先輩ママがIKEAのハイチェアantilopを使った感想を本音でレビュー!メリット&デメリットは?

画像引用元:IKEA

子供が生まれて大きくなるにつれ、必要なものもどんどん増えてきますよね!離乳食が始まると必要となるのが、ベビーチェア。色々なものがありますが、重視するポイントによって買いたいものは違うでしょう。筆者は“コスト”を重視したため、IKEAのベビーチェアを選びました!(^^)!
今回は、IKEAのベビーチェアの購入に悩まれている方々に、愛用者の目線からの感想や使い心地などをご紹介していきたいと思います♪

 

IKEAのハイチェアのサイズは?

★テーブル幅・・・42cm
テーブルは十分な広さです(^_-)-☆淵の部分が盛りあがっていますので、飲みこぼしなどが床にこぼれるのを防いでくれますよ!
ちなみに最大荷重は15 kgという軽量タイプです。

★シートの幅・・・25 cm

★シートの奥行き・・・22 cm

★シートの高さ・・・54 cm

ここまでは公式サイトに載っている情報でした。

全体的なサイズ感ですと

★床からテーブル上面までの高さ・・・74cm
筆者の身長は159cmなのですが、子供を抱いて乗せるにはちょうどいい高さです♪

★床から座面上までの高さ・・・56cm
座らせたときに子供の足を置くところはないので、足はぶらぶらしていますがベルトもついていますし、食事中に立ち上がるということはないです!(^^)!ただ、少し大きくなった時、食事の時間に自ら着席するというのはできないです・・・。木製のしっかりしたタイプだと子供が自ら着席するそうです。(甥っ子たちがそうでした!)
とはいっても、自らイスの近くに来て“まんま!まんま!”とせがむ姿も可愛いですよ♪

★座面からテーブル上面までの高さ・・・18cm
こちらのテーブル、我が家のダイニングテーブルの上に見事にフィットしています!

図ったわけでもなく、寄せてみたらハマった・・・という感じでした!!

★テーブル部奥行き・・・41cm

★イスの足の幅と奥行き・・・幅55cm・奥行き58cm

こんなところです!
サイズ感については参考になりましたでしょうか(^_-)-☆

ハイチェア愛用者である筆者の感想は・・・。

うちの息子はもうすぐ1歳になりますが、今のところなんの不便も感じていません♪

デメリットとしては、先ほども紹介しましたが足場がないので足がぶらぶらしていること、ですかね・・・。むしろメリットのようにも思えますが。
あとは、子ども自ら着席することがないので大きくなってきたら抱いて乗せるのが辛くなってくることだと思います(>_<) 他には特に問題はありません。テーブルも広く、ワンプレートも難なくのりますよ♪

テーブルの淵が高いのも助かっていますよ(^_-)-☆税抜き1,999円ですが、コストパフォーマンスは十分と言っていいでしょう♪

 

IKEAハイチェアantilopのテーブルは外せる?外し方は?

ズバリ!外せます!

初めてトライした時にはかなり苦戦しましたが(@_@)これがまた見事にはまってなかなか外れないのです・・・。

購入した方の中には外れないと思っている方も多いようです。ところが、観察していると、あるコツを掴めば簡単に外せることが分かりました!(^^)!

足が通る箇所のテーブルをひっかけている4つのツメ。これを押し込みながらテーブルを上に引くことで外れますよ(^^♪押さえて引くという同時作業になるので、一人でやるよりも二人でやる方が簡単に外せます!

このように座席の横にも引っ掛ける爪があるので、力づくで外そうとすると故障する恐れがあるので気をつけてください!

 

IKEAのベビーチェアの対象年齢は?いつまで使える?

このベビーチェアの対象年齢は離乳食の始まる生後5・6ヶ月~3歳までのようですが最大荷重が15kgとなっていますので、子供の成長に合わせて使えそうです♪

離乳食の始まる頃は、まだお子様の体は小さいので座るスペースが広く、体が安定しません。そのため安定して座ることができるように、サポートクッションがあります!(^^)!

画像引用元:IKEA

筆者の子供は少し小さく生まれたので、このサポートクッションに助けられました(*^-^*)また、シンプルなデザインのこのベビーチェアに、サポートクッションがあることで色が加わり、雰囲気が変えられるのも良いですよね♪

 

安全ベルトの使用感はどう?赤ちゃんが抜け出すことはない?

画像引用元:IKEA

このハイチェア、安全ベルトがついていますが、正直なところ安全ベルトがなくてもなかなか抜け出すことはありません。

その秘密は、ベビーチェアの作りにあります。

・足場がないため、力が入りにくい
・小さいうちは少し深めに座ることになり、手をついても力が入りにくい

この2点です。さすがに、2歳頃からはベルトを占めていないと抜け出しちゃう子もいるかもしれません。

使用感としては、きちんと締まるので問題はなさそうですが、少し安っぽい感じはあります。でも、この値段なら納得のクオリティーではないでしょうか(^_-)-☆

 

作りはしっかりしている?ガタツキやグラグラ、安全性は大丈夫?

正直なところ、やはり子供が暴れると多少は揺れます。軽量タイプで足も細いので、出して出して~!とせがむときは少しガタガタします。筆者宅はダイニングテーブルの上に、ベビーチェアのテーブルをのせているので余計にそう感じるのかもしれませんが・・・。

かといって、安全性が劣っているとは今のところ思いません。きちんと安定するように計算された足の開き具合、安全ベルト、サポートクッションは安全性を高めるポイントであると思います!
正しく使用していれば、特に安全の面でも問題はないかと思いますよ(*^-^*)

私のお気に入り満足度

画像引用元:IKEA

私の評価は星4つとさせていただきます!!
なんといっても、コストパフォーマンスに拍手です(^_-)-☆そしてこのシンプルなデザイン、広いテーブルはまさに私好みです!小さくたためて収納できるところも◎
あまりベビーチェアこだわりがない方にも、ぜひオススメしたいアイテムですね。

ただ、違うカラーリングのものや、もう少しサポートクッションの種類があればもっとカラフルでいいのにな~と思ったので、満足度は4つにさせていただきました!

これからもまだまだお世話になる予定です(*^-^*)

ライタープロフィール

Written by : やましたかおり
子育て奮闘中の主婦です。子供が生まれてからは、ベビー用品店巡りが趣味の一つになりました。今はママ友たちと子育てについて語り合うことが好きです。この記事がどうか皆様の役に立てますように。
IKEA(イケア)で何買った?オススメ出来る雑貨商品ランキングTOP3

IKEA(イケア)に行ったら、買い忘れ注意!おすすめ日用雑貨TOP3! イケアことIKEAは家具や雑貨がプチプラで購入できるスウェーデン発の大型家具屋さん。 「ルームセット」と呼ばれる広いショールーム ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter で
関連キーワード:

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.