発送が1年待ち( ゚Д゚)話題の鮭キムチをつくってみた!


Sma STATION!!で紹介され、中居くんが「おいしい!」と大絶賛していた『くにをの鮭キムチ』。お取り寄せして食べてみようと思ったら、なんと1年待ち!!そんなに待てない、だけどどうしても食べたい!ということで、自分で作ってみました(^^)
なにせ食べたことがないので完全に自己流ですが、おいしかったのでレシピを紹介します♪

鮭キムチ*材料

鮭 100g
大根 1/4本
長ネギ 1/2本
キュウリ 1本
にんじん 1/2本
キムチの素 大さじ4
塩 小さじ1
めんつゆ

★は必要なもの、☆は入れても入れなくてもどっちでもいいもの

本家の鮭キムチには大根と長ネギが入っているみたいですが、キュウリとにんじんも入れたらおいしかろうと思い投入!とくに夏場はキュウリの爽やかさが最高です(^^)d

鮭キムチ*つくり方

①大根・キュウリ・にんじんを細切り
(千切り)にする

大きさはお好みで♪
カクテキみたいに太めに切ってもおいしいです。細めに切ると味の染み込みが早いので時間がないときにオススメ。

②↑①で切った野菜に塩をもみこむ

塩はだいたい小さじ1杯程度が目安です。
塩をもみこんだら30分~1時間程度おきます。

③鮭とネギに下味をつける

これはやってもやらなくても、お好みで大丈夫です。私は下味が付いてるほうが好きなのでやってみました。といっても、めんつゆに浸しただけ(笑)

もちろん醤油・砂糖・みりん・だしでもOKです。
こちらも30分程度おきます。

④野菜の水気をしぼる

②の野菜の水をすて、キッチンペーパーなどに包んで水気をとります。

↑こんな感じで結構な水がたまります

水気が多いとキムチの味が薄くなってしまうので、きつめにしぼって大丈夫です。

⑤キムチの素をもみこむ

③の鮭・ネギと④の野菜にキムチの素をもみこみます。

軽く混ぜ合わせるくらいでOK!
30分程度おいて食べられますが、一晩寝かせるとさらにおいしくなります♪

ちなみに私は桃屋のキムチの素を使いました。

 

完成!

お皿に盛りつけて出来上がり!
居酒屋のお通しで出てきそうな1品に仕上がりました(^^)

自己流鮭キムチの評判

自称『全国キムチ協会東日本支部(書記)』だと言い張るほどキムチ好きな夫は、おいしいおいしいと言って白飯3杯くらい食べていました。野菜のシャキシャキと鮭の柔らかさが気に入ったらしいです。しかし、なぜ書記?笑

職場でもおすそわけ。おいしいと言ってもらえましたが、『鮭じゃなくても良いよね』との声も。
た、確かに!笑
イカ、タコあたりもおいしいと思います。肉を入れてもいいのでは。←もはや豚キム

焼いてみた鮭キムチ

本家の鮭キムチはどうやら焼いてあるようなので、焼いたバージョンもつくってみました。

少しボソボソするので、個人的には生の方が好きです(^^;)もし焼くなら、さっと火を通すくらいで良いと思います。
→一晩おくと、身がしまっていい感じに!

湯通ししてみた鮭キムチ

同じく、湯通しバージョンも試してみました。

ザルに鮭をいれ、熱湯をくぐらせました。
焼いたバージョンより柔らかさが残り、また違った味わいに。生と焼きの中間という感じです。

つくってみた感想

色々と試してみましたが、私の中のランキングは
『生→湯通し→焼き』でした。中には焼いたものがおいしいと言ってくれる人もいて、本当に人それぞれの好みだと思います。

鮭キムチの嬉しいところは、1品分のおかずとして成立するところ。2~3日は食べられるし、定期的につくってもいいかも、と思いました(^^)

ちなみに簡単につくるなら、買ってきたキムチに鮭を混ぜるだけでも良いと思います。
みなさんも、ぜひ試してみてくださいね♪

ライタープロフィール

Written by : yukari
飼っている猫と、今まで読んできた小説が宝物です。それと映画、ときどき旅行があれば幸せです。あとはきれいな空と美味しいものとお酒。(欲張り)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連キーワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.