奈良県の桜がキレイな穴場お花見スポット10選《地図付き》


奈良県には、奈良公園や長谷寺など桜の名所がいっぱい。ただ、超人気の観光名所でもあるため、お花見客で混雑していることも多いんですよね。

そんな「お花見はできるだけゆっくり楽しみたい!」という方のために、奈良県にあるお花見の穴場スポットをご紹介します!

 

奈良県のお花見スポット

三室山

斑鳩町に位置している三室山は、標高82メートルの自然あふれる山。春になると、全体の半分ほどが桜によって鮮やかなピンク色になります。

山の中にある遊歩道は、しっかり整備されているので歩きやすいコース。そこから竜田川を眺めるのもおすすめですよ。

JR大和路線の王寺駅から歩いて20分、もしくは奈良交通バスの三室山下で下車し、そこから徒歩10分です。駐車場はありますが、桜のシーズンは満車の可能性があるため、電車やバスの利用が安心でしょう。

 

郡山城跡

大和郡山市にある郡山城跡(こおりやまじょうせき)の見どころは、なんといってもお堀に垂れてる桜の景色。郡山城を背景にした桜の姿は、ついつい見惚れてしまいます。

交通の便がいいのに、お花見客はイメージよりもやや少なめ。だからこそ、人混みを気にせずに桜を堪能できます。夜はライトアップもされますよ。

近鉄橿原線の近鉄郡山駅から徒歩7分、もしくはJR関西本線の郡山駅から徒歩15分です。無料の駐車場もありますよ。

 

柳田川

御所市を流れる柳田川沿いは、春になると桜が一斉に咲きだします。人通りもそれほど多くないので、思う存分桜を眺めることができますよ。

閑静な住宅街なので、騒がしすぎないところも魅力的。写真をたくさん撮りたい方にもぴったりです。

近鉄御所線の近鉄御所駅から徒歩約3分、JR和歌山線の御所駅から徒歩約5分と、駅から近いところも嬉しいですね。

 

葛城山麓公園

奈良と大阪の境目にある葛城山麓公園は、葛城山のふもと辺りに作られた公園。毎年4月頃になると、芝生広場の周りに桜が咲きだします。桜以外の木も生い茂っているため、たくさんの緑に囲まれながらお花見を楽しめますよ。

敷地も十分あるので、散策するだけでも十分癒されるスポットです。近くに売店などがないため、現地で食事をする場合はお弁当や飲み物を用意しておきましょう。

近鉄御所線の近鉄新庄駅から徒歩40分と、かなり距離があります。タクシー(10分ほど)に乗るか、駐車場を利用して車で向かうのがおすすめです。

 

新家長福寺

広陵町の新家長福寺には、以前から多くの桜の木が植えられています。とても広大というわけではありませんが、地元の人から愛されている場所。4月中旬になると、八重桜がだんだん開花し始めます。

ソメイヨシノなどと異なり、少し開花時期が遅いのもポイント。お花見のタイミングが合わなかった人にもぴったりですね。

近鉄大阪線の大和高田駅から、奈良交通バス「竹取公園東行き」の「新家」で下車し、そこから徒歩で5分。もしくは、五位堂駅から奈良交通バスの「馬見北一丁目」で下車し、歩いて8分ほどです。

 

後藤又兵衛の屋敷跡


「たくさんの桜を一気に堪能するのもいいけれど、ドーンと迫力ある1本を見たい!」という方は、後藤又兵衛の屋敷跡にある枝垂桜を見に行ってみましょう。

ここにある枝垂桜は、なんと樹齢300年以上!周囲にある桃が同じ時期に咲くので、一緒に味わうことができます。最近では、インスタ映えのスポットとしても注目されていますよ。

場所は宇陀市大宇陀本郷にあり、近鉄榛原駅から奈良交通バス「大宇陀行き」の終点「大宇陀」で下車。そこから歩いて20分ほどです。駐車場があるので、車での来場がおすすめですよ。

 

名勝依水園

画像引用元:依水園

一風変わった桜を楽しみたい方は、奈良市水門町にある名勝依水園を訪れてみましょう。こちらでは、3月下旬から4月下旬に咲く通常の桜だけでなく、11月ごろにも「十月桜」を見ることができます。

春の桜もいいですが、周囲の紅葉に混じって咲く桜はまた新鮮。まずは春のお花見シーズンで楽しんでおいて、秋になったら「春との違い」を感じましょう。

近鉄奈良駅から歩いて約15分と、観光の途中に立ち寄りやすい場所にあります。入園料が発生するので、観覧の際は念頭に入れておきましょう。(大人900円、小学生300円など)

 

信貴山

画像引用元:信貴山

大阪府と奈良県の境目に位置する信貴山(しぎさん)。そこには約2000本もの桜があり、日が暮れると2000石灯篭に灯が入ります。

お昼だけでなく、夜の雰囲気も素敵な場所。夜桜を見に行く時は、ぜひ本堂舞台から奈良盆地の夜景も堪能してくださいね。

近くには、バーベキューや味覚狩りが楽しめる「信貴山のどか村」もあります。イチゴやシイタケ狩りができるほか、やぎやひつじなどの動物ともふれあえますよ。

近鉄生駒線の信貴山下駅からバスで10分、もしくは王寺駅からバスで15分です。車なら、西名阪道香芝ICよりR168経由で25分ほど。有料ですが、駐車場もありますよ。

 

下北山スポーツ公園

周りよりも一歩早くお花見を楽しみたい方は、下北山スポーツ公園がいいでしょう。ここのソメイヨシノは、奈良県で最も早く開花すると言われています。

その数、なんと1000本!観光客がたくさん訪れる時期より少し早いため、桜を見に来るのは近隣に住む人くらい。ゆったりと歩きながら、桜の中で優雅なひとときを過ごしましょう。

 

平城宮跡


奈良市佐紀町にある平城宮跡は、あちこちに点在している桜を楽しめるスポット。周囲には目立った建物がないため、見晴らしのいい景色が広がっています。

あちこちに桜があるので、気に入った木の近くに腰掛けるのもいいですね。辺りものほほんとした雰囲気が漂っているので、落ち着いて桜を観察できますよ。

JR近鉄奈良駅から「西大寺駅行き」のバスで20分、「平城宮跡」で降りてすぐの場所にあります。

 

 

まとめ

さまざまな歴史がある奈良には、古くから伝わる桜も各地にあるようですね。観光もお花見も一緒に楽しめるスポットが多いため、見ごたえは抜群です!

「調べてみたら、観光地の近くだった!」というケースも多いので、訪れる前に周辺情報を集めておくのがオススメ。春になったら、奈良県でお花見を楽しみましょう!

 

 

ライタープロフィール

Written by : ゆずぽんず
一児の母兼フリーライター。信貴山でお花見→「のどか村」コースを楽しんだ経験があります。平日だったからか、どちらも混んでいませんでした!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.