• HOME
  • 育児・教育
  • ちゃれんじをお得に受講する裏ワザ!入会時期はいつがおすすめ?

ちゃれんじをお得に受講する裏ワザ!入会時期はいつがおすすめ?

こどもちゃれんじって、魅力的なエデュトイ(おもちゃ)がたくさん含まれていますよね!毎月違った内容なので、「このエデュトイがどうしても欲しい!」と思ったことがある方も多いはず。また、受講しているなかで「もう少し内容のレベルを上げたい」「上の学年のエデュトイが気になる…」という人もいるのではないでしょうか。

そしてわが家では、2歳の娘がちゃれんじbabyからぷちを継続して受講中!その中で、「2学年上のひらがなパソコンが気になる…ちょっとレベルの高いワークも見てみたい…」と思うようになりました。

というのも…ぷちの内容は娘ウケ抜群なのですが、「帰ったら手を洗おう」「これはミカンだよ!」と少し簡単すぎると感じる場面もちらほら。1歳のうちにひらがなを全て読めるようになったので、レベルに物足りなさを感じることもありました。

そこで、思い切って年少向けの「ほっぷ」を期間限定でダブル受講することに!その結果、かなりお得に受講できちゃったのです!

そこで今回は、「こんな受講方法があったんだ!」と驚く、ちゃれんじの裏ワザをご紹介します!年間カリキュラムの一部が気になっている方も、すでに受講中の方も、ぜひ参考にしてくださいね。

ちゃれんじの入会はいつがお得?

どうせ入会するなら、お得感のある方法を選びたいですよね!こどもちゃれんじには、いくつかのルールやパターンがあります。それらを考慮したうえで、最もお得に受講する方法をチェックしておきましょう!

年3回の特大号を狙う

入会自体は、1年間のうちどのタイミングでも可能となっているちゃれんじ。しかし、新入会が増える時期である4・8・12月は、ベネッセがとても力を入れている「特大号」となっているのです!

普段よりエデュトイが豪華になっているだけでなく、過去のエデュトイが数ヶ月分セットになっていたり、入会特典がいくつも付いていたりと、そのお得感はかなりのもの!入会する際は、ぜひこのタイミングを狙いましょう!

ただし、ちゃれんじは「1ヶ月だけの受講は不可」というルールがあります。ですので、最短は2ヶ月分の受講ということに。その際は、「特大号とその次の号を連続して受講する」というパターンがおすすめです。

というのも、特大号から新入会した方向けのセットには、先月号の内容の一部が含まれているケースが多い傾向があります。そのため、12月号を狙うとすると「11月号と12月号」より「12月号(11月号の一部入り)と1月号」のように、特大号とその後の組み合わせにする方がお得なのです!

また、4月号などは「1カ月だけの受講OK」というキャンペーンを行なっていることもあります!これなら、気軽に特大号だけを狙ってゲットできますね!

紹介制度を活用する

ちゃれんじには、「紹介制度」というものが存在します。これは、すでに入会している方からの紹介だと伝えることで、紹介者と入会者がそれぞれプレゼントをもらえるという嬉しいシステム。

利用する際は、紹介者の会員登録(電話で申し込む際は名前も必要)を伝えるだけです。原則は入会者の住所に2人分のプレゼントが届きますが、「遠方だから」といった理由を添えれば別々で送ってもらえますよ。

実はこの制度、すでに入会している人がダブル受講する際にも利用することができます!私も娘がぷちを受講しているのに、「2か月だけぽっぷもしたい。あわよくば紹介制度を使いたい…」とワガママ言ったところ、すんなり了承を得ることができました。

私のようなパターンだけでなく、ご兄弟がすでに入会しているご家庭でも適用できますよ。その場合、紹介者と入会者がそれぞれ自分の子になるので、プレゼントを2つもゲットできちゃいますね!

ちなみに、プレゼントはリストの中から好きなものを選べます。期間限定グッズも用意されていますよ!

私も、ちゃっかり期間限定の「しまじろうプラレール」と「とんがりニット帽&ミトンセット」をゲットしました。(紹介者の方に両方とも貰っていいと言われたため)

プラレールは動力車(電池を入れて走る車両)ではありませんが、連結させて通常のプラレールと遊ぶことができます。走行中は「チリンチリン」と音が鳴るので、手で押して走らせるだけでも十分遊べますよ!

ニット帽とミトンのセットは、収縮性があるので幅広い年代のお子さんに対応しています。同じデザインの黒バージョンもありますよ。目立ちすぎないしまじろうのワンポイントがあるのもいいですね!

プレゼントには、それぞれ「しまじろうノート」が1冊ずつ付いてきます。中には、しまじろうが描かれたページもありますよ。

できるだけ早めに申し込む

特大号の時期が近づくと、新規入会した方への入会特典が用意されます。この特典をもらうには締切日までに申し込む必要があるため、入会を決意している方はできるだけ早いタイミングで手続きを済ませておきましょう。なかには、早期入会の方にだけ特典がプラスされることもありますよ。

締切を過ぎても大丈夫!

よく、ベネッセからのダイレクトメールや公式サイトに「〇月号の入会は〇日まで!」などと書かれていますよね。ところが、この日を過ぎたらその月からの入会ができなくなってしまう…という訳ではありません!

実は、希望する月の在庫が残っていれば、過去の教材でも購入することができるのです!「もう2月だけど12月号の教材がほしい」「6月だけど、どうせなら4月号から全部揃えたい」といったリクエストもOK。ただし、先述の通り最短でも2か月の受講が必要なので、連続した号を受講する必要があります。

実際に私が「こともちゃれんじbaby」を受講していた時も、娘の月齢的に届かない月のエデュトイが欲しかったため、3カ月分だけ単品で購入したことがあります。在庫の有無は、電話ですぐに確認できましたよ。過去の教材の中で気になる内容がある方は、確認してみてくださいね。

ちゃれんじ受講料のお得な支払い方法は?

ちゃれんじの支払い方法には「一括払い」と「毎月払い」があり、1年間分の受講料を一気に払う一括払いの方がお得な値段設定になっています。なお、1.2歳向けの「ぷち」は一括払いだと月あたり1,729円、毎月払いだと2,074円。それ以上の学年は一括払いが月あたり1,980円、毎月払いだと2,379円です。

また、途中で退会した場合は、毎月払いとして計算して残りが返金されるシステム。そのため「もしかしたら継続するかも…」という方は、とりあえず一括払いにしておいた方がお得です!

入会時は毎月払いに設定しておき、途中から変更することもできますよ。継続する可能性がある方は一括払い、狙っている期間だけと決めている方は毎月払いにしておくといいでしょう。

ほっぷ 12月特大号はこんな感じ!

「そんなに狙い目な特大号って、一体どんな感じなの…!?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで、わが家に届いたほっぷ(年少向け)の12月特大号をご紹介します!

見てください、このボリューム!これ全部が、新規入会した方向けの12月号のセットなんです!

あくまでも入会した人向けのセットなので、以前から継続している方に届いている内容とは異なります。こう見ると、いかに特大号がお得なのかが分かりますね。通常なら定形外の郵便として透明な袋に入って届くのですが、入会特典として「クリスマス特製BOX」で届きました!宝箱のようなデザインで、届いた瞬間もテンションが上がります!

エデュトイは約4カ月分!

こちらは、通常の12月号のエデュトイ「おいしゃさんセット」。体温計や飲み薬、ペンライト、注射などを使ったやりとり遊びができます。左上のしまじろう人形は、本来なら4月号で届けられるエデュトイの一部。このしまじろうを使ってお医者さんごっこをするのもいいですね!

そして、過去のエデュトイの中でも人気の高い「ひらがなパソコン」!本来は8月号のエデュトイです。

ボタンを押して文字を読み上げてくれるだけでなく、「み」「か」「ん」と押して「できたボタン」を押すと「みかん」と連続して発音してくれたり、「もじさがしモード」でひらがなを探すゲームをしたり、付属のカードを使った遊びができたり…と、いろんな機能が搭載されています。先ほどの「しまじろう人形」を黄色いボタンの上にセットして、一緒に話しているような感覚を味わうこともできますよ。

さらに、本来は11月号のエデュトイである「ひらがなかるた」もセットに。手のひらサイズの小さなカルタとなっていて、1枚1枚可愛らしい絵が付いています。紙製なので、わが家ではラミネート加工をしておきました。先ほどの「ひらがなパソコン」をカルタモードに切り替えれば、パソコンが読み札を読み上げてくれますよ!

そしてそして…本来は9月号のエデュトイである、「トレインえんぴつ」のセットまで!トレインえんぴつはカラフルな色で書ける特殊な芯になっていて、「もっと書きたい!」と子ども心をくすぐるアイテムです。単品で1本ずつ追加購入することもできますよ。左側の「えんぴつもちかたシート」は1枚のペラッとしたシートで、本来の9月号では「えんぴつワーク」という冊子でした。抜粋版というイメージですね。

つまり…8月号の「ひらがなパソコン」、9月号の「トレインえんぴつセット」、11月号の「ひらがなかるた」、そして12月号の「おいしゃさんセット」と、約4カ月分のエデュトイが一気に手に入るのです!特大号は、かなりの大盤振る舞いですね!

エデュトイ以外のボリュームもバッチリ!

もちろん、エデュトイ以外は通常と同じものが揃っています!

こちらは、毎月1冊届く絵本。しまじろう達が季節の行事について教えてくれたり、人との関わりや社会のルールを教えてくれます。鉛筆やシールなどを使ったキッズワークもとじ込みになっていますよ。

絵本と連動したDVDも届きます!しかも、DVDは2か月分が1枚に収録されているので、今月のDVDには11月号の内容も含まれています。この点も、11月号より12月号から入会した方がお得という理由に繋がりますね。

こちらの親向けの情報誌と絵本は、「3年保育タイプ・保育園タイプ」と「2年保育タイプ」に分かれた内容になっています。まだ幼稚園や保育園に通っていない方が先取りをする場合は「2年保育タイプ」を選択し、入園前に知っておきたい情報を仕入れておくのもいいですね。

右側の「バスプレート」を使ったえんぴつワークも付いています。バスプレートは本来すでに届けられている付録ですが、12月号からの入会でももらうことができますよ!

さらに、本物のはがきが付いた「はじめてのおてがみこうかんキット」まで!まだ文字が書けないお子さんでも、バスプレートを使ってイラストを描くことができますよ。

ほっぷ 1月号 はこんな感じ!

このように、特大号は通常より凄まじい量の内容となっています!しかし、「それじゃあ、その次の月はどうなの?」と気になっている方もいるのでは。そこで、1月号の内容もご紹介しましょう!

1月号からは通常の内容となっているため、先月号と比べると少しボリュームダウン。とはいえ、絵本・エデュトイ・DVD・親向けの冊子はしっかりと揃っています!

エデュトイは、この「おてがみづくりキット」。組み立て式のポストに手紙を投函することで、紙にメッセージを書く楽しさを学べます。もちろん、お手紙もたっぷりついていますよ!

先月号では11.12月号の内容が収録されたDVDが届きましたが、今月号では1.2月号の内容が送られてきます!2か月分しか受講していないのに、4カ月分の内容を観ることができちゃいますね!

さらに、特別教材の「どこでもかんがえるあそびシリーズ」や「ひらがなよめるよブック」も付いてきます。お勉強系の教材を増やしたい方にとって、先取りするメリットは十分ありそうです!

ちゃれんじは他学年・同時受講もできる!

こどもちゃれんじは、学年ごとにコースが分かれています。よく子どもの学年に合ったダイレクトメールが届くので、「このコースしか選べない」というイメージがありますよね。

しかし、実際は他の学年のコースを受講することができるのです。すでに受講中の方が、並行して他のコースを選択するのもOK!私が電話で申し込んだときは、理由を簡単に聞かれただけで済みましたよ。コース別の年間カリキュラムはホームページで確認できるので、お目当てのエデュトイやワークがあるものを選んで決めるのもいいですね。

まとめ

たった2か月の受講で、エデュトイを約4カ月分(12月号)+1カ月分(1月号)をゲットできたり、4カ月分(11~2月号)のDVDを観ることができたり、紹介制度のプレゼントをもらえたり…。こう見ると、最短の受講でも「特大号を狙う」「紹介制度を使う」「特大号+翌月の組み合わせる」「早期入会を狙う」という方法だと、かなりお得感がありますよね!

もっとレベルを上げたい、他のコースの内容が気になる、ダブル受講をしてみたいという方は、今回ご紹介したヒントを活用して入会してみてはいかがでしょうか。なお、締め切り日を過ぎてしまうと希望するタイミングでの退会が間に合わなくなってしまうので、連絡は早めにしておくと安心ですよ。

ライタープロフィール

Written by : ゆずぽんず
一児の母兼フリーライター。今回の期間限定ダブル受講でお得感にハマってしまい、ほかのコースにも手を出したい欲が出てきました。来年度はちゃれんじ・ちゃれんじEnglishをそれぞれどのコースにするか悩み中…。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !してね

Twitter で
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。