もう高額請求は怖くない!海外でiphoneを使用する設定方法

海外へ行くときに気になるのは、いつも通りにiPhoneが使えるの?ということ。
じつは海外でiPhoneを使うには、いくつかのポイントがあります。これを知らずに海外でいつも通り使ってしまうと、帰国後に何十万という通信料の請求がきて泣きを見ることに。そんなことにならないために、海外でのiPhoneの設定方法をご紹介します!
 

高額請求を避けて海外でiphoneを使うには?

日本でパケット定額サービスに加入していても、海外ではネットが使い放題ではありません。普段利用しているパケット定額は、あくまで日本国内のもの。海外では適用されないのです。

海外で通信料を気にせずにiPhoneを使用するには、docomoやau、softbankなどの携帯会社による海外用パケット定額サービスを契約するか、海外で使えるポケットWi-Fiをレンタルする必要があります。

使いやすさや通信速度にはそれほど差がないので、どちらを選ぶかは好みですが、安さでいったらポケットWi-Fiをレンタルするほうが断然お得です。

携帯会社の海外パケット定額サービスより、1日あたり1,000~2,000円程度安くなるので、浮いたお金で少し贅沢するのも良いですよね♪

大手携帯会社の海外Wi-Fi設定は、各社のホームページに詳しく載っているので参考にどうぞ★

docomo 海外パケ放題の利用方法

softbank 海外パケットし放題設定方法(iphone)

au 世界データ定額適用)の場合のご利用

ここからは、海外のフリーWi-FiやレンタルWi-Fiを使用する場合のiPhone設定方法を紹介します。

※海外のフリーWi-Fiは、セキュリティの面からみて危険だという声もありますので、ご利用は自己判断でお願いします。
 

渡航前に必ず確認!海外でのiphone設定方法

データローミングをオフにする

そもそも海外でスマホを使って高額請求がきてしまう理由のひとつが、このデータローミングです。

docomoやau、softbankなどの日本の携帯会社の電波は、海外には届きません。そのため、海外では日本のスマホの通信は使えないはずなのですが、それを可能にするのがデータローミング。日本のキャリアが提携している現地の携帯会社の電波を、自動的に拾ってしまうのです。

これだけ聞くと便利なようですが、問題なのはその通信料が超高額なこと。

必ず渡航前にデータローミングがオフになっているかを確認しましょう。データローミングがオフになっていれば、現地の電波を勝手に受信することはなく、高額な通信料も発生しません。
 

データローミングをオフにする方法

①iPhoneの「設定」から「モバイルデータ通信」を開く

 

②「通信のオプション」を開く

 

③「データローミング」「4G」がオフになっていることを確認する

「4Gをオンにする」と表示されていれば、オフになっています。

この設定をしておけば、Wi-Fi環境でのネットやアプリの利用は無料です。ただ、通話料はかかるので注意しましょう。

 

★データローミングの他にも、iCloudやアプリの自動更新がオフになっているかも確認!

これらの設定だけでは不安、又はやり方が分からない、という方におすすめの方法はこちら。↓
 

ネットやアプリだけしか使わないなら「機内モード」でもOK

電話やSMSを使わずにネットやアプリ、カメラだけ使いたい方は、搭乗時から旅行中ずっと機内モードのままにしておくだけでもOK。Wi-Fiルーターさえあれば、LINEのような通信アプリもこの方法で使用できます。
 

機内モードでWi-Fiを使うには

①iPhoneのホーム下部をスワイプしてメニューを表示


 

②機内モードをオンにする


 

③WIFIをオンにする

これで、機内モードのまま(データ通信を行わない状態)、Wi-Fiを利用することができます!

私が海外に行くときはいつもデータローミングやアプリ更新をオフにして、さらに機内モードのままにして過ごしています(かなりの心配性)

機内モードにしているとGPSが効かず、日本時間のままになってしまうので手動で変えなければいけない、などの手間はありますが、他には特に不便に感じたこともなく、もちろん高額請求も来たことはありません。

 

無料Wi-Fiだけで海外旅行を乗り切れるのか

普段からあまりスマホを使用しない場合は、ポケットWi-Fiを借りるかどうか迷いますよね。ホテルでフリーWi-Fiを利用できるなら、なおさらです。

私自身も朝夜とホテルでメールやネットをチェックする程度で十分なので、ハワイや韓国あたりなら、ポケットWi-Fiなしでも大丈夫かな、と思います。(でも悩んだあげく結局フリーWi-Fiをレンタルする)

ただ、治安の良くない国や、行き慣れていない国へ行く場合、どんなトラブルが起こるか分からないので、すぐ対応できるようにポケットWi-Fiを持っていた方が良いと思います。

また、無料Wi-Fiを利用する場合は、セキュリティが甘いと個人情報をハッキングされる可能性があります。特にパスワードなどを入力せず簡単に使えてしまうものは注意です。

フリーWi-Fiのセキュリティがどの程度か、目安は下を参考にしてみてくださいね。
 

フリーWi-Fiのセキュリティ強度を確認するコツ

①カギのマークが出ているか

この鍵マークは、データが暗号化されているという意味です。

 

②「WPA/WPA2」以上か

Wi-Fiの詳細を見てみると、セキュリティレベルが分かります。(暗号化のレベル)

ここに「WPA/WPA2」もしくは「WPA/WPA2 PSK(AES)」と記載されているものはセキュリティが比較的高いものです。(「WPA/WPA2 PSK(AES)」の方がセキュリティが高い)

もし「WEP」と表示されている場合は、使用しない方が無難です。
また、無料Wi-Fiスポットでは、クレジットカードやID、パスワードなどの情報を打ち込まないことも大切ですね。
 

おまけ:海外でWi-Fiパスワードを聞きたいときに使える英語

海外のお店やホテルでWi-Fiのパスワードを教えてもらいたいときは、

★Could you tell me the(your) Wi-Fi password?
 (Wi-Fiのパスワードを教えてもらえますか)

★Can I ask for the(your) Wi-Fi password?
 (Wi-Fiのパスワードを聞いてもいいですか)

のように聞きましょう。

そもそもフリーWi-Fiがあるかどうかを聞くなら

★Do you have the free Wi-Fi?
 (フリーWi-Fiはありますか)

Wi-Fiへのつなぎ方が分からない場合は

★How can I access the(your) network?
 (どうやって接続すればいいですか)

などが便利です。

 

 

以上、海外でのiPhone使用方法でした!
はじめて海外へ行くときは、高額請求がこないかドキドキしてしまいますよね。でも、設定方法さえ分かってしまえば大丈夫!出発前にしっかり設定しておきましょう。

Have a nice trip!

ライタープロフィール

Written by : yukari
飼っている猫と、今まで読んできた小説が宝物です。それと映画、ときどき旅行があれば幸せです。あとはきれいな空と美味しいものとお酒。(欲張り)

アメリカ随一のワイナリー名所ナパ・バレーの魅力とおすすめ観光スポット3選

ナパ・バレーはアメリカ随一のワイン名産地。世界的にも有名なワインが数多く生産されており、最近ではオーパスワンやケンゾーワインなど、高級ワインの名もよく耳にします。もちろん、その分ワイナリーも数多くあり ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.