卵かけご飯におすすめ♪簡単・美味しいTKGトッピング10選


日本人の朝ごはんの定番である卵かけごはん。

濃厚な黄身とご飯が混ざり合うことで、なんともいえない旨味が広がります。

そんな卵かけごはんですが、日々進化を遂げており様々なトッピングが生み出されています。

今回は、そんな卵かけごはんにぴったりなトッピングおすすめ10選をご紹介します。そのトッピングに合う調味料も併せてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

 

卵かけごはんに合うトッピング10選

1、ネギ


ネギは卵かけごはんのトッピングの王道です。

卵かけごはん以外も相性の良いものが多いネギは、必ずストックしておきたい食材の一つです。

さわやかな風味と辛みで食材をさっぱりさせる効果があります。

当然卵かけごはんにもぴったりで、ネギのパンチが強いので味の濃い醤油などがおすすめです。

濃い口しょうゆがや、出汁醤油がおすすめです。

 

2、天かす


たぬきそばに乗っている、天かすです。

卵かけごはんのイメージはないかもしれませんね。しかし、この天かすが良く合います。

たくさん入れすぎてしまうと脂っこく感じてしまうので、一つかみ程度で十分です。

油のコクが、卵かけごはんの味の深みを増幅させます。

その時に合わせたいのが、めんつゆです。

天かすはコクは多い食材ではあるものの、味は薄いものです。

そのため、天かすの卵かけごはんに合わせるのも出汁の利いためんつゆがおすすめです。

めんつゆ自体もあまり多く入れず、あくまでも風味づけ程度にしましょう。

その方が天かすの風味が立ち、おいしく感じます。

 

3、あおさ


あおさも卵かけごはんに合う食材の一つです。

お好み焼きやたこ焼きを自宅で楽しんだ後に余っていることはありませんか?

冷蔵庫の隅で眠らせてしまいがちのあおさですが、実は卵かけごはんにぴったりなのです。

眠らせておくにはもったいない食材です。

海苔の風味が卵かけごはんをさっぱりとしたものに変えてくれます。

朝起きてすぐでもするすると食べることが出来ます。

2つめに紹介させていただいた、天かすと合わせても良いですね。

おすすめはやはりめんつゆです。出汁の風味とめんつゆの塩気があおさにぴったりです。

 

4、なめたけ


なめたけもまた卵かけご飯と相性ピッタリです。

あまり知っている人も少ないのではないでしょうか?なめたけは味が濃い目につけてあるものなので、他の調味料での味付けが不要です。

卵もなめたけもとろみがあるものなので、簡単に混ざります。

なめたけのつけ汁にはたくさんの出汁が使用されています。

なめたけを卵かけごはんに入れることで、とろみが増し、風味が豊かになるので、簡単に喉を通っていきます。

 

5、明太子


美味しくないわけがない組み合わせです。

明太子のプチプチとした触感と辛みが、穏やかなはずの卵かけごはんに刺激をもたらします。

黄色に赤という色合いも食欲をそそります。

辛いのが苦手な人はたらこで試してみても良いでしょう。

卵も明太子も、卵という点では同じなので相性は抜群です。

味付けも特に必要ありません。明太子についている味で十分においしく食べることが出来ます。

 

6、塩昆布


塩昆布もお勧めの食材の一つです。

塩昆布の持つ塩気が卵の味と合わさって丁度良く、ご飯が進みます。

塩昆布のコリコリとした触感も、良いアクセントになります。

塩気が足りないなと感じる方は、塩で調整しましょう。

ごま油を少したらしても美味しいので、是非試してみてください。

 

7、食べるラー油


少し前に大流行した、食べるラー油です。野菜やお肉だけでなく卵かけごはんにもぴったりです。

刻まれたにんにくの触感と絶妙な辛みが食欲をそそります。

卵はかなりマイルドなものなので、アクセントとしてバッチリです。

辛い物が好きな方におすすめです。

味が濃いものではないので、物足りない方は、醤油を少し足しても美味しいです。

 

8、バター


バターもまた卵かけごはんにピッタリです。

固形のまま(チューブタイプであれば1cm程度)をご飯の上に乗せます。

ご飯の熱でバターが解けたら、卵を落としましょう。

塩気が足りないと感じるかと思いますので、お醤油をたらします。

たったこれだけですが、バターのコクがプラスされ、お店で食べるような高級な卵かけごはんになります。

カロリーは高めですが、おいしいものを食べたいという時にオススメです。

 

9、しらす


釜揚げしらすも卵かけごはんによく合います。

ほんのりとした優しい塩気と甘さが卵かけごはんをよりおいしくしてくれます。

触感も良く、卵かけご飯というよりは、しらす生卵丼のような印象になります。

しらすが乗ることで豪華な卵かけごはんになります。

ネギや海苔などを合わせても美味しいですよ。

是非試してみてください。

 

10、納豆


卵かけごはんのトッピングの王様は納豆です。

納豆はこのために生まれたのではないかと思うほど、卵かけごはんによく合います。

人によっては、ネギや海苔、あおさをトッピングする人も多いです。

納豆の癖を卵がまろやかにしてくれるので、納豆は苦手でも、生卵と一緒なら好物だという人も多いようです。

卵を生卵ではなく、温泉卵にして合わせても絶品です。

卵かけごはんには、大粒よりも小粒やひき割りの方がよく合います。

調味料は醤油でもめんつゆでも美味しいですが、おすすめは白だしです。

出汁の風味が強いので、さっぱりと食べられるのでおすすめです。

 

まとめ


いかがでしたか?卵かけごはんのトッピングだけでこんなに種類があるのです。

さらに卵は意外と日持ちするので、冷蔵庫にストックしておける貴重な食材です。

卵は高たんぱくで栄養満点です。朝ごはんとして食べていけば一日元気に活動できます。

生卵とご飯を絡めることで、お茶漬けのようにさらさらと食べることが出来ます。

毎日卵だけでは飽きてしまうかもしれないので、トッピングで変化をつけてみましょう。

上記でご紹介したトッピングを複数使用してオリジナルを研究してみても面白いかもしれませんね。

トッピング次第で全く別の食べ物のように感じることが出来るのでおすすめですよ。

 

ライタープロフィール

Written by : なっちゃん
幼少期から卵かけごはんが大好き。一週間毎日卵かけご飯でも良いと思える程の大好物です。日々卵かけごはんに合うトッピングの研究を重ねています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.