家事がはかどる昼寝もOKな、おんぶもできる抱っこ紐。おすすめ商品3選


抱っこ紐は、育児に家事に忙しいママたちのお助けアイテムです。しかし、家事をするとなると、抱っこよりもおんぶの方が使い勝手がよかったりしますよね。また、抱っこよりもおんぶの方が、腰への負担が少なくなります。

抱っこ紐とおんぶ紐をそれぞれ買うのではなく、兼用できるタイプを選ぶことで、かかる費用も抑えることができますね。

おんぶもできる抱っこ紐について、選ぶときに気をつけたいポイントや、おすすめの商品をご紹介していきます。

おんぶ兼用抱っこ紐を選ぶときに注意したいことは

おんぶもできる抱っこ紐を選ぶとき、気をつけたいポイントは4つです。

安全に装着できるか

おんぶをするときには、前向きで装着してから、くるっと後ろに回すタイプ、はじめから後ろ向きで、リュックサックのように背負うタイプがあります。どちらのタイプでも、赤ちゃんをキープするための安全性ベルトがあるかをチェックしてください。

特に、前向きで装着してから後ろに回すときが大変危険です。装着方法や構造が安全かどうか、SGマークなどの安全の規格があるかなども、確認しておくことが肝心です。

体にかかる負担はどうか

一般的には、抱っこだと腰に負担がかかり、おんぶだと首に負担がかかりやすくなります。

赤ちゃんはどんどん成長するので、腰のベルトの構造や、パネル入りで体への負担を減らしたものを選ぶと快適に使うことができます。

使う人の体格に合わせたものを

使う人の体格に合わせることも大事です。海外製のものは、比較的大きめなつくりになっているので、小柄なママが装着する場合には注意が必要です。

おんぶにも使える抱っこ紐おすすめ3選

赤ちゃんのリラックス度で選ぶなら、エルゴベビー Lee

 
人気のエルゴベビーの中でも、最もシンプルな機能とデザイン。以前はなかったウエストベルト付きで、安全性もアップしています。さっと装着できるのがエルゴのよいところ。生地のやわらかさは、赤ちゃんも安心してすやすや寝てくれます。

デザインと疲れにくさで選ぶなら、ストッケ マイキャリア

 
人間工学に基づいて設計されているので、何といっても疲れにくいのがこの抱っこ紐の特徴です。特に、アルミ製のバーが内蔵されているので、疲れにくさと安定感は抜群です。
ただ、高い位置でのおんぶは、こどもが喜ぶ反面、お昼寝にはあまり向いていないように感じました。お散歩やハイキングなどにはぴったりの抱っこ紐です。

総合力で選ぶなら、コンビ join

 
日本人の体格に合わせた設計なので、小柄なママにもぴったりです。安全性にも優れ、胴体に巻くベルトだけではなく、おんぶ時は、おなかから股までしっかりと包み込むホールドカバーがついています。

カバーがあるので、安心して装着、おんぶすることができました。

どれを選ぶかは、重視するポイントで決める


購入したり、友達に借りたりと、店舗で試着してみたりした結果、気に入ったのは上の3つ。それぞれに良さはあるので、抱っこ紐に求めるポイントで選ぶとよいと思います。

デザインと疲れにくさはストッケ。赤ちゃんのリラックスならエルゴ。より安心感が欲しければ、総合力も高いコンビ、といった感じでしょうか。

まとめ

こどもが小さい頃には、移動や買い物にも大活躍の抱っこ紐。もし、これから抱っこ紐を買うのであれば、抱っこもおんぶもできるものを選ぶと便利です。

日々進化する育児のお助けアイテム。お気に入りを見つけて、どんどん活用しましょう。

 

ライタープロフィール

Written by : midori
モノへのこだわりが強めの30代主婦。徹底的にリサーチします。気に入らなければ、買い換えるという強気な面も。家事は苦手。ゴロゴロするのが好き。万年ダイエッターです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連キーワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.