ジュニアシートはisofixが快適!簡単便利で安心感もばっちりなおすすめ4選

ジュニアシートをお探しのみなさま、「isofix」はご存知でしょうか?
isofixとは、専用のコネクターを使って、チャイルドシート(ジュニアシート)と、車のシートと接続する装着方式です。
まだまだ少ないですが、チャイルドシート、ジュニアシートとともに徐々に対応しているアイテムも増えてきました。

isofixは「接続ミスを減らす」「安定感を高める」などのメリットがあり、個人的にはシートベルト装着よりも断然おすすめしています。
もちろん、新生児から使えるようなチャイルドシートでも、ジュニアシートでも同様です。

チャイルドシートも手狭になり、3~4歳になるとジュニアシートを検討し始めますね。
実際に我が家でも、2歳半頃からisofix対応のジュニアシートを使っています。
使ってみると、安定感や安心感が高く、やはり買ってよかったと思います。

どのような理由でおすすめなのかを、チャイルドシートももちろんですが、ジュニアシート特有の理由と、おすすめの商品をご紹介していきます。

 

ジュニアシートにisofixをおすすめする理由

画像引用元:アップリカ

まずはじめに、なぜ、ジュニアシートにisofixをおすすめするのか。その理由をご説明します。

ジュニアシートは、乗せているだけ?

ジュニアシートにも色々と種類があり、やや低めの年齢から使えるジュニアシートは、5点式のベルトを使用する物が多く、固定方法は、チャイルドシートと同じように、車のシートとジュニアシートをシートベルト、もしくはisofixで固定します。

シートベルト固定とisofix固定は、やはり安定感が違います。
シートベルトの遊びの分、シートがずれてしまう心配もありません。

そして、多くのジュニアシートは、ある年齢からは、車のシートベルトを使って、子供の体を固定する方法になります。
まだ、チャイルドシートを使っているときは「どのようにジュニアシートを固定するのだろう?」と思っていましたが、調べてみると、なんとジュニアシートは座席に固定しないのです。置いてあるだけです。

確かに、体がシートベルトで固定されているので、ジュニアシートは置いてあるだけでも問題はありません。
シートベルトで、体とジュニアシートを挟む感じですね。
ですが、やはり気持ちとしては、固定したいのです。

そんな時、isofixが最適なのです。
ジュニアシートはisofixを使ってシートと固定。
その上に子供を座らせ、シートベルトを装着します。
この方が、椅子のぐらつきも少なく、快適に座れますね。

 

横にずれにくい

これも前の項で説明した内容と多少重複しますが、isofix固定ではないと、どうしても横にずれることが多くなります。

例えば、シートで子供が寝てしまった場合。
シートベルトだけだと、体が倒れてしまって困ってしまうことがあります。
シートがしっかり固定されていれば、その分体も倒れにくくなります。

また、遊びが多いと、シートをずらしたり、シートベルトを外したりいたずらしてしまうことも考えられます。
このような理由から、ジュニアシートにはisofixがおすすめなのです。

続いて、isofixで使えるジュニアシートのおすすめ商品をご紹介していきます。

 

isofix対応ジュニアシートおすすめ商品

Aprica ISOFIX ジュニアシート フォームフィット FormFit ラズベリーローズ 2022365

1歳から長く使える、Apricaのジュニアシート。
成長に合わせて、高さと幅を調整することができます。
独立して動く背もたれ(ムービングシート)で、寝てしまっても快適な座り心地を実現しています。
シートのほとんどの部分を取り外して洗うことができ、衛生的に使うことができます。

年齢 1歳~11歳
体重 9kg~36kg
身長 75cm~145cm

 

cybex ソリューションS-FIX

 

ヨーロッパでも高く評価されているサイベックスのチャイルドシート。
デザイン性と安全性で業界をリードし続けているドイツのメーカーです。
頭をしっかりと保護するヘッドレストはリクライニングも可能。
背もたれ部分に配置した、エアベンチレーションシステムや、リクライニングシステムなど、安全性はもちろん、快適性を追求した機能にも優れています。

年齢 3~12歳
体重 15kg~36kg

 

britaxrömer ブリタックス・レーマー チャイルドシート KIDFIXII XP

 

ジュニアシートに座っても、子供の身長では、かなり高い位置にあるシートベルト。
通常の3点式シートベルトを使用する際、シートベルトを4点式として、お腹にかかる衝撃を軽減させた「セキュアガード機能」を搭載しています。
大型のヘッドレストは、側面衝突時のリスクを軽減し、成長してもしっかりと頭部を守ってくれます。
また、睡眠時でも頭の位置を保ってくれる役割もあります。

年齢 4歳~12歳
体重 15kg~36kg

 

MAXI-COSI マキシコシ チャイルドシート ロディフィックス エアプロテクト

 

頭の部分には、衝撃吸収エアークッションを採用。側面衝突による安全性が大きく高まっています。
シートに座ったままリクライニングができるので、寝てしまっても大丈夫。
ヘッドレストの横にあるシートベルトガイドで、より正確に安全な装着が可能になっています。
カラーバリエーションも豊富でシンプルなデザインは、車を選ばすに長く使うことができますね。

年齢 4歳~12歳
体重 15kg~36kg
身長 約100cm~150cm

 

まとめ

チャイルドシートにも少しずつisofix対応の流れがきていますが、同じようにisofix対応のジュニアシートも少しずつ増えてきています。ですが、まだまだ選択肢は少なく、知らない人も多くいるでしょう。

使ってみるとかなり快適なisofix。チャイルドシートから継続している人も、ジュニアシートから検討し始めた人もぜひ使ってみてくださいね。

関連記事

isofixでもシートベルトでもOK!載せ替えも便利な兼用チャイルドシート

こどもを連れての車移動には必須アイテムのチャイルドシート。シートベルト取り付けが一般的でしたが、最近では、使い勝手や安全性から、isofixを選ぶ人も増えています。 実は、種類は少ないですが、シートベ ...

続きを見る

ユニクロのベビー服「買ってよかった!」おすすめ6選

画像引用元:ユニクロ 公式オンラインストア 「子ども服はたくさんいるのに、あっという間にサイズアウトして困る」「安くて可愛いベビー服が欲しい」というママさんの強い味方、ユニクロ。我が家でも、かなりお世 ...

続きを見る

 

ライタープロフィール

Written by : midori
モノへのこだわりが強めの30代主婦。気になるアイテムは、徹底的にリサーチ。使ってみて気に入らなければ、買い換えるという強気な面も…。家事は苦手です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.