絶対に失敗しない!ふんわりカステラの作り方

カステラはふんわりしっとりした食感が人気の昔ながらのお菓子です。底にザラメがタップリついているのが美味しいですよね。そんなカステラがお家で簡単に作れたら嬉しくありませんか?
今回は簡単に作れてほぼ失敗することのないレシピを紹介しちゃいます!新聞紙で作る型を使えば型がなくても作れます。
綺麗にラッピングすればちょっとしたプレゼントにもなります♪

もう失敗しない!カステラの作り方

1材料を準備しよう

卵(LまたはM) 4個
上白糖 160g
強力粉120g 120g
蜂蜜※ 30g
牛乳・みりん※ 各大さじ2
ザラメ(型の底に敷く) 大さじ3(お好みで調節可)
上白糖(型の底に敷く) 大さじ1
みりん(仕上げに塗る) 大さじ2

※蜂蜜・牛乳・みりんは混ぜて使います。

 

カステラ型(17cm×17cm)

新聞紙で簡単に作ることができます!作り方はこちら▼

2.カステラ生地を作ろう!

その1

ボールを2つ用意する。
卵は卵白1個分と残り(卵白3卵黄4)を別々にボールに入れる。

その2

卵白(1個分)をピンと角が立つまでハンドミキサーで泡立てる。
(途中で砂糖を大さじ3杯入れて硬いメレンゲを作る)

その3

ハンドミキサーで残りの卵に砂糖を3回に分けて加えて泡立てる。

 

※泡立て器ですくった時に、一旦もったりと泡立て器の中で止まってゆっくりと落ちる位の硬さが目安

 

その4

泡立てた卵に2回に分けて振るった粉を加えてゴムベラで切り混ぜる。
粉ぽさが無くなればOK。練らない様に!

その5

牛乳・みりん・蜂蜜を合わせ電子レンジで少し温めたものをくわえて切り混ぜる。

その6

最後に泡立てておいた卵白を加え切り混ぜる。

生地の色が均一になればOK!

その7

少し高い位置からざらめと上白糖を敷いた型に生地を流し入れます。

その8

爪楊枝で縦・横・斜めとジグザグに生地に線を描く様に泡切りをします

その9

180度に余熱して置いたオーブンの上の段入れて15分焼いた後下の段に入れ替え、20分焼く。
※位置を入れ替えるのは上段でカステラ上部に焼き色を付け下段で中までじっくり焼ける様にする為です。

※オーブンによって温度や時間は調整して下さい。

カステラに竹くしを刺してベタベタがついてこなければOKです!

3.出来上がってからの作業

その1

オーブンから出したら型の上からフキンをかけて
粗熱が取れるまで置いておきます。

その2

粗熱が取れたら表面にハケでみりんを塗ります。

その3

新聞型の四辺をキッチンバサミで切り取ります。

その4

底のわらばん紙を残してカステラを2等分にします。

その5

ラップでピッタリ包み上面を下にして2日間涼しい場所で寝かせます。

※焼き立てもフワフワで美味しいのですが寝かせることでよりしっとりとしたカステラに風味に仕上がります!

完成!

完成です!

側面を落として形を整えたら出来上がりです。

絶対に失敗しないカステラ作りのコツはコレ!

共立てレシピだと膨らみが悪くなったり、別立てレシピだとしっとり感がたりなかったりと
これだ!というレシピになかなか出会えないカステラですが・・・

「卵白1個分のみ別立てにして最後に加えること」で失敗なくフワフワしっとりの美味しいカステラが作れます。

最後に

ふわふわしっとりのカステラは本当に美味しいので是非お試しください。
デパートで売っている高級カステラにも負けない美味しさです!
バリエーションとして生地「その4」の工程でインスタントコーヒーや抹茶(小さじ2程度)を混ぜるとコーヒーカステラや抹茶カステラも作れます。色々な味を楽しんでみてくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね !してね

Twitter で
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。