軽さを重視するならB型ベビーカー!軽量でコンパクト&移動も便利♡

ベビーカーには、A型とB型があるのをご存知でしょうか?腰が据わったら使える軽量なベビーカーを、B型ベビーカーと呼びます。

出先でエレベーターがなく、子供を抱っこしてベビーカーを持ち上げて…なんて場面でも、軽量なのは助かりますね。外出先でも活躍してくれるB型ベビーカーは、セカンドベビーカーとしても重宝されています。

そんなB型ベビーカーについて、選び方のポイント、おすすめ商品についてご紹介していきます。

A型とB型の違い

新生児期からすぐに使えるA型ベビーカーに比べて、B型ベビーカーは首と腰が据わった7ヶ月頃から使うことが出来ます。

B型ベビーカーの一番のメリットは、軽いもので3kgと本体の重量でした。しかし、最近ではA型ベビーカーも軽量化が進み、なんと4kgを切ってくるものも販売されています。A型、B型というくくりではなく、使用用途に合わせて、柔軟な選択ができるようになってきました。

7ヶ月頃までは抱っこ紐などを使い、首と腰が据わったらB型を選ぶというのもよいでしょう。

周りを見ていると、B型ベビーカーは、車に積んだり、外出先をメインに使うセカンドベビーカーとして購入している人が多い気がします。

B型ベビーカーの選び方

A型に比べるとまだまだ種類は少ないですが、それでも迷ってしまうB型ベビーカー。選ぶポイントは3つです。

重さ

やはり、選ぶときにポイントとなるのはその重さです。軽量なものだと3kg以下。安定感を重視したものだと5kg程度と幅があります。

500g軽いと、持ち上げた時の感覚はかなり違ってきます。電車などで畳む必要がある、持ち上げて階段を上ったり、車のトランクに積み込んだりなどの場面では、少しでも軽い方が体の負担を減らすことができます。

安定性

砂利道や段差など通る場合は、安定性が大事になります。ただでさえA型に比べるとシンプルな造りなので、悪路走行も視野に入れている人は、タイヤが太くて大きいもの、フレームがしっかりしたものを選びましょう。

ちなみに、軽さを重視した我が家のB型ベビーカーは、砂利道は走行できませんでした。

収納サイズ、方法

画像転載元 アップリカ

玄関先に置いたり、車に積んだりするのであれば、コンパクトに畳めることが条件になります。畳んだときのサイズはしっかりチェックしてください。

また、子供を抱っこしたまま、片手で簡単に畳めることができるタイプが便利です。自立してくれるかなども含め、収納方法もしっかり確認しましょう。

B型ベビーカーのおすすめ商品3選

Applica マジカルエアー

 

重さは3.1kg。計量で剛性の強いリジカルフレームを採用し、より安定して走行することができます。20Lの大容量バスケットや、簡単取り外して洗えるシートなど、便利な機能が充実しています。

収納時、スリムに自立してくれるというのもポイントです。

Combi ベビーカー F2 plus

 

重さは3.9kg。165度フルリクライニングができるハイシートバギーです。首と腰が据わる前の、生後1ヶ月から使えるのが大きな特徴です。新生児期は外出をする機会もほとんどないので、1台目のベビーカーとしてもおすすめです。

Jeep スポーツスタンダード

 

重さは5kgと、他の商品に比べるとやや重めではありますが、大きなタイヤで安定性抜群。前輪にはソフトサスペンションを装備し、快適な乗り心地を実現しています。自立スタンドがついているのも便利ですね。

使っている人を見かけることの多い、人気の商品です。

まとめ

育児用品の中でも、比較的高額な部類に入るベビーカー。赤ちゃん期はもちろん、歩けるようなっても、なかなか思ったように歩いてくれない1~2歳の子供がいる家庭で活躍してくれる便利アイテムですね。

お気に入りのベビーカーで、お出かけをもっと楽しみましょう。

ライタープロフィール

Written by : midori
モノへのこだわりが強めの30代主婦。徹底的にリサーチします。気に入らなければ、買い換えるという強気な面も。家事は苦手。ゴロゴロするのが好き。万年ダイエッターです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連キーワード:

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.