コーヒーミルは手挽きが断然美味しい!おすすめの手挽きミル5選

「挽きたての豆の香り」と「飲んだときの味わい」の2回、楽しむことができるとも言われているコーヒー。家庭でも、カフェのようなとっておきの一杯を楽しむためのアイテムがコーヒーミルです。

そんなコーヒーミルですが、電動や手動、さらには業務用の大きなミルまで様々な種類があります。中でもおすすめが手挽きのミルです。どうして手挽きのミルをおすすめするのかの理由と選び方。そして、おすすめの家庭用手挽きミルをご紹介していきます!

関連記事

妊活中にもおすすめ!朝に飲みたい体を温める飲み物10選

「寒い冬の朝は何もしたくない」と、適当に朝食を済ませて仕事へ……なんてことはしていませんか?寒い時期だからこそ、体を温める飲み物でほっと一息つきましょう。ホットドリンクを飲むと、今までの寒さが嘘のよう ...

続きを見る

 

ミルの種類は主に3種類

ミルは業務用のものも含めると、豆を粉にする方法の違いで主に3つに分けられます。まずは、それぞれ見て行きましょう。

臼式

溝がある臼に豆を押しつぶす方法で粉砕していくのが臼式のコーヒーミル。ある程度の粒のサイズは均一になりますが、やはり多少のばらつきは出てくるのが特徴です。

よく見かける手動のコーヒーミルは臼式を採用しています。比較的手に入れやすい価格で、3000円程度のものが多く、低価格なものだと1000円台のものもあります。

ちなみに、臼式にも電動タイプもあり、こちらは1万円前後からの価格帯で手に入れることが可能です。

 

ミキサー式

画像:Kalita

調理に使うミキサーやブレンダーなどと同じ原理で、プロペラのように回転する刃でコーヒー豆を粉砕していくのがミキサー式。

手軽で簡単な反面、粒の大きさにはバラつきがでやすく、粒子の大きさを調整するのは稼動させる時間のみという不安定さもあります。

電動タイプの中では一番低価格で手に入れることができます。

 

カット式

画像:Kalita

カフェなどの業務用として使われることが多いカット式のコーヒーミル。刃の隙間を豆が通ることで、指定したサイズの荒さに挽くことができます。粒の大きさの再現性にも優れで、雑味のない整った挽き方が可能です。

価格は2万円以上と、家庭で使うにはやや高級な部類です。
 

均一な粒が美味しいコーヒーにつながる

豆を挽く方法によって3種類の分類になるコーヒーミル。

美味しさの決め手は、目的に合わせた均一な粒のサイズ。この点からいっても、カット式、臼式、ミキサー式の順に美味しさが変わってきます。

価格を気にせず選ぶのであれば、業務用のカット式がベストと言えるでしょう。

しかし、家庭用で使うことを考えた大きさやコストを考慮すると、手動の臼式が一番おすすめです。

ミキサー式だとどうしても粒の大きさにばらつきが出るため、味が安定しません。さらに、電源が必要なのでその都度コンセントを挿す手間が出てきます。

手動のコーヒーミルのデメリットは、手が疲れることと時間がかかること。

この2点に納得がいくのであれば、手動のコーヒーミルをおすすめします!

 

手挽きコーヒーミルの選び方3つのポイント


続いて、手動コーヒーミルを選ぶ時のポイントを3つご紹介します。
 

持ちやすい形状、サイズのものを選ぶ

手動のコーヒーミルは、挽くのに時間と労力を要します。少しでも楽にハンドルを回すためには、持ちやすさと適度なサイズが必要です。

机に置いた時に安定するか、もしくは持った時に持ちやすいかをチェックしてから選びましょう。

 

刃の素材もチェック

刃にどのような素材を使っているのかも大切です。現在使われている刃は大きく分けて2種類。セラミック製と金属製です。それぞれメリットやデメリットを見ていきましょう。

セラミック製

セラミック製の特徴は、まずお手入れのしやすさです。金属のように錆びたりしないので、水でもガンガン洗うことができます。また、長く使えて耐久性もばっちりです。

そして、金属臭もしないので、豆の香りを損なわないというメリットもあります。

切れ味は比較すると金属製にはやや劣ります。

 

金属製

高級なミルや業務用ミルに使われることが多いのが金属製の刃です。良い製品であればあるほど切れ味が鋭く、雑味を発生させずに豆を挽くことができます。

高価なミルでは、挽いたときの軽快さを感じることができるはずです。

デメリットとしては、簡単に水洗いなどができないので手入れにやや手間がかかること。長く使う道具としてマメな手入れができるかどうかが大切でしょう。

 

価格帯は5000円を目安に

そして肝心の価格帯。家庭用のミルであれば5000円前後のものが主流となっています。この価格帯で選ぶとなると、やはり電動よりも手動に軍配が上がります。

刃の素材、構造の違いなどを考慮して選びましょう。

さらにこだわりたい時や、予算と置き場所に余裕があれば、業務用のカット式ミルもおすすめです。

 

手動コーヒーミルのおすすめアイテム5選

HARIO 手挽き コーヒーミル ・ セラミック スリム

 

臼にはセラミック製を採用し、摩擦熱が発生しにくくコーヒー粉へのダメージを最小限にしています。握りやすいスリムなボディと、中身が一目でわかるガラス製で挽いた粉を確認しながら使えるのもポイント。ハンドルを本体に引っかけて、コンパクトに収納することもできます。

 

カリタ コーヒーミル 手挽き

 

インテリアとしても楽しめるクラシカルなデザインのコーヒーミル。耐久性に優れた硬質鋳鉄製臼歯を使用し、切れ味も長持ち。大きな投入口で豆を入れやすく、使い勝手にもこだわったベストセラーアイテムです。

 

メリタ 手挽き コーヒー ミル ザッセンハウス ミル ラパス MJ-0801

 

ドイツの老舗メーカーであるザッセンハウスのコーヒーミルは、機能性デザイン製ともに優れた製品。刃には硬質特殊鋼を使用して、軽快な挽き心地を実現。美しいデザインは、ただ置いてあるだけでも満足できる逸品です。

 

カリタ コーヒーミル ダイヤミル ブラック N #42138

 

こちらも美しいデザインが目を引くコーヒーミル。大きなハンドルで回しやすく、引き出し式の粉入れには約60g入ります。硬質鋳鉄製臼歯を使用し、切れ味も長持ちです。シンプルなブラック、味わい深いレッドの2つのカラーから選べます。

 

ポーレックス コーヒーミル セラミック ミニ

 

細挽きから粗挽きまでお好みの荒さで豆を挽くことができます。刃にはセラミックを使用し、お手入れも簡単。金属臭を防ぎ、熱による風味を損なわないメリットもあります。ハンドルホルダー付きで、使わないときはコンパクトに収納が可。

 

まとめ

家庭用コーヒーについてご紹介してきました。おすすめは手動のミル。場所もとらずにコンセントいらず、さらに挽く手間も楽しめるのであれば、ぜひおすすめです。

予算に余裕があれば業務用のカット式を選んだり、時短で豆を挽きたい場合は電動タイプも視野に入れて検討してみてくださいね。

 

ライタープロフィール

Written by : midori
モノへのこだわりが強めの30代主婦。気になるアイテムは、徹底的にリサーチ。使ってみて気に入らなければ、買い換えるという強気な面も…。家事は苦手です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.