愛猫の健康のために知ってほしい!キャットフードの選び方&おすすめ7選


家族の一員であるペットには、いつまでも元気でいてほしいもの。猫を飼っている方の多くは、「どのキャットフードがいいのだろう」と悩んだ経験があるのではないでしょうか。毎日食べるキャットフードだからこそ、健康面や安全性に問題がないか気になってしまいますよね。

わが家にも、もうすぐ3歳になるオスの茶トラがいます。

子猫の頃に保護団体から引き取って以来、夫婦で親バカっぷりを発揮。あれやこれやと色んなキャットフードを試してきました。

そこで今回は、キャットフードを選ぶ際のポイントをベースに、おすすめのキャットフードをご紹介します!今与えているキャットフードに不安がある方も、これから猫を飼う予定がある方も、ぜひ参考にしてくださいね。

 

キャットフードを選ぶ3つのポイント

お店に行くと、選びきれないほどたくさんのキャットフードが販売されていますよね。「どれがいいのか分からない…」と、ついパッケージの印象や値段だけで選んでいませんか?

たしかに値段も大切ですが、それだと健康面や安全性が確かなものかは判断できません。以下の3つのポイントを踏まえて、安心して与えられる商品かどうかをチェックしておきましょう!

 

穀物不使用(グレインフリー)

猫は穀物をうまく消化できないため、穀物不使用のキャットフードがおすすめです。

しかし、穀物は生産コストを抑えられるメリットがあるので、実際には多くの商品に使用されています。「少量の穀物が入っているくらいなら」と思いがちですが、少量どころか穀物をメインで使用しているものも珍しくありません。

私が実際にペットショップで「これは安いな」と感じたほとんどの商品には、原材料の先頭に穀物が書かれていました。キャットフードを選ぶ際は、「原材料の表記欄」をチェックしておくと安心です。

「グレインフリー」「穀物不使用」などの記載があるかどうかも、選ぶときの目安になります。

 

無添加

人間と同じく、猫にとっても人工添加物はデメリットが多い存在です。人工酸化防止剤、着色料、うまみ調味料、香料などを使用しているキャットフードは、できるだけ避けておきましょう。

とくに酸化防止剤や防腐剤は、ほとんどのドライフードに入っています。人工ではなく、天然成分由来のものを使用しているかどうかをチェックしておきましょう。

 

栄養バランス

愛猫の健康を守るため、栄養バランスにも配慮しておきましょう。

エネルギーの源にもなるたんぱく質、エネルギー源として使われる、もしくは体内に貯蔵される炭水化物、たんぱく質や炭水化物を上回るエネルギー源となる脂肪、骨や毛並みなどに影響を与えるミネラル、体の調子を整えてくれるビタミン

この5つの栄養素をバランスよく摂取できるのかが判断のポイントです。とくにミネラルは過剰や不足状態に陥ると病気になりやすいため、配合量にも注意しておきましょう。

 

おすすめキャットフード

ロニーキャットフード

「猫びより」「an an」などのメディアにも掲載されている、「ロニーキャットフード」。ヨーロッパの各国をめぐり、それぞれの国の動物に対する考え方を踏まえたうえで、3年の歳月を経て誕生した商品です。

穀物は一切使用せず、鶏肉を66%も使用しているこだわりを持っています。配合されている鶏肉は、生肉と長時間に及ぶ脱水加工をしたディハイドレイテッドチキン。猫の内臓の性質を考え、動物性たんぱく質をたっぷり使用しているとのことです。

子猫からお年寄りの猫ちゃんまで安心して食べられるよう、消化にやさしい原材料ばかりを使っているのもポイント。カリウム・鉄・マグネシウムが含まれているジャガイモ、ビタミンB群や食物繊維も摂れるエンドウ豆、ビタミンAやビタミンCなどが含まれているリンゴなど、41種類の食材を贅沢にミックスさせています。

店頭では販売されていないので、通信販売での購入となります。1か月ごとに届くので、買い忘れ防止にも役立ちますね。

 

モグニャン

「栄養バランスがよく、食いつきがいいものを与えたい」という方には、食いつきの良さで知られる「モグニャン」がおすすめ!「猫が好んで食べる=人工的に匂いをつけている」というイメージがありますが、モグニャンは白身魚のおいしそうな香りで猫たちを惹きつけています。

また、消化に負担がかかる穀物の使用は避け、質の良いサツマイモで炭水化物をカバー。食物繊維がたっぷり含まれているので、お通じにも効果が期待できます。

開封後もおいしさを保てるよう、ジッパー付きであるところも注目。こだわりのお魚の匂いも薄れず、最後の1粒までおいしく食べてもらえますよ。

この「モグニャン」はイギリスで生産され、工場から直輸入されています。お得な定期コースも用意されており、袋の数によって割引率もアップ。どの年齢でも食べられるので、多頭飼いのご家庭にもぴったりです。

 

カナガン

「カナガン」は獣医師から高い評価を受けている、お墨付きのキャットフード。人間が食べても問題のない食材だけを使っており、原材料の加工は人間用の食品工場で行われています。

たんぱく質はチキンで補い、ミネラルたっぷりの海藻やビタミンCを含んだクランベリーなどが栄養バランスを整えてくれます。穀物だけでなく、香料や着色料も不使用なので安心ですね。

子猫でも丸飲みしない大きさになっているので、小さいうちから与えてもOK。固すぎないので、味だけでなく食感も楽しめます。ごく少量しか猫の体内で合成できないタウリンも摂取できるメリットもありますよ。

こちらの記事でカナガンのレビューをしています。参考にどうぞ!

プレミアムキャットフード『カナガン』を我が家の猫が実食した体験談!

高品質でありながら、猫の食いつきも良いと評判のキャットフード【カナガン】を買ってみました!果たして本当によく食べてくれるのか!?カナガンのキャットフードの特徴もあわせて紹介していきますので、参考どうぞ ...

続きを見る

 

FINEPET'S

消化吸収率87%という驚異の数字を誇っている「FINEPET'S」。これは、高級フードのなかでも群を抜いた消化吸収率です。

そのため、少しの量で充分な栄養を摂取することが可能に。「たくさん食べてほしいのに少ししか食べてくれない」とお悩みの方におすすめの商品です。

キャットフードのなかでは珍しい、フランス産「アヒル肉」をたっぷりと使用。アレルギーのリスクが低く、安心して毎日与えることができます。

さらに、オランダ産の「ニシン肉」も含まれているため、初めて与える際の食いつきも期待できます。肉類の割合が高く、体への負担をできるだけ抑えているのも助かりますね。

 

アーテミス フレッシュミックス

妊娠中や授乳中でも安心して与えられる商品を探している方は、「アーテミス フレッシュミックス」がいいでしょう。量を調節すれば幼猫も食べられるので、親子で同じキャットフードを与えられるのも嬉しいですね。

他ではあまり見かけない米ぬかを含んでいるので、毛並みをよくしたい、貧血を予防したいという場合にもぴったり。毛玉ケアもできるので、毛玉をよく吐いてしまうとお悩みの人にも向いています。

天然由来の酸化防止剤として混合トコフェロール(ビタミンE)」やローズマリーエキスを使用している点も注目です。「飼い猫が妊娠した」「お腹の中の赤ちゃんや小さい子猫のためにも、安心できるエサを与えたい」と考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

 

シンプリー

「うちの子はお魚が大好き!」という方は、「シンプリー」が相性抜群!生サーモン・生マス・乾燥サーモン・ニシン・白身魚・サーモンスープを73%以上も贅沢に使った、お魚好きの猫ちゃんのためのキャットフードです。

この商品はぺット先進国のイギリスで製造され、厳しいチェックをクリアしたものだけが販売されています。また、穀物だけでなく人工添加物も一切使われていません。

さらに、安いペットフードに用いられることの多い「魚副産物」(食用として流通しない魚の部位)も不使用。「香りがキツい商品だな」と感じるかもしれませんが、これは人工的につけた匂いではなく、すべて素材の匂いなので安心して与えられます。

ほかの商品を食べてくれなかった、お肉が苦手という猫ちゃんに、ぜひ試してみてください。

 

ナチュラルバランス インドア

室内で飼っている方には、「ナチュラルバランス インドア」もおすすめ。室内猫は毛が抜けやすく、運動をする量も少ない傾向にあります。そこで、毛玉ケアと体重管理の両方が可能なこちらの商品で、毎日の健康を保っておきましょう。

ビタミンとミネラルを豊富に含んでいるため、毛玉をうまくケア。そして、食物繊維が多く低脂質な食材を選んでいるため、健康的な体重の維持を支えてくれます。

また、便の臭いを抑える食材を使用していたり、体内で合成されないタウリンを含んでいたりと、健康を内側からもサポートします。うんちの臭いやぽっちゃり体系が気になる方には、ぜひ「ナチュラルバランス インドア」を試してみてください。

 

まとめ

キャットフードを選ぶ際は、つい値段や食いつきにばかり目が行ってしまいますよね。しかし、猫の健康のために見ておくべきなのは、原材料や安全性です。

「そんなこと考えたこともなかった」という方は、普段与えているキャットフードの原材料欄をチェックしてみてください。先頭にくる原材料はなにか、穀物が多く使われていないか、体に悪影響を与えるものが使用されていないかなど、いま一度確かめておきましょう。

海外生産のものは直輸入されているケースも多く、ペットショップでは手に入らない商品も存在します。そんなときは、ネットでの定期コースの注文も視野に入れてみてください。「もうすぐエサがなくなりそう」「重いのでお店から持って帰るのが大変」といった悩みも解消されますよ。

ライタープロフィール

Written by : ゆずぽんず
一児の母兼フリーライター。「子猫の茶トラがいたら引き取ろう。まぁ、いるわけないよね~」と軽い気持ちで人生初の里親会に行ったら、まさにドストライクの子猫が!そのままわが家の一員になりました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.