掃除を楽にする7つの方法!時短掃除テク&おすすめグッズ


日々の掃除、皆さんはどのくらい時間をかけていますか?私はとにかくズボラで、掃除や片付けが苦手です。それに2人のやんちゃ盛りの息子がいるため、なかなか掃除や片付けに集中できる時間もありません。とはいえ掃除をしないわけにもいかないので、毎日頑張らず、時間も取らずにゆる~く掃除をしています。モットーは頑張り過ぎない事!今回は、私が実践している掃除を楽にする方法を紹介させて頂きます★

クセがつけば超簡単!掃除を楽にする7つの方法

1、不要な物は置かない

これは、いつも片付いた部屋を目指す上で欠かせないポイントです。

一度、部屋を見渡してみてください。使わない物や気に入らない物がなんとなく置いてある、なんてことはありませんか?もし、そのような物があれば思い切って処分してしまいましょう。本当に必要な物だけを置くことがポイントです。

物の数だけ部屋は散らかってしまいがちです。また、ホコリも付きやすく、掃除がしにくいですね。その点、整理整頓された部屋はモノが少ない分散らかりにくいですし、掃除もしやすいです。

 

2、出したら戻す

物がいつもごちゃごちゃしていて、必要な時にすぐに出てこないと苛立った経験はありませんか?これはいつも使った物がそのまま置いたままになってしまっているか、元の場所に戻さずに別の場所に置いているため。

まず、物ひとつひとつの定位置を決め、使ったら必ずその定位置に戻すクセをつけましょう。これは、掃除というより整理整頓の話になってしまいますが、そもそも部屋に物が散らかった状態では掃除ができません。何よりもまず、掃除に集中できる環境を整えることが大切なんです!。

 

3、掃除道具はすぐに取れる場所に置く

「掃除道具」とひとまとめにして、掃除機やホウキ、雑巾や洗剤などの掃除用品を1か所に集めて置いたり、すぐに取りだせない所に置いたりするのは、あまりおすすめできません。

私も以前、掃除用品をひとまとめにしてある場所に置いていたのですが、掃除をしたいと思った時に道具が近くにないと一気にやる気が落ちてしまいました。その結果、「まぁ、後でいっか」と掃除を先延ばしにしていたのです。

お風呂場の掃除用具一式はお風呂場に、トイレの掃除用具はトイレに、キッチンのものはキッチンに。というように、掃除道具は掃除をする各場所に置いておくと、気が付いた時にサッと掃除ができて便利&楽ですよ^^

 

4、ながら掃除で時短

「ながら掃除」とは、何かをしながら掃除をするという意味です。例えば、朝2階の寝室から1階のリビングまで降りる際にモップを持って階段を掃除しながら下りるとか、歯磨きをしながら洗面台の鏡を拭き上げるとか。

ながら掃除をすると自分が「掃除している」という意識はあまり感じられません。そして、何かをしながら掃除もしちゃうので、その掃除に費やす時間も節約できるわけです。

朝起きたらそのまま階段を下り、ボーっと鏡を見つめながら歯磨きをする。これだと階段掃除や鏡の拭き上げの時間を別で作ることになり、結局時間がなかったり面倒になったりで行動できず、というパターンも多くなりがち。いつもの動線上に掃除を組み合わせて、効率よく片付けちゃいましょう!

 

5、使ったらこまめに拭き上げる

物は使ったら、その都度拭き上げるクセをつけましょう。一見面倒に感じるかも知れませんが、これを徹底することで掃除が楽になるんです。

例えばお風呂の鏡。お風呂から上がる時、サッと鏡についた水滴をスクイジーで切ってしまえば、簡単にキレイになります。特別な洗剤や道具などは必要ありません。
しかし、このひと手間が面倒で汚れを放っておくと後々大変なことに。水垢がびっしりこびりつき、鏡が鏡の役割を果たさなくなります。そこでやっと掃除しようと思い何度もこすったところで、頑固な水垢はそう簡単には落とせません。(経験済み)

結局、放置した汚れを綺麗に掃除しようすると、時間も労力も、また洗剤などに使うお金までかかってしまうことに。汚れは放置せずに、その場でキレイにすることが1番楽なんです。

 

6、掃除道具を上手に使う

掃除道具と言って思い浮かぶのは掃除機や雑巾、ホウキ、モップではないでしょうか?この基本の道具に加え、ハケやスポンジ、クロスなどを上手に利用して掃除の効率と質を高めましょう。

例えば、100均でも購入できるサッシ掃除用のハケをサッシだけではなく、お風呂の扉の隙間や洗濯機の隙間などにたまったホコリ取りに使うと便利です。また、きめの細かいメラミンスポンジは洗剤なしでも良く汚れが落ちる為、傷つきやすい金具部分の掃除に適しています。

このように、その場所に適した道具を上手に選んで使うようにすると、掃除効率が格段にアップしますよ。

 

7、汚れ予防掃除を意識する

お風呂場やキッチンなど、毎日必ず使う場所で特に汚れやすい場所などには、あらかじめ汚れないように予防や工夫をしておきましょう。これを予防掃除と言います。

例えば、掃除がとても面倒だけどすぐに汚れてしまうレンジフードには、レンジフードフィルターを付ける事がおすすめです。このフィルターがあるのとないのではレンジフードの汚れが雲泥の差!

他にも、カビの生えやすい浴室には防カビ剤がおすすめです。私のおすすめは『ルック おふろの防カビくん』。定期的に使用するとカビが発生しにくく、生えたとしても落としやすくて掃除がとっても楽です!

 

場所別掃除のコツ!簡単ながら掃除&予防掃除

キッチン

レンジフード

上でも少し触れましたが、ここはレンジフードフィルターを付けるのがおすすめです。フィルターが油や汚れを吸着してくれるので、レンジフードの内部は殆ど汚れません。これを付けてからお掃除が劇的に楽になりました!というか、ちゃちゃっと拭くだけで十分です。

フィルターは100均やホームセンター、通販など色々な場所で売られています。価格帯も幅広くありますので、フィルターの大きさやタイプ、また使いやすさなどで選んでOKです。

ちなみに、私はサニクリーンのレンジフードフィルターを使用しています。2ヶ月に1回の交換にしていて、料金は1枚、756円です。交換時期にサニクリーンさんに来ていただけるので、交換忘れや面倒な事は一切ありません。ズボラで面倒くさがりの私にはピッタリです。

 

オーブンレンジ

オーブンレンジを使った後、まだ庫内が温かいうちにタオルなどでサッと内部を拭き上げましょう。まだ温かいうちに拭くと、洗剤などの特別な道具がなくても汚れはサッと落ちてしまいます。レンジ内の臭い予防にもなりますよ。

おかずを温めた時に付いてしまったタレなんかを放っておくと、こびりついてシミになってしまいます。そして、ゴシゴシ擦ってもなかなか落ちずにイライラしてしまった経験から、私はレンジを使ったらすぐに軽く内部をふきんなどで拭くようにしています。そうしているとレンジ内はいつもキレイで臭いもなく、ストレスフリーです♪

 

トースター

パンくずやチーズなどが焦げた物がこびり付くとかなり厄介ですよね。汚れやくずが落ちたらサッと包んで捨てられるように、アルミホイルを敷いて置くと便利ですよ。

新婚の頃、私は仕事の忙しさを理由に殆ど家事をしていませんでした。もちろん、掃除もするわけがなく、結婚祝いに頂いたピカピカのトースターは焦げや汚れでまるでアンティークのトースターのように茶色になってしまいました。しばらく放置した汚れは頑張って掃除をしても完全にピカピカの状態には戻らないことを、身をもって知りました…。

 

魚焼きグリル

魚焼きグリルには、片栗粉を使うと圧倒的に洗うのが楽になりますよ。個人的に大嫌いなのが魚を焼いた後のグリル掃除です。生臭さやぬめりがなかなか落ちないし、スポンジにも生臭さが付着してしまい、毎回洗うのが億劫になってしまっていました。

なので、うちでは大抵フライパンで魚を焼くのですが、ホッケなどは、やはり魚焼きグリルを使った方が美味しく感じます。そこで、登場するのが水溶き片栗粉です。大さじ4杯の片栗粉を200mlの水で溶いたら、魚焼きグリルの水受け皿にそのまま入れて魚を焼くだけです。魚を焼いた後、グリル内が少し冷めるまで待ってから開けると、水受け皿の片栗粉がグミのように固まっています。洗う時はそれをビローンと剥がすだけ!片栗粉が魚の脂や生臭さなどを吸い取ってくれています。

その後はいつも通りスポンジで水受け皿を洗うだけでOK!これぞ、究極の時短!絶対におすすめです。

その手間さえ面倒な時は↓こちらのプレートもおすすめ!魚を乗せてプレートごとグリルに突っ込めばOK!グリル内は汚れず、プレートを洗うだけで片付け終了です★

 

浴室

鏡や壁

浴室と言えば、やはりカビ問題。一度生えてしまったらなかなか落とせないし、落とそうと頑張ると時間も労力も洗剤も必要になってきますね。

そんな浴室こそ、予防掃除が大切です。鏡や壁は、浴室から出る時にスクイジーで水気をざっと切ると、カビが生えにくくなり、水垢予防にもなります。

タオルで拭くのもいいのですが、鏡の水気はキレイに拭き取れず、タオルで拭いた跡がどうしても残ってしまいます。壁もタオルを使うと絞ったり干したりしないといけないので正直面倒です。なのでスクイジーがベストかな、と私は思っています。

ちなみに私の愛用品はこちら。おしゃれでフック穴も付いているのでお気に入りです。

 

浴槽

浴槽の掃除は、お湯を抜いたらすぐに洗うのがベターです。私は、お風呂を出て着替えている間に浴槽のお湯を抜いてしまいます。抜けきったら、すぐにブラシで浴槽を軽くこすり洗いしてしまいます。そして、シャワーで水を掛ければそれだけでOKです。

蒸気で温まった浴槽や浴室内はお掃除がしやすく、すぐに洗えば洗剤がなくてもよく落ちます。その為、洗剤を使って浴室を洗うのは時々。お風呂に入って着替えたらすぐに浴槽を洗うという一連の流れが出来てしまうと、身体を洗う事の様に頭の中で入浴の一部としてとらえられるので、掃除をしたという感覚はあまりありません。

掃除嫌いの私にとってはストレスを感じる事がなく、浴槽を洗う時間を別途作らなくてもいいので気持ちが楽になります。また、浴室を出たらすぐに水気を取る事を心掛ければ、必然的にカビも生えにくい環境になり、ますますお掃除が楽になりますよ♪

 

椅子や桶

カビが生えやすいお風呂の椅子や桶などは、細かい隙間や裏側にカビが生えてしまうため、掃除がとても面倒。浴槽やタイルなどの掃除に比べるとどうしても後回しになりやすい場所ですが、このまま放っておくのも衛生上良くありませんよね。

それなら、カビが生えにくくしたらいいのか!という事で、私は、椅子や桶は浴槽の掃除が終わったら、浴槽の縁に椅子を掛けてしまいます。桶は、裏側にして壁に掛けられるようにしています。風通しが良くなるとぬめりやカビは生えにくくなります。たったこれだけで、椅子や桶の嫌なカビは驚くほど生えなくなりました。

シャンプーボトルも一緒です。床に直置きは厳禁です!かならず風通しが良くなるように工夫して置くことで、浴室のカビはかなり防ぐことができますよ。換気をこまめに行うことも大切ですね。

 

浴室の床の隙間に汚れやぬめりなどを発見すると、私は体を洗いながら手元にある掃除用のブラシで床もこすって掃除してしまいます。入浴中は、蒸気で汚れも落ちやすい状態になるので、わりと簡単に落とせます。

浴室の床は洗剤や垢、脂などが混ざって付着すると汚れを落とすのがやっかいになってしまいます。最近は、浴室の床材一つとっても汚れの付きにくい物や、すぐに乾く物など色々出ていますね。ただ、どんなに優れた物でも、全く掃除をしないとやはりそれなりに汚れは付着します。そして、その汚れを取る為に結構苦労するわけです。

しかし、お風呂に入るついでに床が汚れていないかチェックし、少しでも汚れを見つけるとその場で擦り落としてしまえば、改めて時間を取って掃除しなくてもいつもきれいな状態が保てますよ。

 

トイレ


以前、タレントのIKKOさんがトイレ掃除をされる時は、使うたびに便器や便座を拭き上げるとおっしゃっていました。

私は使用する度にとまではいきませんが、トイレを使用後、1日に数回は便器や便座をトイレットペーパーで軽く拭きます。特に洗剤などは使わなくても大丈夫です。一見面倒なように感じますが、一度このようなクセを付けると、一切苦には感じません。むしろ、尿汚れは付着するとシミがなかなか取れないのですが、すぐ拭くことで黄ばみはトイレに沈着することがなく、いつまでも綺麗なままで、防臭にもなります。

壁や床の汚れもトイレに入ったついでに拭き上げてしまいます。ついでの掃除は究極の時短!トイレが綺麗だととても気持ちが良いですよね。

 

お気に入りのおすすめ掃除グッズ3選!

最後に、私のお気に入りの掃除グッズを3つ紹介させて頂きます^^

ドーパー パストリーゼ

 

パストリーゼは、酒造会社が製造している消毒用のアルコールです。食品にかかっても大丈夫なところや、出しっぱなしにしてもオシャレな見た目がお気に入りです。

 

スポンジワイプ

 

スポンジワイプは台拭きとして使っています。使った後は洗剤でもみ洗いして、乾かしておくだけ!タオルを台拭きにするより手間がなく、乾きも早いです。デザインもたくさんあるので、色々な柄を揃えると楽しいですよ♪

 

リセット 水垢取りジェル

 

気を付けていても水垢ができてしまうこともあります。そんな時に便利なのがこちらのジェル。研磨剤が入っていないので、傷つけたくない部分にも使えるのが嬉しいです。

 

まとめ

今回は、毎日の掃除を楽にする方法を紹介させていただきました。
私の場合はあえて「掃除の時間」というのは作りません。私が毎朝する掃除と言えば掃除機をかけるくらい。床掃除は子供達が何か床にこぼした時がチャンスとばかりについでに全部拭いちゃいます。予防掃除を心掛け、日々の生活の中でついでに気が付いた汚れをさっと取ってしまうという癖をつけたら、毎日の掃除はぐんと楽になります。そうすると、頑張らなくても綺麗な空間を保つことができますよ。毎日忙しい主婦&主夫のみなさん、掃除の時間を時短した分、自分の時間たっぷり当ててくださいね♪

ライタープロフィール

Written by : れいれい
3歳と5歳の息子の母。日々の目標は自分の時間を作る事。家事の時短や効率を常に考えています。今の一番の楽しみは息子達が寝た後のビールです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連キーワード:

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.