大人も一緒に楽しめる!神戸アンパンマンミュージアムってこんなところ

小さな子どもが大好きなキャラクターといえば、やっぱりアンパンマンですよね!もうすぐ2歳になるわが家の娘も、アンパンマンを見るたびに目を輝かせています。

そこで、先日「神戸アンパンマンミュージアム」に行ってきました!これがもう、アンパンマンの世界観そのもの!親子でアンパンマンワールドを満喫できちゃいました。

今回は、そんな「神戸アンパンマンミュージアム」の魅力をたっぷりお届けします!

 

 

神戸アンパンマンミュージアムってこんなところ!

アンパンマンミュージアムの入場料

大人…1,800円

子ども(1歳以上)…1,800円(記念品付き)

 

子ども料金は大人と同じ金額ですが、その代わりアンパンマングッズがもらえます。

時期によって異なるそうですが、私が行ったときは「アンパンマンマラカス」をもらえました。

ちょうど持ちやすいサイズなので、受け取った瞬間から娘はゴキゲン!首にぶら下げたまま、施設内をうろうろしていましたよ。

 

駐車場はある?アンパンマンミュージアムのアクセス

電車・バス・車すべてのアクセスに対応しています。

電車の場合

・JR神戸線…「神戸駅」より徒歩8分

・阪急・阪神・山陽…「高速神戸駅」(神戸高速鉄道)より徒歩13分

・地下鉄…市営地下鉄海岸線「ハーバーランド駅」より徒歩8分

 

バスの場合

・みなと観光バス…「モザイク前」で下車し、徒歩4分

・シティー・ループ…「ハーバーランド(モザイク前)」で下車し、徒歩6分

 

車の場合

阪神高速3号神戸線 「京橋」または「柳原」出口から5分

施設の専用駐車場や提携駐車場はないので、神戸ハーバーランドumieにある駐車場を利用しましょう。
平日は3時間無料、土日祝は2時間無料となっています。(以降30分ごとに200円)

わが家は電車で行きましたが、周辺にあるアンパンマン感たっぷりの町並みを楽しめましたよ。

ふと地面をみると、あちこちにキャラクターのイラストが。

かわいいフォルムの銅像も立っています!

 

ミュージアム

さまざまな仕掛けがめいいっぱい楽しめる、アンパンマンミュージアムのメインエリア。その特徴やポイントをご紹介しましょう!

 

ベビーカーは入場不可

こちらの「ミュージアム」と「バイキンひみつ基地」では、ベビーカーでの入場ができません。そのため、入り口にあるベビーカー置き場に置いて入場することとなります。

その一画には大量のベビーカーが並んでいますが、係員の方が名前を書く紙を渡してくれます。あとは、それに記入して預けるだけ。日曜の午後に行きましたが、置ききれないような状態ではありませんでした。

小さいお子さんがいる方は、抱っこひも必須!ママはリュックやショルダーバッグにするなど、両手があくようにしておくと安心です。

 

ミュージアムカフェ

入ってすぐのところには、300冊近くも絵本があるというカフェが併設されています。窓際の席は景色も良さそう!

飲み物だけでなく、軽食を注文することもできます。アンパンマンの表情がかわいいホットケーキやアイスクリームは、お子さんが喜ぶこと間違いなし!ミュージアム内は混んでいましたが、カフェの中は比較的空いていましたよ。

 

アンパンマン号

誰もが憧れるアンパンマン号!
実際に中に入って、ハンドルを回すことができます。

スタッフの方が順番に案内してくれるので、スムーズに乗ることができましたよ。1分ほどの曲が流れ、その間に子どもたちがハンドルをぐるぐる。曲が止まったら交代…という流れでした。

運転席は2台あり、子どもが2人ずつ座れます。順番待ちは3分くらいでした。

 

たんけんランド

アンパンマンの舞台がジオラマで精密に再現されています。パン工場やバイキン工場など、いつものアニメに出てくるシーンも登場しますよ!

畑では、野菜のキャラクターがせっせと栽培しています。子ども目線からさまざまな発見ができるよう、あえて高さを工夫しているそうです。

 

やなせたかし劇場

ここでは、アンパンマンたちのミニステージやアニメを楽しむことができます。私が通りがかった時は、ちょうどアンパンマンと食パンマンのステージが開催中!すでに満員状態でしたが、後ろの方でもしっかり観覧できました。

「おもちゃのチャチャチャ」など、おなじみの曲で盛り上がっていましたよ。おねえさんもハイテンションで、子どもたちの興味をひきつけています。子どもたちは、パパに肩車をしてもらっている子が多かったです。

 

虹のすべり台

こちらには、カラフルなすべり台がズラリ。子どもたちだけで楽しむエリアなので、ある程度上の年齢でないと入れないようです。ほかのエリアには、小さなお子さんでも楽しめる低めのすべり台もありますよ。

 

ミュージアムショップ

やや小さめのお店ですが、可愛い限定商品がそろっていました。ドキンちゃんのあの表情が載った商品は、大人の方が欲しくなってしまうかも…。

 

バイキンひみつ基地

ミュージアムの隣には、バイキンマンがメインの施設があります。ミュージアムのすぐ近くにあるので、歩いて移動できますよ。

子どもたちが思いっきり遊べる遊具や、壁にある仕掛けを楽しめるエリアがたくさん。バイキンUFOやドキンちゃんの部屋など、記念撮影にピッタリな場所もありました。

ミュージアムよりはちょっと狭い施設ですが、「まだまだ遊び足りない!」というお子さんにピッタリだと感じましたよ。

 

ショッピングモールでひと休み

アンパンマンの世界に浸ったら、ショッピングモールでひとやすみ。レストランやジュース屋さんなど、さまざまな休憩スポットがあります。

ショッピングモールは入場料無料なので、いつでも気軽に入れます。親子だけでミュージアムに入場して、おじいちゃんとおばあちゃんはお茶をしながら待機…という使い方もいいですね。

ミュージアムやバイキンひみつ基地では使用不可だったベビーカーですが、モール内は使用OK!思いっきりショッピングを楽しんじゃいましょう!

 

アンパンマン&ペコズキッチン

あのペコちゃんとアンパンマンがコラボした、ちょっと珍しいレストラン。先ほどのミュージアムカフェは入場料を払わないと入れませんが、こちらはショッピングモール内にあるので誰でも利用できます。

お店のすぐ近くにアンパンマン広場があるので混んでいるように見えますが、店内はいくつか空席もあるようでした。外観だけでなく、店内にもアンパンマンのイラストがあちこちにありましたよ!(ペコちゃん要素は少なめかも…笑)

ラストオーダーは18:00なので、夜ご飯を食べようと思っている方はご注意を。「時間的にどこも開いていない…」と思ったら、近くのモザイクやumieなどで食べてもいいですね。

umieは、アンパンマンミュージアムのすぐ近くにあるショッピングモール。トイザらスやベビーザらスもありますよ!

おかしのくにのビスケット屋さん

キャラクターたちがたくさん登場するビスケットを扱ったショップ。キャラクター型のビスケットだけでなく、さまざまなデザインの缶にも注目です!

私は、一目惚れしたこちらの「ようちえんバス」を購入!値段は、税込みで2,000円でした。

こういうタイプの中身って、入れ物がメインでお菓子はちょっとだけ…というイメージですよね。でも、こちら商品にはビスケットが予想以上に入っていてびっくり!小分けになった袋が3つも入っていました。甘さ控えめのココア味のようで、わりと大人っぽい味でしたよ。

幼稚園バス風の缶にはタイヤが付いていて、実際に動かしながら遊ぶこともできます。中に小物を入れたり、手で走らせたりと柔軟に使えるアイテムです。

 

ジャムおじさんのパン工場

さまざまなショップの中でも、絶対に行っておきたいのがココ!キャラクターたちをモチーフにした可愛いパンが手に入ります!

こちらで取り扱っているパンは、すべて手作り。ガラス越しに、店員さんがせっせとパンに顔を書いている様子も覗けちゃいます。

通常のパン屋さんと異なり、欲しい商品のカードをレジに持って行くシステム。本物そっくりのパンの見本が置いてあるので、それを見ながら選んでいきます。そうでないと、子どもたちがパンをツンツンしちゃいますからね…(笑)

ちゃっかり、おもちゃの「ジャムおもちゃのパン工場」も販売されています。パンよりも食いつく娘…。見た目も本物のパンにそっくりなので、お土産に奮発しちゃうのもいいですね。

次から次へとパンが生産されているようで、売り切れる気配はありませんでした。値段は種類によって異なりますが、だいたい300円台。ちょっとお高めです。

店内はそれほど混んでいませんでしたが、レジは激混み!4台ほどのレジが稼働していましたが、それでも長蛇の列ができていましたよ。

商品のカードを受け取った店員さんは、背後にある扉を開けて「ジャムおじさーん、パンおねがーい」と声をかけます。すると、どこからともなく全てのパンがそろった状態で出てくる流れ。パン工場の世界観を大切にしていますね!会計が終わると、「バイバイキーン」という挨拶までしてくれましたよ(笑)

わが家が購入したのは、こちらの4つ。ぶたまんの具が入った「ぶたまんまん」は、神戸限定商品です。

ロールパンナちゃんには、カスタードとチョコクリームが入っていました。彼女がもっている「善の心」と「悪の心」を表現しているのでしょうね。

 

アンパンマン広場

ショッピングモール内にある広場では、定期的にイベントが開催されています。入場無料でアンパンマンに会えるチャンス!席の確保のため、イベント時間のかなり前から待っている人もいるようでした。

この広場、実はミュージアムからガラス越しで見下ろすことができるんです。ちょうどいい場所を確保できたので、私たちは上から見物することに。舞台の全体が見渡せたものの、防音が完璧すぎてなにも聞こえませんでした(泣)

でも、娘は手を叩きながら喜んでいましたよ。アンパンマンの動きや雰囲気だけを観たい方は、ミュージアム内のベンチから眺めてみてはいかがでしょうか。

 

アンパンマンミュージアムは大人も子どもも楽しめる!

アンパンマンのアンパンマンミュージアムの魅力を感じてもらえたでしょうか。ショーを観て本物のアンパンマンに夢中になるのもよし、記念写真を撮りまくって思い出を作るのもよし、レアな限定グッズを買い漁るのもよし。とにかく、大人も子どもも大興奮間違いなしのスポットです!

アンパンマンには全く興味がなかった夫も、ここに来てからすっかりアンパンマンのとりこに。今ではお小遣いで娘にアンパンマングッズを買い、親子でアニメを観ていますよ(笑)

今回ご紹介した場所以外にも、まだまだたくさんのショップや遊具があります。神戸のアンパンマンミュージアムはすべて室内なので、天候にも左右されませんよ!ぜひ一度、家族でアンパンマンミュージアムを訪れてみてくださいね。

関連記事

熱中症対策!子どもと屋内で楽しめるおすすめスポット7選 in関西

「夏は家族でいろんなところに遊びに行くぞ!」と意気込んでいる方もたくさんいるのではないでしょうか。長期休暇を利用してちょっと足を伸ばしたり、始めていく場所を訪れたりするのもいいですよね。 そこで気にな ...

続きを見る

兵庫県のお土産おすすめ10選!兵庫のお土産を地元民がセレクト

関西一の面積をもつ兵庫県には、姫路城に宝塚歌劇、有馬温泉、神戸など観光名所がたくさん存在しています。そんな魅力ある兵庫県への旅行を計画している人も多いのではないでしょうか。 でも「兵庫県の定番のおみや ...

続きを見る

ライタープロフィール

Written by : ゆずぽんず
一児の母兼フリーライター。小さい頃はバイキンマンの味方をしながらアニメを観ていました。しかし、娘は王道のアンパンマン派のようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連ワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2019 All Rights Reserved.