知らないと危ない!?簡単にできる3つの熱中症予防法

皆さん、これからの季節注意しないといけないのが熱中症ですよね。単なる熱中症と軽視してる人も多いですが、最悪の場合死に至ることもある恐ろしい病気です。しかし、しっかりと予防策を知り、実践をすることで防げるものでもあります。屋外、屋内問わずにおそわれる可能性がある熱中症です。その予防策をしることはとても重要です。自分だけでなく、周りの人も助けられるような知識となります。ここでは熱中症のメカニズムからその予防策を紹介していきたいと思います。

 

熱中症って何?

まずは熱中症とはなんなのか説明していきます。

熱中症とは高温多湿な環境で体温や体液、循環などの体内の調節機能が壊れてしまい起こる障害の総称とされています。そして、熱中症には症状によってランクがあるのです。

 

1.軽度熱中症

熱失神と言われるめまいや立ちくらみを主症状とするものと、熱けいれんと言われる筋肉痛やこむら返りが主症状のものに分けられます。

 

2.中等度熱中症

熱疲労と言われる頭痛や吐き気、嘔吐、身体のだるさなどの症状が出てくるものです。これはかなり脱水が進行している状態です。

 

3.重度熱中症

熱射病と言われる意識障害やけいれん、運動障害、高体温などが主症状とされるものです。これは処置が手遅れになると命を落とす危険性もある重篤な状態です。

 

熱中症の原因は高温多湿だけじゃない?意外と知らない4つの原因

上記のような状態にならないためにはその予防が重要となってくるのですが、それを理解するにはまず熱中症の原因を知らなければなりません。

先ほど熱中症の説明の中で高温多湿な環境で起こると説明しましたが、熱中症の原因はそれだけではありません。

 

1.環境

先述したように高温多湿な環境、また直射日光が当たる場所や風がない、もしくは熱風があるところです。これらは人間が体温を放散させるのを妨げてしまい、どんどん体温を上昇させてしまうのです。

 

2.激しい運動

運動をすると筋肉から熱が発生します。それがうまく身体の外に放散されないと熱中症の危険が出てくるのです。

 

3.服

保温性や吸湿性が高い衣服は体温の放散を防ぎ熱を溜めてしまうので危険です。

 

4.水分と塩分の不十分な摂取

人間は汗を掻くことにより水分だけでなく塩分も失っています。そのため水分だけでは不十分であり塩分も適切に摂取する必要があるのです。

 

簡単にできる!3つの熱中症予防策

ここからは、具体的にどうすれば熱中症を予防できるのか紹介していきます。

 

1.直射日光に気をつける

日向を避ける。もしくは長時間直射日光に当たることがないようこまめに日陰や冷房の効いた室内で休憩を取ることが大切です。また、帽子をかぶることでも直射日光を遮ることができます。日傘をさすことも効果的です。

具体的におすすめする帽子は色が白色などの薄い色であるものです。これは熱を反射してくれる効果があります。反対に黒色は熱を吸収してしまうので注意しましょう。また、麦わら帽子などの通気性がよく、つばが大きい帽子もおすすめです。

日傘の色は外側が白、内側が黒をおすすめします。先述したとおり白色は熱を反射するためです。そして、内側が黒であることで地面に反射した熱を吸収してくれるのです。もし、内側が白色の場合地面からの反射をさらに反射して顔にあったてしまうことになってしまいます。現在女性だけでなく男性にも広まってきています。ぜひ、自分の好みの傘を探してみてください。

 

2.水分補給を欠かさない

スポーツドリンクやお水を15分おきなど細かく摂取することが大切です。また上記の熱中症の原因でも記した通り塩分の喪失も危険なため、水分だけでなく塩の補給をすることも必要です。塩を舐めるのも手段の一つですが今は塩飴なども販売されているのでこまめに塩飴を舐めるのも効果的でしょう。もし、自分で塩水をつくるのであればだいたい1ℓくらいの水に対して1~2gの食塩を加えるだけですのでぜひ作ってみてください。

 

3.体温測定をする

外出前に体温を測っておくと自分の危険度がわかることがあります。人の身体の中の体温は外出や運動をする事で1〜2度高くなるので元々の体温が高いとより熱中症の危険が高いのです。

そのため、外出前に体温を測り室内にいる状態で体温が上昇しているということがわかった場合は身体を冷やしてから外出することも予防につながります。

人間の身体には太い血管が通っているところがいくつかあります。具体的には首や脇などです。そこを冷やすことで効率よく身体を冷やすことができます。

現在は冷汗グッズも数多く販売されています。首に巻くことができるものや、衣類やタオルに吹きかけて冷感を得られるものなどなど、自分の用途や好みに合ったものをぜひ見つけてみてください。

また、身体を冷やすのは外側からだけでなく内側からも工夫をすることができます。それが食事です。

キュウリやトマト、スイカなどには身体を冷やす効果があります。キュウリの1本漬けは調味料(塩とだしの素)とキュウリを袋に入れてもんで2~3時間おくだけで簡単に作れたりするのでぜひためしてみてください。

 

まとめ

今回は、熱中症について説明させていただきました。これからの季節には絶対に欠かせない知識です。

海に行ったり山に行ったりと楽しい気分の時に倒れてしまうとせっかくの思い出が台無しですよね。そして、そのせいで命を失ってしまうことになると元も子もありません。自分だけでなく一緒にいる家族や友達もみんなで元気に過ごせることが何よりも大切です。

もちろん、年齢やその日の体調によって気を付けていてもなってしまうことはあると思います。そういう時は上記に記した症状を思い出し、早期に発見した適切な処置が早く行われるようにしましょう。

自分の身を守れるのは自分です。熱中症に対する正しい知識をもち、楽しい夏を過ごしましょう!

ライタープロフィール

Written by : ma-na-na
看護師免許あり。熱中症について学生時代に勉強。現在も高齢化や異常気象により熱中症が多く発生していることに着目し勉強中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.