もう悩まないで!妊娠中に安心して飲める便秘薬3選と先輩ママの口コミ

妊娠中の辛い便秘。多くの妊婦さんが経験しているのではないでしょうか。妊娠中はホルモン関係や腸の圧迫で便秘になりやすくなります。私は腹圧をかけると生まれるのでは、と思うとなかなか力を入れることができず、妊娠中に便秘になりました。
そんな時、いつもの便秘薬を!というのはちょっと待ってください!いつもの便秘薬でも妊娠中は危険な場合もあります。そこで今回は妊娠中でも安心して飲める便秘薬と、実際妊娠中に服用していた先輩ママたちの口コミを紹介したいと思います。

 

先輩ママに聞いた!妊娠中におすすめの便秘薬ランキングTOP3


妊娠中は便秘になりやすい時期ですが、自己判断で市販の便秘薬を飲むことは絶対にやめてくださいね。そこで、先輩ママに『妊娠中にどんな便秘薬を飲んでいたか』をアンケート調査しました!そのTOP3を紹介します。

※ここで挙げる便秘薬は産科医から処方されることもあるものですが、体質によって合わない場合もあるので、飲み始める前に必ずかかりつけのお医者様に確認してくださいね。

 

1位 酸化マグネシウム製剤

画像引用元:日医工

酸化マグネシウムは硬くなった便に対し水分を増やす働きがあります。水分が増えることで便を柔らかくし出しやすくします。代表的な薬はマグミット・マグラックス・重カマ・マグコロールなどです。

酸化マグネシウムを服用するときは、その働きを補佐するために水をたくさん飲むと、効果が感じやすくなりますよ。

酸化マグネシウムのメリット

・水分を増やす働きをするため、痛みを伴わない
・依存性がないため長期的に服用できる
・薬自体は体内にほとんど吸収されないため妊娠中でも安心

 

酸化マグネシウムのデメリット

・即効性はないため、今すぐ出したい時には向いていない

 

2位 ラキソベロン

画像引用元:帝人ファーマ

ラキソベロンは水の中に5〜10滴落とし服用する刺激性の下剤です。

ラキソベロンのメリット

・症状に合わせ滴数を変えることができる
・即効性がある

 

ラキソベロンのデメリット

・大腸を刺激するため痛みを伴う
・依存性や耐性があり常時服用することで効きにくくなる
・多量に服用することで子宮を収縮させる働きがある

 

3位 プルゼニド

画像引用元:田辺三菱製薬

大腸を刺激し腸を活発にすることで排便を促します。刺激性の下剤になります。

プルゼニドのメリット

・即効性がある

 

プルゼニドのデメリット

・大腸を刺激するため痛みを伴う
・依存性や耐性があり常時服用することで効きにくくなる
・多量に服用することで子宮を収縮させる働きがある
(聖隷浜松病院薬剤部作成 総合周産期母子医療センター監修パンフレットより一部引用)

 

どの便秘薬も妊婦さんなら聞いたことのあるものばかりでしたね。私が妊娠中に実際に服用した便秘薬は「酸化マグネシウム」です。妊娠中に酸化マグネシウムを飲んでどうだったのか、またラキソベロンとプルゼニドを妊娠中に服用したという先輩ママの感想もあったので一緒に掲載します。

私が妊娠中に飲んだ便秘薬も酸化マグネシウム錠

私の場合、冒頭でお話ししたとおり排便時に腹圧をかけることが怖くて便秘になりました。なるべくお腹に負担をかけたくないし、私自身も痛いのは嫌だったのでその旨を伝えたところ、酸化マグネシウムが処方されました。

飲んでみると、私が便秘薬を服用する上で一番気になっていた「痛み」は全くありませんでした。朝起きて『トイレ、トイレ』といった具合で腹圧もそこまでかけずにスッキリ出て感動したのを覚えています。

ちなみに妊娠していない現在でも処方してもらっています。

私にとっては良いことばかりだったのですが強いてデメリットをお伝えするとしたら、即効性がないこと。また、錠剤がやや大きめで口の中で溶けやすいため早く飲まないと口の中が気持ち悪くなることです。

 

妊娠中、実際に便秘薬を飲んでいたママたちの口コミ!

いくら産科医から処方されたとはいえ、実際に妊娠中に飲んでいた人の話も聞きたいですよね。そこで妊娠中に便秘薬を飲んでいたママたちにアンケートをとり、感想を教えてもらいました!便秘薬の種類ごとにまとめたので参考にしてみてくださいね。

妊娠中に酸化マグネシウムを飲んでいたママたちの口コミ

飲んでいた時期:妊娠7ヶ月から生まれるまで
酸化マグネシウムの副作用は特に感じませんでした。効果については、排便まで5日くらいかかりました。酸化マグネシウムは、便に水分を含ませる作用がありますが、すでにあった硬い便には効かず、それが出るまでは効果が現れませんでした。また、水をたくさん飲むようにお医者様から指示があり、確かに水を飲むことで排出がスムーズになりました。
飲んでいた時期:妊娠3.4ヶ月
粉薬としてもらい、久しぶりの粉だったので苦かったらどうしようと思っていましたが、全く苦くなく無味だったので飲みやすかったです。服用した次の日にはしっかりと便が出ました。しかし、飲むのを辞めるとまた出にくくなっていたので1日ひと袋を目安に飲むようにしていました。
飲んでいた時期:妊娠4ヶ月
妊娠するまでは便通がよかったので、便秘のしんどさが分かりませんでした。妊娠3~4ヶ月から妊娠8ヶ月くらいまで酸化マグネシウムを、朝夜食後に一錠服用。連日朝夜飲むと下痢になってしまっていたので日によっては朝だけ、夜だけと分けて服用していました。酸化マグネシウムは多めのお水と飲むようにと言われていましたが、食後に多めのお水を飲むとなると胃が圧迫されているので結構苦しく、少なめのお水で済ませると余計に便秘が酷くなったように思います。お水の量や、服用の回数を試行錯誤して上手く利用すれば毎日しっかり便通があるので下腹部が苦しくなくなります。
飲んでいた時期:妊娠6ヶ月頃
初め夜に1錠飲みましたが効かず、次の日の朝に1錠飲みました。それでも効かなかったので夜にもう1錠飲んだら効きすぎたようで下痢になってしまいました。
飲んでいた時期:妊娠6ヶ月~10ヶ月まで
便秘のため産婦人科で酸化マグネシウムを毎食後一日3回処方されました。一日3回の服用では私が効果が強すぎ、下痢気味になったため、夕食後のみの一日1回の頻度で服用していました。翌朝にはすっきりとちょうど良い固さの便が出ていました。
飲んでいた時期:妊娠8ヶ月
出来るだけ水分補給をしても便秘が解消されなかったのですが薬を飲むことで一日一度便が出るようになりました。
飲んでいた時期:妊娠5ヶ月まで
最初は効いてたんですがそのうち効かなくなったので違うやつに変えました。軽い便秘の方なら副作用もないし十分かと思います!
飲んでいた時期:妊娠3か月から出産まで
妊娠すると同時につわりもあって水分や食べ物が思うように取れず、便秘になり力むのも怖くなって先生に処方をお願いしました。
毎日、寝る前に服用してするりと出てとても楽でした。
飲んでいた時期:妊娠6ヶ月
毎食後に1日3錠で処方されましたが、私には多かったようで、下痢になってしまいました。その後1日おきに1錠飲むようにして落ち着きました。
副作用は特にないと思いますが、薬を飲んだ日はおならがよく出てしまいます。
飲んでいた時期:妊娠5ヶ月
錠剤の酸化マグネシウムを処方してもらい、毎日一錠飲むようにしてました。便秘で硬くなりがちな便も柔らかくなり排便もスムーズでお尻トラブルを防げました。毎日排便は出来なかったですが、飲まない時より割と楽になりました。
飲んでいた時期:妊娠4ヶ月
腸を刺激しないで、便を柔らかくする作用があるけど、妊婦でも大丈夫と言われて使用していました。便秘でお腹がパンパンだったけれど、酸化マグのお陰で苦しくなりすぎずにすみました。
飲んでいた時期:妊娠7ヶ月
私はもともと便秘気味だったので、1錠から始めたのですが、なかなかトイレに行きたくならず、3錠まで増やしてよかったので、3錠飲んでいました。飲んですぐには解消されなかったのですが、2、3日後にはだいたいトイレに行きたくなったので、しばらくはそのままずっと飲み続けてました。なので、すぐにはあまり効果ないですが、続ければ効果がでました。
飲んでいた時期:妊娠9ヶ月
この薬を飲むとスムーズなお通じのリズムになりました。副作用はとくにありませんでした。
飲んでいた時期:妊娠3ヶ月
強い薬ではないので効き目はまあまあでしたが飲めばそれなりに出ました。痛みなどはなかったです。
飲んでいた時期:妊娠8ヶ月
お腹が痛くなることもなく自然なお通じで私には合っていました。

 

妊娠中にラキソベロンを飲んでいたママたちの口コミ

飲んでいた時期:妊娠8ヶ月頃
水に混ぜて飲むもので、寝る前にコップ一杯飲んで翌日朝には全部出る感じでした。副作用は特にありませんでした。
飲んでいた時期:妊娠8ヶ月
一人目の時に整腸剤とラキソベロンを処方してもらい、苦しい時にラキソベロンを寝る前に服用していました。
翌日に効果があるのですが、効きすぎて、逆に下痢になり辛い思いをしました。
飲んでいた時期:妊娠6ヶ月
妊娠中良く便秘になり、液体のラキソベロンを使用しました。私は5滴ぐらい水に入れて飲んでいました。あまり多く入れてしまうと下痢になるので気をつけていました。
飲んでいた時期:妊娠8ヶ月
飲んですぐは効果がありませんでしたが、しばらくすると効果が出てスッキリしました。
飲んでいた時期:妊娠8ヶ月
切迫早産で安静入院をしていたとき、安静指示のため食事とトイレ以外は寝たきりでした。あまりにも身体を動かさないため、腸が動かず便秘になりました。ラキソベロンを服用し、腸が刺激されたのですが、子宮に近いため、お腹が張ってヒヤヒヤしましたが、医師がこのくらいの刺激で産まれるならとっくに産まれてるから大丈夫と強く言われると、安心しました。
飲んでいた時期:妊娠9ヶ月
錠剤ではないので飲みやすかったです。便が出る際もお腹が痛くなることもなく、便意が出てから非常にスムーズに出ました。また残便感もありませんでした。酸化マグネシウムを飲んだときよりスッキリ出た感じがしました。
飲んでいた時期:妊娠8ヶ月
特に副作用もなく、寝る前に20滴飲んでスッキリ出ました。初めての便秘薬で不安でしたが、お腹が痛くなることもなかったので、体に合ったのかなと思いました。
飲んでいた時期:妊娠5ヶ月頃
妊娠前から慢性的な便秘だったので、妊娠してからより便秘がひどくなりました。検診のたびに処方してもらっていましたが、効果覿面!というほどでもなく。ですが副作用なども特になかったので気休め程度に飲んでいました。
飲んでいた時期:妊娠5ヶ月
つわりがひどく、全然食べれなかった為、便秘になり、便秘薬を服用しましたが、薬を飲んだらすぐに出ましたが、ちょっと効きすぎで逆にしんどかったです。
飲んでいた時期:妊娠2~10ヶ月
便が水分不足で硬くなって出ないタイプの便秘でしたがラキソベロンは良く効きました。寝る前に10滴ほど水に落として飲むと翌日には便も硬くなることなくスムーズに出てくれました。便秘の重症度にもよりますが私は5滴では足りず15滴では下痢っぽくなったので10滴前後がちょうどよかったです。うっかり飲み忘れた日は本当に出なくて辛かったのでラキソベロン様々でした。
副作用は特に私は感じませんでした。
飲んでいた時期:妊娠7ヶ月
副作用というのも特になかったので使いやすかったです
飲んでいた時期:妊娠8ヶ月
初めは水に5滴垂らして飲んでみましたが、あまり効果が得られなかったので一気に10滴に増やした所、下痢状態になり効きすぎてしまいました。その後も加減が難しく、一週間に1回は必ず出るんだからいいやと飲むのをやめてしまいました。
飲んでいた時期:妊娠6ヶ月頃~
ひどい便秘になり、ラキソベロンを処方されました。コップの水に一回10滴から15滴を入れ飲みます。まったく効かないので、看護師をしている妹に確認してから、最終的には20滴くらい入れてみました。それでも一度も効きませんでした。便秘が改善されないまま出産を迎えました。
飲んでいた時期:妊娠8ヶ月頃
液体で10滴くらいを水に入れて飲むのですが、味もなく飲みやすかったです。便が出る前はお腹が痛くなる感じがありました。副作用はなかったです。効果が弱く感じた時は、次回数滴増やして飲みました。

 

妊娠中にプルゼニドを飲んでいたママたちの口コミ

飲んでいた時期:妊娠2ヶ月~出産
1人目のときは酸化マグネシウムを飲んでいてあまり効きませんでしたが、プルゼニドはよく効きました。ただ、妊娠中はあまり飲まない方が良いそうで、時々しか飲めずつらかったです。
飲んでいた時期:妊娠6ヶ月
妊娠する前に飲んだ時はお腹が痛くなったので飲むのをためらいましたが、妊娠中の服用ではお腹の痛みはなくすんなり排便がありました。
飲んでいた時期:妊娠8ヶ月
副作用は一切ありませんでした。普段から薬を飲まない私には効果てきめん。服用して2日後から便秘は解消されました。
飲んでいた時期:妊娠9ヶ月
下剤なので、妊娠中に飲むことはオススメされないのですが、頑固な便秘でどうにもならず処方されました。効き目はありましたが、お腹がぎゅーっと痛くなり、一回きりで怖くなり、運動や食事、水分で便秘にならないよう心がけました。
飲んでいた時期:妊娠6ヶ月
特に副作用的なものはありませんでした。ただ、続けて飲んでいると効きにくくなったのか出にくくなり困りました。
飲んでいた時期:妊娠3ヶ月~出産するまで
排便が2日なかった場合の寝る前に2錠飲みました。私の場合、なかなか効果は出ず、2日続けて内服してやっと出るといった感じでした。また、下痢になるほど出ることがあれば、出てもすっきりするほどではないこともあり、排便コントロールか大変でした。

プルゼニドは私も高校生の頃何度か飲んだことがあるのですが、激しい腹痛と吐き気で泣いたことがあります。ラキソベロン同様、自分の体に合わないと思ったら服薬を中止して産科医に相談してください。

※人それぞれ体質が違うため合う、合わないはあると思います。もし合わないと感じたら医師に相談し別の便秘薬を処方してもらいましょう。

 

まとめ

今回は妊娠中も飲める便秘薬を3つ紹介させて頂きました。妊娠中に便秘になっても飲める薬があると思うと安心ですね。

薬は赤ちゃんに悪そうだからと便秘を我慢する人もいます。でも実は便秘を我慢することはかなり危険です。体内で不要な物が便となるわけなので、長時間体内に留めておくと有害物質が発生します。それこそ赤ちゃんに悪影響を与えかねません。

薬に抵抗がある場合は食生活の改善や運動量を増やしてみてはいかがでしょうか。腸活という言葉もありますよね。意識的に発酵食品を摂ることで腸内環境が整い便秘解消につながります。

どちらにしても、ストレスも便もしっかり吐き出して、快適なマタニティライフを過ごしましょう♪

ライタープロフィール

Written by :ksosa
小学生の頃から便秘に悩み、漢方や市販の便秘薬などを試すもこれといった薬に出会うことはありませんでした。
3人目妊娠時初めて酸化マグネシウムが処方され、痛みを感じることなくスッキリしたことに運命を感じ以降愛用しています。
腸内フローラを整えると太らないって本当?おすすめの人気痩せ菌サプリ6選

ダイエットをしたくても、なかなか効果が出なかったり、食事制限や運動が辛かったりするとつい挫折してしまいますよね。   そんな方におすすめなのが痩せ菌サプリ! 痩せ菌サプリを飲んで腸を整えると ...

続きを見る

食物繊維が多い食品7選!腸内環境からキレイを目指そう!

あなたは、お腹の不調に悩まされていませんか?乱れた食生活や運動不足などで腸内環境が乱れると、便秘や下痢だけでなく、肌荒れやニキビ、アレルギー、免疫力の低下にも繋がってしまいます。そういったお悩みを解決 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連キーワード:

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.