ラスベガス観光を2倍楽しむための達人のコツ&おすすめスポット3選


ラスベガスといえば、言わずと知れたアメリカ最大のカジノタウン。また世界レベルのミュージシャンやパフォーマーが集うエンターテイメントの街としても有名です。
今回は、アメリカを車で5周まわり、ラスベガス訪問も40回以上している僕が、ラスベガスをより楽しむためのちょっとしたコツやおすすめのスポットを紹介したいと思います。

 

ラスベガスを楽しむなら車で入るべし!

ラスベガスを訪れるとなると、当然ワクワクし、一刻も早く現地へ行きたい!と思いますよね。しかし、いきなり飛行機でやってきてギャンブルやショーを楽しむよりは、より深く感動を味わうために車でラスベガス入りすることをお勧めします。ロサンゼルスからラスベガスまでは車で約4時間。カリフォルニア州からネバダ州に続く15フリーウェイをひたすら突っ走ります。
地平線の彼方まで続くまっすぐな道は、眠っている冒険心を呼び覚まし、心の解放を促すので最高に気持ちのいいドライブになります。

またラスベガスまでの道中、砂漠の中に小さな街がいくつか出てきます。そこには古き良き時代のアメリカの街並みが今なお残っているので、映画のような景色を眺めながらアメリカンな気分に浸るのも旅の楽しみの一つ。

日中は砂漠の街を探索しながら気の向くまま進み、日が沈んだ頃にラスベガス入りするのがお勧め。暗い夜道に突然現れるラスベガスの夜景が想像以上に美しいからです。夜は街全体が光のアート。特に初めて訪れる方は感動すること間違いなしです。

こんな楽しみ満載の街で遊ぶとなるとどこへ行こうかまよってしまいますよね。次は、ラスベガスではずせないオススメのスポットをいくつか紹介したいと思います。

 

ラスベガスのオススメ観光スポット3選!

フレモントストリート

ラスベガスのメインストリートといえば有名カジノホテルが立ち並ぶストリップ通りが有名です。ここは旅行雑誌などでよく紹介されていますが、僕のお勧めはオールドダウンタウンにあるフレモントストリート。

フレモントストリートは、ローカル感が強く観光客だけでなく地元の人達も遊びに来る場所なので、いつも大勢の人で賑わっていて常にお祭り状態です。そこら中で無料のコンサートやパフォーマンスを見ることができるし、カジノのミニマムレートやお酒の値段も安く、気楽に遊べる場所です。

フレモントストリートには1250万個の発光ダイオードで覆われたアーケードが設置されており、夜に行われる光と音のショーはとても美しく一見の価値ありです。お酒を飲みながらストリートを歩くこともできるので、ほろ酔いで見てもテンションが上がって楽しいですよ。

これを見るためだけに訪れる人もいるくらいなので、ラスベガスのお勧めスポットとして是非紹介したい場所の一つです。

 

ホテルWynnのレストランバフェ

ラスベガスといえば各ホテルにあるレストランバフェ(日本でいう食べ放題バイキング)が有名です。中でもお勧めしたいのが、ホテル Wynn Las Vegas内にあるバフェ。肉料理、シーフード、中華、惣菜、デザート、etc… なんでも揃っているので料理は充実しています。

でも一つ言っておきたいのは、日本人は舌がこえているということです。(日本のレストランは世界的にも評価が高く、自然と日本人の味覚は高いレベルになっています。)それゆえに、デメリットとしてアメリカのレストランで食べる料理の感動は薄いものと考えておいて下さい。

では、なぜこのバフェを推薦するのか?

料理自体も他のホテルのバフェに比べると美味しいのですが、とにかくレストランの雰囲気が最高なんです。店内の天井が高く、花とフルーツでディスプレイされた店内は、まるでおとぎの国に迷い込んだ気分にさせてくれるとてもロマンチックな空間。これぞラスベガス!というダイナミックで美しいデザインなので店内に入った時には必ず感動すると思いますよ。

この空間にいると大人から子供までワクワクした気分になれるので、いつもより何倍も楽しい食事の時間を過ごすことができます。必ず思い出に残る場所になるので、家族や大切な人と是非訪れてみて下さい。

 

ゴーストバー

ここはPalms Hotelの最上階にある、屋外パティオ付きの吹き抜け空間バーです。ラスベガスのメインストリートから少しだけ離れた場所にあるので、ラスベガス全体が一望できる贅沢な夜景スポット。


ゴーストバーは、特にアメリカ人の若者に人気があり、有名人なども訪れるラスベガスでも有名な展望バーとして知られています。55階からの絶景は格別で、ワインやカクテルを飲みながらちょっとリッチな気分に浸るのもラスベガス流の楽しみ方。

日本ではあまり紹介されていないスポットなのでちょっとした穴場ですよ。ここはカップルで訪れるのに最高な場所としてお勧めです。人が集まり盛り上がってくるのは夜中10時以降ですが、まったりと過ごしたいのなら早めの時間に行くのがベストです。ラスベガスの夜景を眺めながらロマンチックな大人の時間をお楽しみ下さい。

ラスベガスをお得に楽しめる時期がある!?


日本ではクリスマスはホテルの値段が高かったり、予約で埋まっていることが多いと思います。

しかし、アメリカは日本とは逆です。
クリスマスは自宅で家族と過ごす人たちが多いので、ラスベガスのホテルは激安で人も少なく良いサービスを受けながらのんびり過ごすことができます。高級ホテルもかなり安くなっているので狙い目ですよ!


今回は、ラスベガスを楽しむコツと、オススメの観光スポットを3ヵ所紹介させて頂きました。ラスベガスは何度訪れても刺激たっぷりの魅力的な街です!ぜひ皆さんもラスベガスを存分に楽しんできてくださいね!

ライタープロフィール

Written by : ジュン
旅が好き、大自然が好き、雑貨が好き、アメリカが好き、好きなことだけやってみました。ロサンゼルスを拠点にアメリカを車で5周した経験や情報をもとに、2018年からは出版などの執筆活動を日本で開始する予定です。
これからはアメリカに限らず、日本国内、世界中を旅して旅作家としても情報を発信していきます。オヤジでもまだまだ夢を持っていきられる時代。一度きりの人生、楽しく生きたいものです。YOLO! Gotta have fun!
アメリカ随一のワイナリー名所ナパ・バレーの魅力とおすすめ観光スポット3選

ナパ・バレーはアメリカ随一のワイン名産地。世界的にも有名なワインが数多く生産されており、最近ではオーパスワンやケンゾーワインなど、高級ワインの名もよく耳にします。もちろん、その分ワイナリーも数多くあり ...

続きを見る

アメリカ国立公園の周り方!ロードトリッパーが選ぶ絶対みるべき公園3選

広大な領地を誇るアメリカは、洗練された都会的なイメージがある一方で、圧倒的な大自然に恵まれた国でもあります。そんな大自然の風景を求めて訪れる観光客から人気のスポットが、アメリカ中に点在する国立公園。数 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連キーワード:

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.