オススメの抱っこ紐3選!先輩ママが本当に買って良かったものは?


自分が子供を産む前は、子育ての必需品といえば漠然とベビーカーが思い浮かんでいました。ところが実際はベビーカーはほとんど活躍せず...。我が家の泣き止まない赤ん坊を1日中抱っこする日々でした。そこで大活躍したのが『抱っこ紐』!色々なタイプの抱っこ紐を試した結果、本当に良かったものを3つ厳選したので、紹介させていただきます。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

抱っこ紐とは?


いわゆるベビーキャリアと呼ばれるものです。赤ちゃんを中に入れ、肩や腰部分にある調整が可能なベルトでしっかり赤ちゃんを支え、抱っこを補助するような布というようなイメージです。最近は、横抱き、対面抱き、おんぶなど、新生児から使用可能で、且つ、一本で数種類もの抱き方ができる抱っこ紐が多数あります。
ベルトの調整をすることで、どんどん成長する赤ちゃんに合わせる事が可能で、安全性が高く、ママへの体の負担にも配慮された作りになっています。

 

もう迷わない!抱っこ紐の賢い選び方

使う時期から選ぶ


まず、実際に抱っこ紐を使って赤ちゃんを抱っこしたい時期はいつからなのかを明確にしましょう。
抱っこ紐は使える期間が決まっています。特に新生児から使いたい場合は、新生児から使える物なのかどうかの確認が必要です。また、新生児から使いたい場合は赤ちゃんの座っていない頭を支えるための別売りの付属品が必要な物もあります。

 

機能性と使いやすさで選ぶ


主に、おんぶがしたいですか?対面抱きがいいですか?
横抱きや、対面抱き、おんぶなど1本で数通りの抱っこができる抱っこ紐があります。
しかし、メーカーによっては誰かに手伝ってもらわなくては慣れるまで抱っこがなかなかできない物や、ベルトなどの調整がうまくいかない物もあります。実際に試してみて、機能性と使いやすさを兼ね備えた抱っこ紐を選ぶと間違いありません。赤ちゃん用品を扱うお店では実際に試着できる所も多いので試着をオススメします。

 

赤ちゃんへの体の負担が最小限の物を選ぶ


巷に溢れている抱っこ紐、実は使い方を間違えると赤ちゃんの股関節脱臼を招く危険がある物も存在しています。ママの都合だけで選ぶのではなく、赤ちゃんの体への負担が少ない抱っこ紐を選ぶのも重要なポイントの1つです。

 

シーン別!私が実際に使用したおすすめの抱っこ紐3選!

外出先でも室内でもシーンを選ばず使いやすい『エルゴ』

画像引用元:エルゴベビー

エルゴは、ここ数年で本当によく見られるようになりました。テレビに出てくる抱っこ紐もよく見るとだいたいこのエルゴです。エルゴは2003年にハワイで誕生してから数多くの国々で使われるようになりました。とても人気な抱っこ紐ですが、それゆえに沢山の偽物が出回っており、偽物はベルトが緩むなどの安全性に問題がありますので注意が必要です。

ちなみに、私が使っていたのはoriginal・ブラックです。

画像引用元:エルゴベビー

 

★エルゴの良い点
・万が一の時の赤ちゃんへの安全対策がバッチリ!
・フードが付いているので、赤ちゃんを紫外線から守ることができる
・肩と腰にあるベルトがママにかかる負荷を分散し、抱っこが辛くない
・カラーやデザイン性に富んでおり、ファッション性が高い
・抱っこ紐の外側にポケットが付いており、小物が収納できる

★エルゴのイマイチな点
・対面抱っこはしやすいが、おんぶは慣れるまで難しい
・新生児のインファントインサートの使い方が分かりづらく、赤ちゃんも居心地が悪そう
・一見見分けがつかない程の偽物が沢山出回っており、安全面が心配

 

室内で赤ちゃんを抱っこしながら家事をするなら『ボバラップ』

画像引用元:ボバ

日本ではまだあまり馴染みがない物かも知れませんが、これは欧米では主流の抱っこ紐です。5メートルもの伸縮性がある一枚布を体に巻きつけ、その中に赤ちゃんを入れて抱っこするのですが、この方法はママへの負荷が圧倒的に少ないんです。ボバラップこそ1日中赤ちゃんを抱っこできる抱っこ紐です。

私が使っていたのは、ボバラップのネイビーです。

画像引用元:ボバ

 

★ボバラップの良い点
・ベルトもバックルも何もないただ一枚の伸縮性に富んだ布でフィット感があり、赤ちゃんがママに密着することで安心できる
・均等に赤ちゃんの体重を分散させることで、ママへの負担が一気に軽減され、何時間でも抱っこが可能
・デザイン性に富んでおり、おしゃれ
・コットン素材で肌触りが良く、着け心地が抜群!

 

★ボバラップのイマイチな点
・巻き方に慣れるまで何度も練習が必要
・5メートルと長い一枚布なので、外出先での着脱が大変!
・夏は暑く、蒸れてしまう

 

赤ちゃんを連れて車の乗り降りなどをよくするなら『ベビービョルン』

画像引用元:ベビービョルン

この抱っこ紐もよく見かけます!ベビービョルンはスウェーデンのブランドです。スタイリッシュな見た目とその機能性が高く評価され、男女問わず使いやすいという点が日本でも支持されている理由でしょう。また、この抱っこ紐、背当てと肩ひもを外すことができるので、チャイルドシートやベビーカー、また、そのまま寝てしまって布団に寝かせる時などは本当に便利なのです。

私が愛用していたのはベビーキャリアONE+のブラックです。

画像引用元:ベビービョルン

 

★ベビービョルンの良い点
・新生児から使用可能
・シンプルなデザインでスタイリッシュなので男女ともに使いやすい
・背当てと肩ひもを外す事ができるので赤ちゃんを起こすことなく寝かせられる
・着脱が簡単

★ベビービョルンのイマイチな点
・赤ちゃんが重くなると、肩への負荷がかかりやすい
・赤ちゃんを抱く位置が低いと股関節脱臼を招く恐れがあるので注意
(赤ちゃんの頭部が抱っこする人の口元辺りに位置するように!)

 

抱っこ紐を使う時の注意点

赤ちゃんの両足はM字型に開脚させる

赤ちゃんの両足は必ずM字型になるように広げて抱っこしましょう。M字型になるように広げないで抱っこすると体の構造上、股関節脱臼をしてしまう恐れがあります。

 

赤ちゃんの背中はまぁるく抱っこする

赤ちゃんの背中はまだ未熟で、大人のようなS字ではなく、Cカーブを描いています。
その為、抱っこする時も必ずこのCカーブを描くようにまぁるくなるように抱っこします。
背中が真っ直ぐになってしまうと、赤ちゃんの背中にはストレスが掛かり、赤ちゃんが心地よい抱っこには程遠くなってしまいます。

 

私の辛い育児を救ってくれた抱っこ紐


当時私が使用していた抱っこ紐は新生児から使用可能で、一本で数通りの抱っこの仕方ができる点に惹かれて購入しました。しかし、私の息子達はとにかく寝ない子で、赤ちゃんの頃は四六時中抱っこをして過ごす生活を送っていました。すると、私の肩は赤ちゃんの重みでパンパンに腫れ、経験したことのないような腰痛に見舞われ、それはもうボロボロでした。抱っこ紐が私には合わなかったのです。結局、色んな口コミを見て、改めて抱っこ紐を購入することにしました。

今回オススメした抱っこ紐は全て私が購入し、毎日のように使用していた物たちです。色んな抱っこ紐やスリングを試してみましたが、私の経験上、1本で全てのシーンに見合った使い分けができる抱っこ紐やスリングは残念ながら存在しませんでした。その為、私はシーン別に抱っこ紐を使い分けていたのです。私は最長で、24時間の内、20時間以上抱っこして過ごしていましたが、この4本の抱っこ紐を購入し使い分けたところ、肩や腰への負担が激減し、心までだいぶ救われました。

 

まとめ


赤ちゃんは何をするにも抱っこ抱っこなんてことばかり。だけど、目の前にはやらなくてはいけないことが山積み。そんな時に抱っこ紐は大活躍します。しかし、一言で抱っこ紐と言っても、今は沢山の種類やデザインがありすぎて本当に迷ってしまいますよね。「どれも同じでしょ」なんて思いがちですが、全然違いますよ!赤ちゃんへの安全性や機能性、使いやすさなどを十分考慮した上で、ご自分に最適な抱っこ紐、見つけてくださいね!赤ちゃんを上手に抱っこし、かけがえのない肌と肌の触れ合いを大切にしてください。この記事が少しでもあなたの抱っこ紐選びのお手伝いになることを願っています。

ライタープロフィール

Written by : れいれい
とにかく何をしても寝ない二人の男の子のママ。起きているときはもちろん、眠るときでさえ抱っこするという暗黒の赤ちゃん時代を経験。息子達が成長し、少し手が離れた今の一番の楽しみは晩酌です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連キーワード:

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.