• HOME
  • ヘルス
  • タイプ別!マスク除菌スプレーのおすすめ商品

タイプ別!マスク除菌スプレーのおすすめ商品

マスクでしっかりウイルス対策をしたい、より除菌効果を高めたい…。そんなときに便利なのが、「マスク除菌スプレー」。マスク全体にスプレーをするだけで手軽に除菌率をアップさせることができるため、非常に注目されているアイテムです。

とくに最近は需要が高まっており、たくさんの種類のマスク除菌スプレーが販売されています。なかには除菌効果はもちろん、嫌な臭いを抑えたり花粉をブロックしたりと、さらなる効果が期待できる商品も。スプレーによって値段や効果に差があるので、どれを選ぶべきか悩んでいる人もいることでしょう。

そこで今回は、おすすめのマスク除菌スプレーを厳選してご紹介します!除菌以外の効果や注意点も、あわせてチェックしておきましょう!

除菌成分の違いをチェック!

除菌効果のある商品は、大きく分けて

「アルコール系」
「次亜塩素酸水系」
「PHMB系」

の3タイプがあります。
マスク除菌スプレーを選ぶ際は、どのタイプなのかを基準に判断するのがポイント。では、それぞれの成分の特徴を見てみましょう!

除菌できるもの 肌へのやさしさ 臭い
アルコール 一般細菌
結核菌
真菌
ウイルス
※エンベロープウイルスのみ
やや刺激あり アルコール臭
次亜塩素酸水 一般細菌
結核菌
真菌
芽胞菌
ウイルス
ほとんど刺激なし やや塩素系の臭いあり
PHMB 一般細菌
結核菌
真菌
芽胞菌
ウイルス
ほとんど刺激なし ほとんどなし

一般細菌というのは、マスクの臭いの元にもなる雑菌から、O-157の大腸菌やサルモネラ菌、黄色ブドウ球菌などの病原性細菌を指しています。
真菌は、黒カビなどのカビや、カンジタなどの酵母も含みます。芽胞菌は、ボツリヌス菌やウェルシュ菌などの食中毒菌のことです。
ウイルスは少し厄介で、インフルエンザウイルスやノロウイルスなどがありますが、じつはウイルスは「エンベロープウイルス」と「ノンエンベロープウイルス」2種類に分けられます。もう少しわかりやすく説明しておきます。

エンベロープウイルスについて

ウイルスにはエンベロープと呼ばれる二重の脂質の膜に覆われている「エンベロープウイルス」と、幕を持たない「ノンエンベロープウイルス」があります。
社会問題にもなっている「新型コロナウイルス」は、エンベロープウイルスになります。

画像引用元:SARAYAー感染と予防

アルコールは、コロナウイルスなどのエンベロープウイルスには効くけど、ノロウイルスなどのノンエンベロープウイルスには効かないということがわかります。

除菌スプレーと言っても、それぞれ肌への刺激やにおい、殺菌効果に違いがありますのでご自分の目的に合ったものを選ぶようにしてくださいね。

では、タイプ別のおすすめマスク除菌スプレーをご紹介していきます。

「アルコール」タイプのおすすめのマスク除菌スプレー

除菌効果のある成分のなかでも、とくに有名なアルコール。速乾性と速効性に加えて安全性も高く、身の回りで多く使われている成分の1つです。

ただし、ノロウイルスやロタウイルスへの効果は期待できません。また、肌荒れ・傷がある部分に吹きかける、火の近くで使うといった行動もNGです。マスクに使用する際は、顔にかからないように噴射してくださいね。

ウイルバスター

1本で約500回もプッシュできるほど長持ちで、とても経済的な「ウイルバスター」。速乾性の高いアルコールタイプなので、出かける直前にさっとスプレーすれば、違和感なくマスクを装着することができますよ。

安心の日本製。広範囲に噴霧できるミストポンプなので、マスク全体に吹きかけられます。忙しい朝に使いたい、スプレーをした後にマスクが湿るのが嫌だ、という方におすすめですよ。

「次亜塩素酸水」タイプのおすすめのマスク除菌スプレー

2002年に成分規格された次亜塩素酸水は、食品添加物として認められた安全性の高い成分。アルコールでは効果を発揮しない、ノロウイルスやロタウイルスの対策をしたい方におすすめです。

漂白剤として知られている「次亜塩素酸ナトリウム」と名前が似ていますが、中身はまったくの別物。ウイルスや菌に対してはしっかりと殺菌力を発揮し、人体には悪影響をほとんど与えない成分なので、安心してくだいね。

ノロキラーS

マスクの表面に吹きかけて5分間そのままにしておくだけで、菌・ウイルス・花粉・カビ・ダニなどに効果を発揮します。調理器具などに使用する場合は、3分ほど放置しておけばOKです。濡れた状態でも、そのまま調理することができますよ。

物だけでなく空間にも使用できるので、トイレや玄関、寝室などに吹きかけるろいう使い方も。これひとつで、家中の除菌や臭い対策ができますね!

OXミスト

微量でもウイルスや菌を除菌できる次亜塩素酸水を使った「OXミスト」は、99.9%除菌できる心強いアイテム。アルコールを使っていないので、小さなお子さんやペットがいるご家庭でも使用できます。保存剤や香料などの気になる成分は、一切含まれていませんよ。

マスクにスプレーを吹きかけた瞬間、ウイルス・菌・臭いに反応。分解して無害化したあと、水・酸素・塩化ナトリウム(塩)といった成分だけが残るようになります。いずれの成分も吸い込んで問題ないものばかりなので、安心してマスクを装着できますね。

この商品の特徴は、なんといっても保存性の高さ。新製法により最長3年間、詰め替えタイプは製造後1年の長期保存ができるので、頻繁に買い足す必要がありません。「次亜塩素酸水は時間とともに除菌効果が低下しやすい」と言われていますが、OXミストなら安心して使用することができるのです。

「PHMB」タイプのおすすめのマスク除菌スプレー

「PHMB」は「次世代除菌成分」とも言われてる、最近注目されている成分のひとつ。あまり聞き慣れない成分ですが、安全性には問題ありません。

主にコンタクトレンズの保存液や子ども用プールの除菌・洗浄などに使用されているほど、人体に優しい成分であることでも知られていますよ。そのため、子ども用のマスクにも使いたい、ペットを飼っているというご家庭にぴったりです。

サプリマルシェ ウイルスデストロイヤー

マスクをはじめ、衣類やベビー用品、キッチン用品など幅広いものに使用できます。噴射した部分を手で触れることがなければ、効果が1日持続するという優れもの。無臭かつ低刺激なので、身の回りの物にも安心してスプレーできますよ。

1本あたり300mlとたっぷり入っているので、毎日のように使っても長持ちします。なお、マスクに使用する際は外側のみに噴射し、内側には使用しないように注意してくださいね。

それ以外のマスク除菌スプレー

なかには、「アルコール系」「次亜塩素酸水系」「PHMB系」以外の除菌スプレーも存在します。主に植物由来の成分を使用している物が多く、肌への優しさや安全性の高さを誇っていますよ。

Bplan バリアプラン

直接顔に触れるマスクに使うスプレーだからこそ、肌に優しい商品を選びたい方も多いはず。「Bplan バリアプラン」は人体や環境への安全性にこだわっており、小さなお子さんにも安心して使える商品です。

マスクはもちろん、子ども用のおもちゃや家族の靴に吹きかけるのもOK。直接手に吹きかけて使用することもできますよ。100mlというコンパクトサイズなので、携帯にも便利です。

除菌効果と消臭効果の両方を備えているので、マスクの表面にスプレーして除菌、裏面にスプレーして臭い対策をすることもできます。消臭効果を持つ柿渋エキスが、汗などの臭いをしっかり押さえてくれますよ。無香料なので、嫌な臭いだけを防げるのも嬉しいですね。

DeoDo マスク

植物由来の食品素材から生まれた、日本製で安全性の高い商品です。「急性経口毒性試験」や「皮膚刺激試験(パッチテスト)」を実施しており、肌に触れても口に入っても問題なし!余分な香り成分も一切含まれていません。

ノンアルコールなのでアルコールタイプより蒸発しにくく、消臭成分による効果がしっかり持続します。また、仮に水分が蒸発してしまっても、菌の繁殖を抑制する効果は維持したまま。その効果の持続期間は、 なんと7日間といわれています!

内容量は50mlとやや少なめですが、そのぶん効果が持続するので、コストパフォーマンスは決して悪くありません。アルコールだけでは対策できないウイルスに備えたい、車を運転する前に使用したいという方にぴったりの商品ですね。

MASCLEAN

「MASCLEAN」には、グレープフルーツ種子抽出物や脂肪酸、クエン酸、果糖留分といった植物由来の食品添加物だけが使用されています。なかでも「グレープフルーツ種子抽出物」は、除菌効果が高く蒸発しにくいため、最長7日間も抗菌効果を発揮できる成分としても有名です。化学物質は一切含まれておらず、塩素系の商品にありがちな臭いもありませんよ。

マスクの内側にのみ噴射した場合、なんと500枚分も使用できるのもいいですね。直接肌に触れて問題ない成分だけが含まれているので、噴射して乾ききっていない状態で使用しても構いません。

まとめ

マスク除菌スプレーを選ぶ際のポイントは、「成分」「容量」「香り」の違いをじっくり見比べることです。「アルコールタイプか、ノンアルコールタイプか」「外出時に携帯するのか、自宅に置いておくのか」「消臭だけでいいのか、香りも楽しみたいのか」といった点を考慮し、ご自身の目的に合ったものを選びましょう。

また、除菌スプレーによっては、効果の持続時間や噴射時の注意点などが異なります。正しい使用方法を理解し、菌やウイルスをしっかり防いでくださいね。

ライタープロフィール

Written by : ゆずぽんず
一児の母兼フリーライター。菌やウイルス対策にはうるさいタイプ。そのせいか、家族全員インフルエンザなどの感染症にかかったことがありません。

この記事が気に入ったら
いいね !してね

Twitter で
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。