関東地区のデートやお出かけに♪おすすめ水族館【厳選5選】

日本にはたくさんの水族館が存在します。水族館は本当に癒される空間ですよね。意外と知られていない穴場のような水族館から、ロマンチックな展示をしている水族館まで様々です。少し前と比較しても、その進化は著しく、目を見張るものがあります。

今回は関東の水族館にスポットライトを当て、オススメをご紹介して行きます。デートの参考にしてくださいね。

 

お洒落な展示が魅力!デートにオススメな新江ノ島水族館

画像:新江ノ島水族館

江ノ島という抜群の立地にある水族館です。目の前が海ということもあり、カップルだらけの水族館です。

海鮮丼の美味しいお店や、江ノ島神社など、観光地だらけのデートの定番スポット。近くに鎌倉もあるので、車で行った際は立ち寄って見てくださいね。

そんなデートスポットに囲まれた場所にある新江ノ島水族館ですが、立地の他にもデート向きだと言える理由があります。それは、展示の美しさです。もうとにかくロマンチックで幻想的な空間が広がっています。

特にオススメなのはクラゲの展示です。プロジェクションマッピングでクラゲの生態を説明してくれるのですが、イルミネーションのように綺麗な空間が広がっています。

さらに夜の部もあるのが、この水族館ならではです。展示は同じなのですが、キラキラしたライトアップが始まります。

光に照らされた水槽は、とても幻想的です。時間が遅くなると小さなお子さんは帰宅するので、静かな空間が広がっています。

また、かなりSNS映えする展示ばかりなので、女の子同士で行っても大きく盛り上がることでしょう。

 

マグロの回遊が観れるのは日本でここだけ!葛西臨海公園水族館

画像:江戸川区公式ホームページ

この水族館ではマグロの回遊を見ることができます。実はマグロの回遊は、日本ではこの水族館でしか見られません。

江戸川区がやっている水族館なので、大人700円と安易値段設定になっており、利用しやすいという特徴があります。

大量のマグロが泳ぐ姿は圧巻です。大迫力の大きな水槽なので遠くからも見やすく、マグロの泳いでいる姿がよく見えます。

一時期マグロの間で病気が流行し1匹しかいなくなっていましたが、今は元気に泳ぎ回っているようです。

磯の生物に触れることのできるコーナーもあるので、ヒトデやナマコが好きな人も飽きることなく楽しむことができますよ。

また、同じ敷地内に遊園地もあるので、一緒に楽しむことが可能です。遊園地の入場は無料なので、散歩ついでに見てみても良いかもしれませんね。

気になった乗り物は、券を購入すればもちろん楽しむことができます。

遊園地の敷地内には小さなチャペルもあります。草原の中にひっそりと佇むように建っており、SNS映えもバッチリですね。

 

遊園地も併設!1日楽しめる八景島シーパラダイス

画像:八景島シーパラダイス

八景島シーパラダイスといえば、このイルカのトンネルですね。この水族館は、展示の工夫が斬新で、海の生き物を身近に感じることができます。

オットセイに触れたり、イルカやアシカに触れ合えたりと、なかなかできない経験ができ、生き生きとした海の動物の姿に感動すること間違いなしです。

また、冬の時期になるとライトアップと光のショーも始まります。キラキラした会場の中を跳ねるイルカはとても幻想的です。

また、八景島シーパラダイスの最大の特徴としては、遊園地が併設されているということです。葛西臨海水族館にもあったよねと思う方もいらっしゃるかも知れません。葛西臨海公園の遊園地は入場無料の、広場にいくつか遊具があるようなイメージ、しかし、八景島シーパラダイスの遊園地はかなり本格的です。

大きなジェットコースターがあるのですが、大人でも本気で怖がるようなクオリティです。水族館なしで来ても、一日楽しめるような充実ぶり。

そのため、家族連れやカップルの他に友人同士の大人数のグループも多く見かけます。ワイワイ楽しく過ごすのにぴったりな水族館ですよ。

 

ショーのクオリティがかなり高い!鴨川シーワールド

画像:鴨川シーワールド

千葉県鴨川市にある水族館で都心からはかなり離れていますが、根強い人気のある水族館です。

なぜそんなに人気があるのでしょうか?
それはショーのクオリティの高さにあります。私個人でオススメなのは白イルカのショーです。

丸い輪っかの空気をインストラクターに出したり、頭がムニムニだと触られている姿はなんとも愛らしいです。

シロイルカの頭は柔らかく、ほとんどが脂肪だそうです。そんなことを面白おかしく教えてくれます。

また、有名なのはシャチのショーですね。これは年々パワーアップしています。

何と言っても、水しぶきの量です。一番後ろの席にいても水しぶきが飛んで来ます。調子が良いと立ち見の席にまで。スタジアム内に安全地帯はもうないのです。

パーク内で雨具が購入できますが、靴を脱いで置くのを忘れてはいけません。置いておいたら靴もびしょびしょになるので、しっかりカバーしましょう。

海の生き物を生かしたアトラクションで、退屈することなく楽しめます。都心からのアクセスは不便でも人気がある理由がわかりますね。

 

ホテルの中にある屋内型水族館アクアパーク品川

画像:アクアパーク品川

品川にある水族館です。鴨川シーワールドと違い、都会のど真ん中に位置する水族館です。

この水族館は、面積は広くないもののおしゃれさは群を抜いています。少ない面積で楽しませようという工夫が感じられますね。

アクアパーク品川では、パーク内にカフェが入っており、可愛らしいカクテルの販売も行っているので、ほろ酔い気分で鑑賞できます。

平日の夜にはサラリーマンとOLのカップルがデートを楽しむような落ち着いた雰囲気の水族館になっています。

都心からのアクセスも抜群で、営業時間も22時までと長めです。(時期によっては23時まで)仕事の疲れを取りたいと立ち寄る方も多いようで、ここの水族館の年間パスポートを持っているという方も多くいます。

ゆらゆらとゆっくり魚が泳ぐ姿は、人に安らぎと心地よさを与えます。光の演出がさらにそれを引き立て、美しい空間へと誘ってくれます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
水族館はとても楽しく癒されるレジャースポットなのです。家族でも恋人同士でも、一人でも楽しめる素敵な空間です。

水族館は年間パスポートがお得な金額に設定されているケースが多いので、3回くらい行けば元が取れてしまうものがほとんどです。

お気に入りを見つけて、ぜひ水族館の年間パスポート保有者になりましょう!

ライタープロフィール

Written by : なっちゃん
生き物大好き人間。好きな海の生き物はシロイルカ。水族館ではシロイルカに釘付けになります。ちなみに動物園ではカバに夢中になります。

この記事が気に入ったら
いいね !してね

Twitter で
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。