初心者でも飼いやすいペット5選!愛らしい仕草に癒される♡

現代社会はストレス社会だと言われています。しかしそんなストレス社会で頑張るあなたに、癒しを与えられるかもしれない存在がいます。

それはぺットです。愛くるしい仕草や存在は、あらゆる場面で飼い主に癒しを与えてくれることでしょう。

様々な種類のペットを飼育してきた経験から、オススメのペットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

ペットを飼い始める前に


”飼いやすい”とはいえ、命あるものと一緒に暮らす以上、ある程度の覚悟と責任が必要です。

サボテンのように放っておいても生きていてくれるような動物は、まずいませんよね。毎日のごはん、トイレの世話、そして遊んであげる時間も大切です。そこにしっかり時間をとれるかどうか、ペットを飼い始める前にしっかり確認しましょう。

金銭面についても、もう一度よく考えてみてください。
日々のごはんやトイレの替えにももちろんお金はかかりますし、病気になった時には保険のきかないペットは多額の料金がかかります。治療内容にもよりますが、一度の診察で5千~1万円程度、入院となると1泊で3万円程度はかかります。いざという時にペットの健康を守ることは、飼い主としての責任です。お金がなくて病院に行けない、手術ができない、なんてことにならないようにしましょう。

しっかり責任と愛情をもってペットと暮らすことで、きっと心も豊かになるはずです。何より、そばにいてくれるペットの存在を慈しみ、心から大切にしてあげてくださいね。

実際に飼ってわかった!飼いやすいペット5選

1、犬

もはや定番ですね!飼育されている方も多いのではないでしょうか?

犬は非常に愛情深く忠誠心の強い生き物なので、ペットからの愛も感じやすいです。感情も豊かですから、とにかく子供のようで可愛いです。これほど忠実になついてくれる動物は、他にはあまりいませんよね。仕事で疲れて帰ってきた時、走り寄ってくる愛くるしい姿に疲れも吹っ飛んでしまいますよ!

躾もしやすく、しっかり教えてあげれば難解な芸も覚えることができます。

しかし、個体差もありますが、子犬の頃はよく吠えます。騒音トラブルに発展しまった例も多く聞くので、飼育可能な環境かしっかり確認しましょう。

そして大切なのは毎日の散歩!散歩は犬にとって何よりの喜びです。犬と暮らしていると散歩が日課となるので、飼い主の運動不足まで解消できて一石二鳥です。
犬の良いところ
・忠誠心が強く、よく懐く
・毛の長い種類の子はヘアースタイルも楽しめる
・たくさんの人が飼育しているため、グッズや病院の数も多く、困ることはあまりない

注意が必要なところ
・吠える子がいる。騒音トラブルに繋がることも。
・しつけが少し大変
・毎日の散歩が必要

2、猫

定番ばかりだと感じますか?そうです定番です!しかし、定番になるということはそれだけペットとして魅力的だということ。

猫はかなりツンデレな生き物です。犬と違って忠誠心は感じにくいかも知れません。しかし、飼い主への愛情は強く持っています。

普段は自分の好きなように動いているかと思えば、飼い主にべったりくっついて離れないときもあり、そのツンデレにメロメロになる飼い主も多いのでは。

トイレもしっかり覚える為、比較的飼いやすいですよ。

また、散歩の必要もありません。昔は外へ自由に散歩に行かせる飼い主が多かったと思いますが、今では事故や迷子になることを防ぐため、完全室内飼いの方が推奨されています。ただ、外に出たがる猫の場合は、一緒に外で遊んであげると良いかもしれませんね。

あまり手間のかからない猫ですが、家具や飼い主の手を引っ掻いたりするやんちゃな子も多いです。犬のように”飼い主の言うことは絶対!”という概念も猫にはないので、言うことをきかないことがあっても、あまり怒らないであげてくださいね。
猫の良いとこ
・あまり大きな声を出さないので静か
・犬と同じで飼育人口が多いので、グッズや病院が多く、困りにくい
・なんといっても愛らしい。予測不能な仕草で楽しませてくれる

注意が必要なところ
・基本的にマイペース&自分が中心なので、言うことをきかないこともある
・とがった爪でひっかかれないよう、爪とぎを常備する
・家の壁で爪をとぐ場合があるため、対策が必要

 

3、うさぎ

実はうさぎもかなりオススメです。意外だなと感じる方も多いかもしれませんね。

うさぎをオススメする理由はいくつかあります。

まず、鳴きません。うさぎは声帯がない動物なので基本的には鳴かず、音を出すとしても小さく鼻をぶうぶうと鳴らす程度になります。

そして体臭がほとんどありません。トイレに関しても、しっかりと掃除をしてあげていれば臭うことはありません。どんなお家でも比較的飼育しやすいのではないでしょうか?

しかし、犬のような忠誠心はあまりありません。どちらかというと猫のような気まぐれな子が多いですね。しかし愛くるしい見た目と仕草に飼い主はメロメロです。

 

うさぎの良いところ
・声帯がないためとても静か
・毛が柔らかくもこもこ。ぬいぐるみのような愛らしさ
・エサ代金が比較的安い

注意が必要なところ
・懐かせるのがなかなか難しい
・病気になっても我慢強いため気づきにくい

 

4、カメ

水辺の生き物の中では、個人的に一番飼いやすかったなという印象があります。

犬、猫、うさぎとは違う系統のペットです。しかし、ゆっくりとした動きと、餌をもらおうと顔を出す様子は可愛らしく飼い主悶絶です。しかも餌代は、こだわらない限りかなり安く抑えられます。

何よりどんなところに住んでも飼育可能です。さらに平均寿命も20年以上と長いので、ずっと一緒にいられますよ。

カメの良いところ
・かなり長寿。長い子だと40年近く生きる
・エサ代が安い
・体が丈夫なので環境の変化に強い

注意が必要なところ
・大きくなりすぎてしまう場合がある
・猫や鳥など、外敵が多いので外に置いておく場合は注意する

5、熱帯魚

熱帯魚は、実は最近再注目されているペットの一つです。

アクアリウムという言葉はご存知ですか?この単語の流行で熱帯魚が再注目されました。水草や隠れるための石を豪華にし、美しい観賞用の水槽を作ることが大流行しました。

アクアリウムを見ながらお酒を嗜む…大人の贅沢なひと時ですね。

水槽の管理は少々大変ですが、癒し効果は絶大です。

熱帯魚の良いところ
・とにかく美しく、癒される
・自分の好きなように水槽の空間をデザインできるため飽きがこない

注意が必要なところ
・維持費が意外とかかる
・飼育環境の維持が大変(水温を保つ等)

まとめ


いかがでしたか?ペットと一言にいっても様々な種類があります。

私自身、色々な種類の子を飼育してきましたが、個性豊かでどの子も印象深いです。もちろん個々で性格の違いはありますので、しっかりと相性を確認してから飼育しましょう。

繰り返しますが、命あるものと一緒に暮らすことは、責任と覚悟が必要です。寂しいから、可愛いから、と安易な理由で飼い始めることのないよう、お願いします。そして、巡り合った子にたっぷり愛情を注ぎ、幸せにしてあげてくださいね。

ライタープロフィール

Written by : なっちゃん
20種類以上の動物を飼育してきた大の動物好きなアラサー女子。休日は動物園か水族館に行き、自宅で見るテレビのほとんどがアニマルものだという徹底ぶり。現在は、うさぎ、カメ、ヤドカリ、オオクワガタ、犬を飼育中。
プレミアムキャットフード【カナガン】を試してみた!評判通りよく食べる?

高品質で食いつきも良いと評判のキャットフード【カナガン】を我が家の猫のごはんに買ってみました!果たして本当によく食べてくれるのか!?カナガンのキャットフードの特徴もあわせて紹介していきますので、参考ど ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連キーワード:

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.