今、競馬場が大人気!親子で楽しめる阪神競馬場の見どころ

「競馬場」と聞くと、「大人だけの世界」「おじさま達が行くところ」というイメージがありませんか?子どもを連れていくのはちょっと…と抵抗がある人も多いのでは。しかし、実際は…子ども向けのイベントが開催されていたり、ファミリー向けのエリアが用意されていたりと、家族連れがたっぷり満喫できるスポットなんです!

そこで今回は、実際に私が阪神競馬場に行った時の様子を徹底レポート!イベント情報や食事コーナー、遊びエリアなどを詳しくご紹介します。

 

阪神競馬場って、こんなところ!

まずは、阪神競馬場の情報をチェックしておきましょう。平日はお休みの日が多いので、事前に確認しておくと安心ですよ。

 

開催日は要チェック!

競馬場は、そこでレースが実施されている「開催日」かどうかによって、その日の状況が大きく異なります。阪神競馬場でレースが開催される日は多くの人が来場するため、当日はかなりの混み具合に!反対に、それ以外の日は週末でもわりと空いていて、子どもを連れての移動がしやすいです。

入場料は、開催日のみ1人200円。それ以外の日は無料となっています。駐車場代にも差があるので、金銭面で見ても開催日以外のほうがお財布に優しいですね。

とはいえ、開催日は迫力満点のレースを目の当たりにしたり、会場の臨場感を味わえたりと、また違ったメリットが得られます。たまに芸能人が来るイベントもやっているので、あえて開催日を狙うのもおすすめですよ。

アクセス

・電車…阪急 仁川駅から専用通路(サンライトウォーク)を通って徒歩約5分

・車…名神高速 西宮ICで下車し、甲子園・大阪方面へ。1つ目の信号となる「高瀬」交差点を左折

(JRA直営駐車場はパークウインズ(場外発売)の日なら1,000円、開催日は2,000円。前払い制)

営業時間

開催日:9時~17時

平日:10時~12時、13時~16時(月・火・祝日は休み)

飲食店は、お店ごとに営業日が異なるのでご注意を!

阪神競馬場に行ってみた!

では、わが家が現地に行った時の様子をレポートしていきますね!ちなみに、開催日ではない週末の午後に行きましたよ。

阪急仁川駅から地下道で一本!

阪神競馬場へは、阪急仁川駅から直通の地下道を通っていくことができます。改札を出てすぐに地下道の入り口があるので、阪神競馬場に行ったことのない方でも、迷う心配はありません!

ただし、地下道に出入りする際は階段かエスカレーターしかありません。ベビーカーの方は一旦折りたたんでエスカレーターに乗るか、地下道を諦めて地上から向かいましょう。

地下道から地上へ出ると、かなり広い道に出ます。アーケードになっているので、雨の日でも大丈夫。駐車場や駐輪場も、この道のすぐ横にありますよ。

開催日はもちろん、そうでない日も係員の人があちこちに点在しています。子連れの人には係員がさっと駆けつけ、こちらの「迷子シール」を渡してくれますよ。開催日は超混雑するので、このサービスは嬉しいですね!記入用の筆記用具はないので、各自で持参しておきましょう。

会場に着くと、立て看板に当日開催しているイベントが表示されています。時間や集合場所をチェックして、それまでは別の場所で過ごす…という流れですね。イベントについては、後ほど詳しくご紹介します!

競馬場そのものを見たい方は、人の流れ(主におじさん達)に沿って行くだけでOK!「ファミリー向けのエリアにそのまま行きたい」という方は、こちらのゲートを進んでいきましょう。

会場の景色は圧巻!

競馬場に一歩足を踏み入れると、そこは壮大な景色が広がっています!まず目に飛び込んでくるのは、こちらの「パドック」。開催日は、レースを直前に控えた競走馬たちがここにやってきて姿をお披露目。その日の汗や体調などを見せて、レースの予想の参考にするのだそうです。

さらに進むと、いよいよレースの会場が!高さ11.2m、幅46.4mの巨大映像スクリーンもあります。ほかの競馬場で開催されているレースの映像が映し出されているので、離れた場所からレースを見守っている人がちらほら。立見席のエリアはガラガラなので、子どもたちがあちこちで走り回っていましたよ。

芝生エリアでまったり

先ほどのレース会場を抜けると、とっても広い芝生広場にたどり着きます。かなりの面積があり、ピクニックをしている人、寝転がっている人、追いかけっこをしている人など、みなさん好きなように楽しんでいます。

イベントはすべて無料!

阪神競馬場では、週末になるといくつかのイベントなどが開催されています。驚くことに、すべてのイベントが参加無料!つまり…開催日以外の週末に電車で行けば、駐車場代・入場料・イベント参加費などは一切かからないということなんです!一体どんなイベントをやっているのでしょうか。

こども乗馬(ポニー)

小さなお子さんのみが楽しめる、ポニー乗馬。芝生広場を抜けた、「ポニーリンク」というこちらのエリアで行われています。集合時間の5分前に行ったところ、すでに数名の列ができていました。係員の方に整理券をもらい、列に並んでおきます。集合時間を多少過ぎても、まだ人数制限には到達していませんでしたよ。

この日に乗馬できたのは、こちらの2匹。「ポニー」と聞いていたので、もっと小さな馬かと思いきや…意外と大きくてビックリ!ちなみに、どちらの馬に乗るかは選べませんでした。(身長制限ギリギリの子だけ、右側の大きい馬に乗っているようでした)

場内に入れるのは子どものみ。保護者の方は、柵の前でカメラを構えて待機しています。カメラでの撮影タイムも1人1人に用意してくれるので、ママやパパたちはみんな必死に撮りまくっていましたよ(笑)乗馬中は係員の方たちがしっかり付き添ってくれるので安心ですね!

お座りができる赤ちゃんから乗れるので(係員の方がずっと支えながら乗せてくれます)、きっといい思い出になるはず!でも…うちの子も含め、小さい子はほとんどギャン泣きしながら乗せられていました(笑)

場内はわりと広いのですが、実際に試乗するのは半周ほど。馬に乗っている時間は1人1分くらいなので、結構短めです。ギャン泣きの子は、さらにショートカットコースになっていました。そのため、待ち時間も少なくサクサク進んでいましたよ。

開催時間…13:00~13:40(13時30分に受付終了)

場所…ポニーリンク

身長制限…130cm以下のお子さんのみ対象

人数制限…開催日は先着80人、開催日は先着120人

馬車試乗会

身長制限を超えてしまってポニーに乗れない…なんてお子さんも大丈夫!大人でも乗れる、「馬車試乗会」というイベントも開催されています。

先ほどのポニー試乗の横にあるエリアに行くと、すでに待機列が!こちらも、開始時間を過ぎてもまだ定員に余裕がありました。赤ちゃんから大人まで乗れるので、一家で参加している人が多かったです。


馬車はこんな感じ!一気に10人くらい乗せて、小屋の周りをゆっくりと1周します。風がそよそよと気持ちよく、ちょっぴり優雅な気分になれますよ。

スタッフの方が「走りますね~」と言えば小走りで進み、「次はゆっくりね~」と言えばのんびりと歩く馬さん。大人しくて賢しこい、素敵な馬でした!

開催時間…開催日は阪神4レース発走の5分後から30分間、開催日以外は14:30~15:00(14時50分に受付終了)

場所…ポニーリンク横

身長制限…なし

人数制限…先着80人

ポニーグリーティング

「直接のふれあいではなく、馬たちを一目見るだけでいい」という方は、数頭のポニーたちがご挨拶に来てくれる「ポニーグリーティング」がおすすめ。馬に乗ることはできませんが、スタッフさんに連れられたポニーたちをじっくり観察することができます。

身長制限や人数制限がないので、レース開催日などの混雑時に利用してみては。まだ大きな馬を怖がるお子さんに、遠くから慣れてもらうきっかけにするのもいいですね。

開催時間 1回目…12:10~12:40分、2回目…15:10~15:40分

場所 スペースキッズ周辺

開催日限定のイベントも

このほか、レース開催日のみ行われているイベントもあります。大きな馬による「誘導馬のお出迎え」や、ミニチュアホースによる「ポニーとお散歩」など。時間をうまく調整すれば、すべてのイベントを楽しむこともできますよ!

誘導馬のお出迎え…9:00からウイナーズサークルにて

ポニーとお散歩…15:00からポニーリンクにて(先着40名)

ファミリー向けエリアはかなり充実!

ファミリーたちがまったりできるのは、芝生エリアだけではありません!なんと、競馬場の施設内にもたくさんのファミリー用エリアが用意されているんです。

こちらは、赤ちゃんから利用できるチャイルドコーナー。名前や入室時間を記入するだけで、だれでも好きなだけ利用できます。

中はこのように、おもちゃや絵本がたくさん用意されています。こう見ると、まるで児童館のようですね!壁一面には、水でお絵かきができるようになっていました。

写真には写っていませんが、馬型の乗り物などもいくつかありましたよ。やはり、馬関係のおもちゃが多めに用意されていました(笑)

チャイルドコーナーには、授乳室やキッズ用トイレのほか、ミルクや離乳食に使える電子レンジもあります。おもちゃやトイレはどれも新しく、清潔感がありましたよ。

チャイルドコーナーのすぐ近くには、「ファーストフードプラザ」という食事エリアが。基本は立って食べるスタイルなのですが、子連れ専用のコーナーには椅子や机が用意されています。

ただし、席数がかなり限られているため、レース開催日は争奪戦になりそうな予感…。私が行ったときは、「どこかのテーブルが1つ空いていればラッキー」というレベルでした。とはいえ、すぐ近くには芝生広場があるので、満席の際はテイクアウトにしてピクニック気分で楽しむのもいいですね!

お店のラインナップは、こんな感じです!ジャンルはわりと幅広く、モスバーガーや吉野家までありますね。ちなみに、お茶やお水は施設内のサーバーを利用すれば好きなだけ飲むことができますよ。

わが家が選んだのは、宝塚カレーとモスバーガー。モスバーガーは街中にある通常の店舗とは異なり、一部の定番商品のみ取り扱われていました。期間限定商品やスイーツ系などのメニューはほとんどないのでご注意を。

「ファミリー専用コーナーがいっぱいだったけど、室内で食べたい」「確実に座って食べたい」という方は、各階にあるレストランを利用する手もあります。ただし、こちらはファミリー専用ではないため、一般のお客さんと一緒に食べることも。子どもが泣き出したら困る…という方は、やはり芝生広場のほうが安心かもしれません。お店によってはレース開催日のみの営業のため、行きたいお店がある方は事前に確認しておきましょう。

まとめ

「競馬場って、こんなに子ども向けのイベントやエリアが用意されていたんだ!」と驚いた方も多いのではないでしょうか。私も以前までは「競馬場に子どもはちょっと…」なんて思っていたのですが、実際はかなり家族連れに優しいスポットでびっくり。。競馬場のイメージが一気に変わり、何度も「すごい!また来たい!」と感じました。

施設内はほとんどが禁煙エリアなので、たばこの臭いも全く気になりません。あちこちに家族連れがいるので、周りから浮くこともありませんよ。

野外での無料イベントは雨天中止になることが多いので、ぜひ天気のいい日に阪神競馬場を訪れてみてくださいね。

ライタープロフィール

Written by : ゆずぽんず
一児の母兼フリーライター。今回のお出かけで、馬の可愛さにうっとり。スタンド1階にあるターフィーショップで馬グッズが売っているそうなので、今度行った際にゲットする予定です!

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.