースなどの施設も豊富!桜を見ながら歩いたり、お子さんと思いっきり遊ぶのもいいですね。

わりと穴場的な存在なので、激しい場所取り合戦も避けられます。バーベキュー禁止なので、周囲が騒がしすぎることもありません。まったりとお花見をしたい時に最適です!

5つの緑地公園のうち4か所は、南海電鉄・加太線の各駅から徒歩圏内です。河西公園なら、西ノ庄駅から徒歩10分。西松江緑地は、八幡前駅から徒歩15分。湊緑地のみ、和歌山バスの土入橋で下車となります。

 

丸山公園

画像引用元:橋本市ホームページ

橋本市古佐田にある丸山公園は、地元の方から愛されている憩いの場。公園内には、5世紀末~6世紀初頭に作られたと考えられている陵山古墳があります。

4月になると、約200本ものソメイヨシノなどが一斉に咲きだします。芝生もあるので、家族連れでのお花見にもぴったり。すべり台やブランコなどの遊具だけでなく、猿の飼育小屋まであります。

JR橋本駅から徒歩15分ほどで着きます。お手洗いもありますよ。

 

亀池公園

画像引用元:海南市ホームページ

江戸時代に完成した、周囲約4kmの灌漑用池がある亀池公園。池の周りには、約2000本もの桜が植えられています。花見シーズンは多くの花見客が来るものの、敷地が広いぶん窮屈感はありません。

17時からはライトアップもされ、昼間とはまた違った景色が楽しめます。池の周りをぐるっと歩きつつ、桜の美しさを堪能してください。

JR紀勢本線の海南駅から、大十オレンジバス登山口行きで15分。亀池公園で下車し、徒歩5分で到着します。

車なら、阪和自動車道の海南東ICから3kmほど。無料の駐車場はありますが、30台のみとなっています。

 

広川ダム公園

画像引用元:広川町役場

たくさんのソメイヨシノを見たい方は、有田郡広川町にある「広川ダム公園」がおすすめです。こちらに植えられている桜の木は、なんと1000本!

夜になると、公園一帯の提灯が点灯し、湖面に映り出されます。桜はもちろん、この景色もなんとも幻想的。ぜひ、日が暮れる時間まで待ってみてください。

駅からの距離がかなりあるため、車での来場がいいでしょう。JR広川ビーチ駅、もしくは湯浅駅から車で30分。湯浅御坊道路広川ICからだと、車で20分ほどです。


 

七川ダム湖畔

ピクニック気分でお花見をしたい方は、東牟婁郡古座川町にある「七川ダム」の湖畔に行ってみましょう。およそ5kmにわたって、ソメイヨシノが約3000本も立ち並んでいます。

ダム湖にかかっている赤色の「今津橋」が、ピンク色の桜と上手くマッチ。写真スポットとしても最適です。

桜のシーズンには、「七川湖畔の桜まつり」も開催されます。提灯の灯りに包まれた会場は、素敵な雰囲気が漂っていますよ。

アクセスは、和深駅から車で約30分。無料の駐車場(50台)があります。

森林公園 雨の森

海南市山田字大明神にある「森林公園 雨の森」は、海南市を一望できるだけでなく、四国や淡路島も見渡せる高台。ここでは、ソメイヨシノやヤマザクラ、オオシマザクラ、ボタンザクラといった複数の桜が楽しめます。

ちなみに、和歌山の朝日・夕日百選に選ばれていることでも知られています。ぜひ、お花見と一緒にチェックしてみてくださいね。なお、標高がやや高いため、開花時期は遅めになる傾向があります。

JR阪和線の海南駅から、リンカンコミュニティバスで15分。もしくは、阪和自動車道海南東ICから車で25分です。

 

まとめ

咲いている桜の種類や本数は、場所によってさまざま。「どこにしようか迷ってしまう」という方は、「多くの桜が咲く場所がいい」「名木を一目見たい」など目的を絞ってみてはいかがでしょうか。

時期をずらして、「早く行って桃と一緒に」「あえて遅めの空いたころを狙って」と調整するのも手。今年の春は、お花見で癒されちゃいましょう!

 

ライタープロフィール

Written by : ゆずぽんず
一児の母兼フリーライター「河西緩衝緑地公園」を訪れた際、あまりの広さにびっくり!想像の数倍でした…。歩きなれた靴で行くのがおすすめです!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.