日立の布団乾燥機アッとドライを実際に使ってみた!

日立の布団乾燥機《アッとドライ》の使用時間やダニ退治効果などを解明

布団乾燥機には布団型のマットを広げるタイプとホース型のマットのいらないタイプとありますが、こちらは後者のホース型です。
我が家はダニ退治用に購入しましたが、梅雨やpm2.5などで布団が干せない事も主婦にとっては大変なストレス。
布団乾燥機は実際にどうなの?と検討されている方も是非参考になればと思います。

 

布団の乾燥だけではない、広がる活用性

布団のサイズや種類、ダニ退治など使用項目により必要時間も様々です。設定時間も10分単位で変更でき色々な活用方法があります。風の種類も温風と、温風・送風を選ぶことができます。

使用時間と活用法

ダニ退治120分)

布団 温風・送風(シングル綿45分・綿60分他)

温風布団乾燥(羽毛シングル45分他)

布団温め20 足元温め20

靴乾燥30分から120分)

衣類乾燥(シャツ7120分)など

 

消費電力と電気代

AV10050/60HZ

消費電力最大420

およその計算ですが、30分使用で電気代は18

ダニ退治は120分かかるので70円程度で思ったより家計への負担は少ないようです。

 

布団乾燥機の使い方

伸縮性のホースを伸ばし、二股に分かれている布団差し込み用のアタッチメントを差し込みます。布団の間に挟みモード、時間を選択したらスタートです。

アタッチメントも伸縮し、先端部分からだけではなく側面側からも風がでるので布団全体に風が届きやすい仕組みになっています。

取り外しも簡単で靴用のアタッチメントにもすぐに着脱することが出来ます。

 

アッとドライHFK‐VL1のサイズ

本体は14.423.231.3センチ、重さ約2.9kgのコンパクトサイズ

85cm伸縮型ホース、伸縮型布団乾燥アタッチメント、靴用アタッチメント、ホルダー

マットタイプの場合収納が難しいとの口コミもありましたが、こちらのホース型は取り外しが簡単なので全てががきっちり収まるようになっています。重さも軽く持ち運びも簡単なので場所を変えて使うことが出来ます。

コンセントが1.8mなのでもう少し長ければ更に使い勝手が良かったようにも感じます。

 

ふかふかの温かお布団で就寝、買ってよかった!ダニ退治の効果と使ってみた感想

ダニ退治は50度以上30分で死滅するといわれています。
そのダニを掃除機できれいに吸い取るまでがダニ退治の所要時間と考えなければいけません。

我が家の場合セミダブルの敷布団を温風の場所を変えしっかりダニ退治するのに120分、さらに掃除機と結構な時間を要しますが、きれいな布団で眠れるという安心感はかなりあり、気のせいかもしれませんが、風邪をひきやすかった娘には効果があったように思います。

また布団全体を温めることで部屋の温度もあがります。我が家の場合、簀子の上に布団を敷いています。
布団を温めることで簀子下の空気層も温まり、長時間継続して温かさを感じることが出来ます。
冬場は就寝前にセットすることで毎晩ふかふかの布団で就寝でき家族も大変喜んでいます。

布団乾燥機は購入しても利用回数は本当にあるのだろうかと考えていましたが、靴や衣類の乾燥など出番も多く、場所も取らないアットドライは購入して本当によかった商品だと思います。

さらに、現在は新型が登場しています。
乾燥機選びの参考にしてみてくださいね^^

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.