旅行先で探してみて!料理が美味しくなるおすすめ「ご当地調味料」10選

毎日の料理に使われる調味料。スーパーで並んでいるものもいいですが、たまには「ご当地調味料」を使って、いつもの料理をもっと楽しくしてみませんか?「ご当地調味料」はその地方ならではの材料を使っているだけでなく、無添加や国産にこだわったものも多数存在します。

そこで、ぜひ一度は味わってほしい絶品の調味料をご紹介!料理が好きな人も、新しい味に出会いたい人も要チェックです!

 

おすすめのご当地調味料 10選

1.トナミ醤油 「丸大豆昆布醤油」

 

富山県産のエンレイ大豆を使用した、知る人ぞ知る高級しょう油です。国産小麦を用いるだけでなく、天然利尻昆布の一番だしでコクのある旨味を演出しています。化学調味料・合成甘味料・着色料は一切含まず、必要なものだけを厳選しているこだわりも。

普段の料理にはもちろん、和風ドレッシング作りにもピッタリの商品です。容量はたっぷりの1リットルもあるので、惜しみなく積極的に使えるところも嬉しいですね。

 

2.キッコーマン 「めんみ」

 

しょう油で有名なキッコーマンが、北海道限定のめんつゆを販売しているのはご存知でしょうか。北海道にお住まいの方ならおなじみの存在ですが、それ以外のお店には出回ることの少ないレアな存在。それにも関わらず、かつお節、にぼし、昆布、さば節、ホタテの5種類からとっただしを贅沢にブレンドした絶品なんです。

しょう油と本みりんのコクも加わり、味わい深さも文句なし。すべてのだしがうまく合わさっているので、麺類だけでなく煮物やおでんにも最適です。濃縮5倍タイプなので、長く使えるところも魅力的ですね。

 

3.石神邑 梅干ラボ 「うめ塩」

画像引用元:石神邑

 

ほんのりとした強すぎない酸味は、ご飯との相性抜群。あの有名な紀州梅を使用した「うめ塩」は、普段のおにぎりを一気においしく変化させてくれます。

梅から作られているため、色はかわいらしいピンク色をしています。冷奴の上に軽く振りかけるだけで、鮮やかさを表現することができますよ。そのまま食卓に飾れる便利なパッケージにも注目です。

 

4.鳥居食品 「ウスターソース」

 

静岡県浜松市で知らない人はいないほどの存在である、鳥居食品のウスターソース。大正13年に創業して以来、ずっと受け継がれている木桶でしっかりと熟成されました。

原材料の玉ねぎやトマトは国産のものばかり。野菜そのものを細かく砕いて加えているので、野菜そのものの味を堪能することができます。辛みが無くまろやかなテイストなので、辛さが苦手な方にもおすすめですよ。

 

5.白扇酒造 「福来純 本みりん」

 

岐阜県にある白扇酒造が手掛ける「福来純 本みりん」は、「マツコの知らない世界」「ぐるナイ」など数多くのメディアにも取り上げられた実績のある商品。一流料理店では、「みりんはこれ!」と用いられることも多いそうです。

伝統手法で90日仕込み、さらに3年熟成させたその味は、深みと甘みが絶妙なバランスを保っています。ご飯を炊く際に少し加えると、ツヤと甘みがアップ。和食・洋食の両方に使える万能さにも注目です。

 

6.瑞鷹株式会社 「瑞鷹 本伝 東肥赤酒」

 

熊本県で愛され続けているこちらの料理酒は、その名の通り赤い色合いをしています。これは、日本古来の「灰汁持酒」という技術でつくられているからだそう。

生産は熊本県でしかされていないものの、豊かなうまみとクセになる甘さが話題となり、わざわざ取り寄せる方がいるほどの人気商品です。素材の味をひきたててくれるので、煮ものにすると絶品ですよ。

 

7.石井味噌 「杉桶仕込天然醸造」

画像引用元:石井味噌

 

春に仕込まれたあと、三年目からようやく出荷する三年味噌です。熟成されている間に高まった味と香りは評判が良く、最高品として重宝されています。原料の大豆は、主に信州産の国産大豆を使用。食物繊維が多く、別格の風味を漂わせています。

また、化学調味料や保存料は使用しないよう製造されているので、安心して毎日口に入れることができるもの嬉しいですね。妥協を許さず、本来の味・香り・色にとことんこだわった信州味噌を、ぜひ味わってみてください。

 

8.大日本明治製糖株式会社 「石垣島のおいしいお砂糖」

名前の通り、自然豊かな沖縄県石垣島でとれたサトウキビを100%使用して作られた砂糖です。サトウキビ独自の風味が活かされているので、ほんのりとした優しい甘さが口の中に広がります。

一般の砂糖と同じように使用するのはもちろん、クッキーやプリンなど洋菓子に使用するのも向いています。袋はチャックつきなので、長期間の保存にも耐えられるのもポイントです。

 

9.うね乃 「だし屋のしろだし」

画像引用元:うね乃

 

薩摩産鰹節、天然利尻昆布、大分県産の干ししいたけがバランスよく合わさった、濃縮タイプのおだしです。お吸い物には9倍、茶碗蒸しには6倍と、目的に応じて濃度を調節することで最適な味を引き出すことができます。

浅漬けが好きな方は、原液のまま漬けるだけで簡単に仕上げることも可能。1本あれば、あらゆる料理に幅広く活躍してくれます。

 

10.大分千歳村農産加工 「かぼす胡椒」

画像引用元:大分千歳村農産加工

 

大分県特産品をたっぷり使用したかぼすコショウ。柚子表皮を使用した元祖柚こしょうとは異なり、大分県特産品のかぼす表皮が使われています。ちなみに、使用されているトウガラシも大分県産というこだわりよう。

柚子と比べると香りは控え目なものの、料理の味をうまく引き立ててくれます。特に豚肉料理とは相性が良く、ほんの少し加えるだけでいつもと違った味を楽しめます。ほんのりと感じるかぼすの風味を、じっくり堪能してください。

 

まとめ

気になる調味料には出会えましたか?「たくさんあって迷ってしまう!」という方は、一気に買い揃えて「調味料のご当地巡り」をしてみるのも、少しずつ試して「これだ!」と思うものを探すのもいいですね。

味噌にしょう油にだし……。日本各地には、絶品の調味料がまだまだあります。「普段の味付けがマンネリしてきたかも」と感じたら、ぜひご当地調味料をお取り寄せしてみてくださいね。

関連記事

西日本のサービスエリアで買った絶品おみやげ7選!【関西・中国・九州地方】

車で旅行するときの醍醐味といえばサービスエリア!新幹線や飛行機と違って、行く先々で気軽に立ち寄れるのが良いですよね。今回は、西日本の高速道路を横断し各地のサービスエリアへ立ち寄ってきた中で、オススメの ...

続きを見る

旅行先で絶対食べたい!全国の絶品ご当地グルメおすすめ10選

お肉に魚介類に野菜…。全国各地には、一生に一度は食べておきたい「ご当地食材」がたくさん存在しています。旅行先で味わうのはもちろん、お取り寄せして家族と楽しむのも良いですよね。 そこで、全国屈指のおすす ...

続きを見る

 

ライタープロフィール

Written by : ゆずぽんず
一児の母兼フリーライター。国内旅行をすれば、必ず現地のお店で調味料を購入します。想像以上においしく、「もっと買いだめしておけばよかった」と後悔することもしばしば。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.