出そうで出ない!すぐにお通じを開通する改善方法

「あれ、出るかも!」と思って、トイレに駆け込んで便座に座っても、なかなか便が出ずに困ったことはありませんか?
出ないものは仕方なくとりあえずトイレから出るも、ずっと気持ち悪さを感じてしまいます。
そうでなくても便秘が続くと一日中なんとなく気持ち悪いですし、お腹も重いですよね。
今回は、そんなときのためにすぐにお通じを開通する方法をお教えします。

 

歩いたり階段の上り下りなどをする

身体を動かすことにより、全身の筋肉が動き、また血流も良くなります。
そうすることで腸が動き、大腸の蠕動運動(収縮運動)が促進されます。蠕動運動というのは腸が動き腸内の便を押し出そうとする運動のことです。
いつもより多く歩いたり、階段の上り下りをしてみましょう。
特にお腹に負荷のかかる運動はより効果的でしょう。

 

乳酸菌を摂取する

悪玉菌と善玉菌については誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。
悪玉菌は消化物に作用し、大腸菌やブドウ球菌などの有害物質を作り出し、排泄の邪魔をする菌です。
善玉菌は消化や吸収を促し、免疫を高める菌です。
ヨーグルトや発酵食品に含まれるビフィズス菌や乳酸菌などが該当します。

便秘のときは悪玉菌の方が多く、ガスを生み出したりなど悪い働きをします。
しかしそこへ乳酸菌を摂取することで、乳酸や酢酸が産生され、それらの働きにより大腸が刺激され排便が促されます。
人によって腸に合う乳酸菌のタイプは異なりますが、自分に合う乳酸菌を探し出し、便秘のときに摂取すると便秘解消されることが多くあります。

いつもより多くヨーグルトを多く食べたり、乳酸菌飲料などの飲み物を飲んだら、すぐに便秘が解消されたという話もよく聞きます。
乳酸菌を含む食べ物にはヨーグルトや乳酸菌飲料、漬物、味噌などの発酵食品が挙げられます。
特にぬか漬けや味噌に含まれる植物性乳酸菌は、菌が生きたまま腸に届きます。
積極的に食事に取り入れていきたいところですね。

乳酸菌が入った青汁の人気おすすめランキング5選

一時は、「まずい」と知られた青汁も今や立派な健康飲料ですよね。 最近の青汁は、飲みやすく、最近は乳酸菌が入ったタイプが人気です。各メーカーによって、種類や味も様々で選ぶ楽しみもあります。 しかし、青汁 ...

続きを見る

 

オリーブオイルを大さじ一杯ほど摂取する

オリーブオイルと言えばイタリアを思い浮かべる人も多いでしょう。
イタリア及び地中海では古くからオリーブオイルは料理だけではなく、便秘解消のアイテムとしても使われていました。

オリーブオイルに含まれるオメガ9系脂肪酸のオレイン酸が、腸内や便の滑りを良くし、便秘解消に働きかけるからです。
少し余談ではありますが、ヨーグルトに大さじ一杯のオリーブオイルをかけて食べるだけで、脂質と乳酸菌のダブル効果で動きの鈍かった腸が動き出して、その日のうちに溜まっていた便が出るということもあるようです。

美容と健康に良いのはどれ?食用油の選び方とオススメ6選

最近では食用油に注目が集まっていて、えごま油やココナッツオイルなど様々な種類が販売されています。確かにこのような油には色々な健康成分が含まれていて、美容や健康に寄与することも十分に期待できます。しかし ...

続きを見る

 

水分を摂取する

水分不足により、便が硬くなります。
便秘のときに摂る水分量が少ないと便秘が治らないばかりか、悪化してしまうこともあります。
便秘のときに水分ををよく摂るようにすることで、便に水分が吸収され便が柔らかくなり、便が排出されやすくなります。

朝起きたあとにコップ一杯の水を飲むのが良いとされています。
睡眠時は当然飲食をしていない状態なので、起床時は軽い飢餓状態になっています。
そのため、朝は栄養や水分が最も吸収されやすい時間帯です。

水の温度は冷たくても温かくても、特に問題はありませんが、冷たい水は腸を刺激するので便秘が長く続いている人は、起きたあとに冷たい水を飲んでも良いかもしれません。
ただ冷たいものを飲むとお腹を壊してしまう人は避けたほうが良いかもしれません。

 

腹圧を上げる


トイレで便を出すときは、お腹に力を入れて思い切りいきむことで便が出ます。
いきむときは腹圧が高い状態で、圧が大腸にかかることで便が排出されやすくなります。
しかし、硬いうさぎのような便が排便を妨げているときは、いきんでも排便がスムーズにいきません。

そんなときにおすすめなのが十数センチメートルの台に足を乗せ、前かがみになることです。
こうすることで腹圧があがり、排便しやすい状態にもっていきやすくなります。

アフリカなどの田舎では洋式トイレは十分に普及されているとは言えず、現地の人はかがんで用を足すのですが、そのおかげか便秘に悩む人が少ないとの報告があります。
現代の日本では洋式トイレが広く普及しています。
便秘に悩む人が増えたのも欧米スタイルの食事が広まっただけでなく、用を足す姿勢に変化があったのも一因かもしれませんね。

 

まとめ


辛くて苦しい便秘は一刻も早く解消したいところです。
便秘を放っておいても生み出すものは、身体の不調とおなら以外何もありません。
便秘を早く解消して、快適な毎日を送れるようにしましょう。

 

ライタープロフィール

Written by : KARIN
夫、猫、うさぎと暮らしている。看護師をしていたが妊娠をきっかけに退職する。座右の銘は「案ずるより生むが易し」

 

しつこい便秘を根本からなおしたい!便秘しらずの体になるための4つの習慣

しつこい便秘になったことはありませんか? 何をしてもウンともスンも言わなくなってしまったお通じ活動...。自分の身体ながらため息をつきたくなってしまうこともあるでしょう。 お通じを出し切ったとしてもま ...

続きを見る

あなたは大丈夫?便秘を引き起こしてしまう悪習慣5選

一度なってしまうと解消するのに時間がかかってしまう厄介な便秘。 しつこい便秘に悩まされている人も多いのではないでしょうか。 毎日生活していく上で、知らなうちに便秘を引き起こしてしまう、もしくは悪化させ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.