簡単にできる犬の暑さ対策とおすすめグッズ5選!


多くの犬は、寒さに強い一方で暑さに弱いと言われています。とくに寒い地域出身の犬種やブルドッグなどの鼻が低い犬種、プードルやチワワといった長毛種は暑いところが苦手。暑さによって体調不良になってしまうケースもあります。

そこで、室内飼いの犬を暑さから守る方法をチェックしておきましょう!おすすめの暑さ対策グッズもあわせてご紹介します!

 

犬にとっての適温は?

犬にとって快適な気温は22度前後、湿度は60%と言われています。それを越えると、犬にとって不快な環境となってしまいます。となると、真夏以外の時期にも暑さ対策は必要ということですね。

部屋を快適な温度に保つためには、エアコンの使用がおすすめです。冷房をつけるなら室温は25度~26度、湿度は50%くらいを目安に設定しておくといいでしょう。

 

暑さ対策をしないと犬にどんな症状が出る?

暑い空間に長くいると、熱中症になってしまう可能性があります。では、その代表的な症状をみてみましょう。

 

1.パンティングをする


犬は人間と違い汗をかかないので、舌出した状態でハアハアと呼吸して体温調整をしています。この動作をパンティングといい、犬が暑がっている証拠でもあります。

運動をしたわけでもないのにパンティングが見られる場合は、部屋の温度を下げるようにしましょう。

 

2.体温が上がる

犬の体温は通常38~39度と、人間よりは少し高め。しかし、40度以上なら体調不良が表れていると考えられます。普段から動物体温計を使ってペットの平温を知っておき、いざというときの基準にしておきましょう。

 

3.よだれが大量に出る

よだれが大量に出る、ぐったりとしているといった症状は、熱中症のサインである可能性も。無理に動かそうとせず、すぐに休ませてあげましょう。

水を飲ませる、室温を下げるといった対応も必要です。散歩中の場合は、涼しい木陰で休憩させて様子をみましょう。

 

簡単にできる!犬の暑さ対策4つの方法

ちょっとした工夫をすれば、簡単に犬の暑さ対策をすることができます。その方法をいくつかご紹介しましょう。

 

寝床の配置を考慮する


犬が普段寝ている場所に、直射日光が当たってはいませんか?ガラス越しでも、日光が当たり続けているゲージの中は気温がどんどん上がっていきます。時間帯ごとの日の入り方をチェックし、どの時間帯でも直射日光が防げるところに寝床を用意しておきましょう。

 

サマーカットをしておく

毛が長いタイプの犬は、事前にサマーカットしておくのもおすすめです。トリマーや獣医師などに確認し、皮膚や体調に影響がでない範囲でカットしておきましょう。

 

散歩は涼しい時間に

炎天下のなかでの散歩は、飼い主さんだけでなく犬の体力も奪ってしまいます。早朝や夕方以降など、気温が下がっているうちに外出するように心がけましょう。散歩中でも、こまめに水を飲ませるのも大切ですよ。

 

ペットボトルを凍らせておく

水を入れたペットボトルを凍らせ、タオルなどで包んでおきましょう。寝床に置いておけば、ひんやりした枕として使ってくれるはず。ペットボトルを噛んでしまうなら、湯たんぽなどを利用するのもいいですね。

 

暑さ対策におすすめのグッズ5選

暑さが苦手な犬のためにも、暑さ対策グッズを活用しましょう。室内だけでなく、散歩中に使えるアイテムもありますよ!

 

Hoomoi ペット冷却マット

 

ひんやりした素材の上でくつろげるので、室内の暑さ対策にぴったり。強度があるので、噛み癖のある子でも安心です。

夏の間はもちろん、エアコンをつけるほどでもない時期でも継続して使えるのも嬉しいですね。持ち運びやすいので、移動中の暑さ対策にも便利。車の座席に敷いたり、キャリーの中に置いたりと、さまざまな使い道ができそうです!

サイズや色を選べるので、小型犬から大型犬まで対応しています。外用と家用を使い分けてもいいですね。

 

魔法の天然石ひんやりマット G400-P01

 

こちらは、かわいいピンク色をした天然の御影石マット。触れた瞬間、天然石らしいひんやり感が伝わってきます。

表面は本磨き仕上げによるツルツルした触り心地で、裏面はあえて切ったままの滑らない状態に。お好みに合わせて使い分けられるので、ペットの反応を見て判断してみましょう。

大型犬は、2枚並べて使用するとちょうどいいはず。汚れてしまったときは、さっと水洗いすることもできますよ。

インテリアに馴染みやすい色合いなのもポイントです。大理石と比べて匂いが気になりにくく、耐久性も高いんですよ。

 

犬用 クールバンダナメッシュ生地

 

散歩中の熱中症を予防するため、首元をやさしく冷やしてあげるのもいいですね。スカーフを濡らして絞った状態で振ると、冷却タオルに早変わり。氷水で濡らせば、さらにクール感がアップします。

メッシュ素材を使用しているため、通気性もバッチリ。柔らかい手触りなので、ペットもきっと気に入ってくれるはずです。また、防腐剤や化学薬品などは一切使用していません。

S~Lサイズがそろっているので、犬の種類や大きさに合わせて選んでくださいね。使わないときは、くるっと巻いてコンパクトに収納できますよ。

 

BlackDoggy 犬用クールベスト ひんやりお散歩タンクトップ

 

「首元だけでなく全身を冷やしてあげたい!」という方は、タンクトップ型の商品がおすすめ。水を吸収させて軽く絞れば、気化熱によって犬の体温を下げてくれます。

空気網があるので、通気性も抜群。光を反射するエッジカバーが付いているので、夜のお散歩でも安心です。

バックルタイプは調節可能なので、犬の大きさにあわせてサイズを変えることも。成長に合わせられるのも助かりますね。

 

HoneyGuaridan W25 ペットファウンテン

 

熱中症予防には、こまめな水分補給が大切です。いつでも好きなだけ新鮮な水を飲めるよう、水飲み場の環境を整えておきましょう。

この商品には3つのモードが備わっています。常に水を出し続けたいときは「連続モード」、30分ごとに水を出したいときは「断続モード」、犬が近づいたときだけ水を出してほしいときは「赤外線モード」を選びましょう。

入る水の量は2.5Lとたっぷり!水が少なくなると、ランプを点灯させて教えてくれますよ。

汚染物を除去するカーボンフィルターは交換式なので、いつでも安全な飲み水を与えられます。簡単に分解できるので、お手入れもしやすいです。

 

夏に犬を留守番させるときの3つの対策


「夏の間中、常に家族の誰かが家にいる」とは限りませんよね。犬だけで留守番する際は、いつも以上に暑さ対策をしておかなければなりません。

 

1.ケージの配置場所には注意を

留守番中は犬をゲージの中に入れている家庭も多いのではないでしょうか。その際は、ゲージが直射日光に当たらないかどうかだけでなく、エアコンの風が直撃しないかもチェックしておきましょう。

扇風機をかける場合は、風が当たりっぱなしにならないよう首振りモードにしておくのもポイント。室内の空気を循環させ、涼しい風を感じてもらうことができますよ。

 

2.冷却グッズをフル活用する

家の中にひんやりエリアがあれば、留守番中もこまめにクールダウンすることができます。冷却効果を下げないためにも、冷却グッズは日光の当たらない涼しい場所に設置しておきましょう。

保冷剤入りのタイプは、犬がかじって保冷材の中身を口にしてしまう可能性も。留守番で初めて使用するのは避け、犬が使用する様子をあらかじめチェックしておきましょう。

 

3.飲み水の確保を

万が一飲み水を飲み干してしまったときのことを考え、給水ポイントは2箇所以上用意しておきましょう。器に氷を入れておくと、水温を下げられるのでおすすめですよ。先ほどご紹介した給水アイテムを、事前に購入しておくのもいいですね。

 

まとめ

熱中症が起きる可能性があるのは、散歩中だけではありません。とくにマンションは気密性が高く、空気が循環しにくい傾向にあります。エアコンの使用や風の通りをよくして、快適な環境にしておきましょう。

大切なのは、「犬の暑さの基準」を知っておくこと。人間よりも暑さに弱いので、飼い主の感覚だけで判断しないようにしておきましょう。

ライタープロフィール

Written by : ゆずぽんず
一児の母兼フリーライター。エアコンを24時間ずっとつけていたら、こまめに消していた時期よりも電気代が安くなりました!以前までの努力は一体…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.