子どもだって便秘になる!朝5分の習慣から始める小学生の便秘解消法


小学生の6人に1人が便秘だと知っていましたか?私の小5の娘も1年生の頃から便秘で悩んでいます。一見無縁に思える小学生の便秘、一体なぜ起こるのでしょうか。そこには小学生ならではの理由もありました。今回はその原因と解決策を紹介していきます。

小学生が便秘になる原因と解消法

①朝食を抜く

朝食をとるとなぜ良いのか?それは起きて食べ物を口にすることで脳から指令が出て大腸が動き始めるからです。大腸が動くことで便も動き出し、排泄の準備が整います。朝食を抜いてしまうと、朝に便が出にくくなり、そのまま1日出ないなんてことも。

この場合の解消法は、やはりバランスの良い食事と水分をしっかり摂ることです。朝食を摂ることで体も目覚め、良い1日のスタートを切ることができますよ。

 

②運動不足

昔に比べ現代の子供達は外で遊ぶことが少なくなっています。これは、子供をターゲットにした事件が増えたこと、習い事やゲームをする子供が増えたことが原因だと考えられています。

運動不足も便秘の原因になります。習い事の一つにスポーツを入れたり、一緒に運動をする時間を作ったりして、運動不足を解消しましょう。

 

③睡眠不足

私たちが眠っている間に腸は便を肛門の方へ移動させます。その時に分泌されるのがモチリンというホルモンです。

モチリンを分泌させるには8時間空腹であることが必要と言われています。そのため睡眠時間が十分に確保されていれば自然とモチリンは分泌されることになります。

夜は早めに眠る習慣をつけましょう。眠くなくても21時になったら布団の中に入るようにすると良いですよ。

 

④学校のトイレに行きたくない

友達にからかわれる、友達の前でしたくない、学校のトイレが汚い、和式は苦手といった理由から、学校のトイレでは便をしたくないと考える子どもも多くいます。思春期ならではの悩みですよね。皆さんも子どものころ同じようなことを思っていたのではないでしょうか。

実際私が小学生だった頃、トイレで便をした子に対してからかっている子がいました。これは最悪の場合いじめにも繋がりかねません。

しかし、便意があるのに我慢してしまうと、便の中にあった水分が大腸で吸収されていきます。そうなるとますます便が硬くなり、排便がさらに困難になってしまうのです。

子どもたちに便をすることの必要性を教え、我慢しないように伝えましょう。学校へ行く前(朝食後)にトイレに座る習慣をつけ、家を出る前に排便を済ませられるように目指しましょう!

⑤精神的な要因

以前便秘をした時に痛い思いをしたので力を入れるのが怖い、親からガミガミ言われることによるストレスなど、精神的な理由から便秘になってしまうこともあります。

参考元:花王ヘルスナビ
ついつい感情的に怒ってしまうこともありますが、落ち着いて納得できる話し方を心がけたいですね。

私と娘はこの方法で便秘を解消しました!!

実は私も小学生の頃から便秘に悩んでいた一人です。原因は便意より遊びを優先したこと、そして上記のように学校ですると同じようにからかわれるかもしれないという気持ちから我慢したことです。案の定便は硬くなり、排便時は泣くほどでした。

そんな時、母から『出なくてもいいから毎朝トイレに座る習慣をつけたら?』と言われ実践してみることに。

最初の1週間はほとんど反応がなかったのですが2週目辺りから便が出るようになりました。決まった時間にトイレに行っただけですがそれだけで便秘が解消され驚きました。(もちろんトイレに行って、座り力を入れるということをします)

ここで一つ注意です。それは長くトイレに座りすぎないこと!

肛門周囲の血流が悪くなり痔を誘発してしまいます。漫画や携帯を持って入り長居しないようにしましょう。

また特に女性は子宮や卵巣などの大切な臓器が近くにあります。トイレに長く座って、下半身を冷やさないようにしましょう。

当時の私と同じ悩みを持った娘にも毎朝トイレに座る習慣をつけるように伝えたところ『出ない、出ない』と言っていた娘がいつの頃からか『出たよー』というようになりました。

現在は下の子が生まれゆっくりトイレに座る時間がなく便秘になることが多々ありますが、その時に『トイレに行ったの?毎日続けなきゃ意味がないじゃない!』などと神経質になったら元も子もありません。ガミガミ言わず、ストレスにならない程度に実施してみてください。

便をすることの大切さを教える


小学生はどうしてもからかったり、ふざけたりする年頃です。そのため傷付くことも多々あるでしょう。小学生の便秘が深刻化している今、これ以上悪化させないためにも『便をすることの大切さ』を大人がしっかり伝えていく必要があります。

また、小学生だと便秘の恐ろしさを理解していないため、お腹が張ったり痛くなったりしてから、便が出ていないことに気がつきます。便がいつ出たか把握するためにもカレンダーなどに出た日や性状を記入しておくのも一つの手です。

食事をしっかり摂り、充分に体を動かし早めに布団に入るように促してください。今から良い生活習慣を身につけておくと将来は便秘知らずになるかもしれません!

 

ライタープロフィール

Written by : ksosa
親子で便秘に悩み、食生活の改善やトイレに座る習慣をつけるなど日々努力しています。最近発酵食品が良いと聞き試してみようかと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.