コスパ最高! アンデルセン公園を親子で120%楽しむ方法


世界最大の旅行サイト、トリップアドバイザーの日本のテーマパークランキングで2015年は3位、2016年は9位にランクインし、その意外性から多くのメディアに登場した千葉県船橋市にある、アンデルセン公園。特に大型アトラクションがある施設でもないのにその人気は衰える様子はなく、休日には多くの人で賑わいます。今回は、そんなアンデルセン公園の魅力をご紹介します♪

アンデルセン公園の8つの魅力

1.入園料の安さ!

入園料がお安いだけでなく、施設内には無料で遊べる場所が沢山!有料の場合も数百円と、なんともお財布に優しい価格設定です。一日遊べてこの価格は本当に安いです!
お昼ごはんは、お弁当を持参して、芝生や至る所にあるベンチで食べている方がほとんどですが、風車の近くにレストランもありますし、芝生広場前にフードショップもあります。

アンデルセン公園入園料

一般 900円
高校生 600円
小、中学生200円
幼児(4歳以上) 100円

※65歳以上の方は証明書提示で無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、手帳提示でご本人様と介護者様1名の入園料金と駐車料金が無料
※25人以上の団体は1割引

詳細はホームページをご確認下さい
混雑予想はコチラです。

アンデルセン公園の前売り券は1割オフの価格でゲットすることができ、さらにお得な年間パスポートもあります。ちなみに私は年間パスポートを保有しています(笑) 年間パスポートは一般で3,000円、船橋市民なら2,000円です。

 

2.夏場は入園料だけで水遊びが出来る!

ワンパク王国ゾーンの虹の池周辺では、夏場は水遊びをする子供達でいっぱいです。
少ないながらも、シャワーや更衣室もちゃんとあります。虹の池前の木陰にレジャーシートやテントを使い、我が子が遊んでいるのを見ながら休憩しているパパママの姿もちらほら。水着、着替え、タオル、浮き輪、ビーチサンダルがあれば便利です。

 

3.実はとーっても使える子ども美術館!

子ども美術館ゾーンは、ワークショップ室、版画、食、染、織、陶芸、木、アンデルセンスタジオからなり、各アトリエではそれぞれに魅力的な催しが毎月あるので、どれにしようか迷ってしまいます。有料になりますが、どのプログラムも400円〜800円程度と、とってもリーズナブルです。混雑している日は、入園してすぐに、プログラムの予約をしておくと安心です。

劇に興味のあるお子さまは、アンデルセンスタジオで親指姫の体験を❤



毎月変わるプログラムが多い中、この劇体験だけは通年開催されてます。デンマークから直輸入された本格的なセットを使い、気分は舞台俳優?!です。

最初にスタッフの方がハイレベルな親指姫一人芝居をやって下さるので親子で見学します。その後、衣装紹介、説明を聞いた後、好きな役を決めます。主役の親指姫はもちろんのこと、どの衣装もとーっても素敵なので、過去2回体験した我が子の場合は、2回とも、揉めることもなくすんなり役が決まりました。アンデルセン公園のホームページに衣装の詳細が載っています。→こちら

ちなみに、ほとんどの役は定員2名で、蝶々&花の精(1人2役)だけ4名まで出来ます。足りない役は、スタッフの方が演じて下さるので、ご安心を。役が決まれば、衣装に着替えた後フェイスペインティングをしてもらい、ここで写真タイムです!是非、ご持参のカメラで、お子様の可愛い姿を撮って下さい!
その後は保護者と離れて、演技指導タイムに入り、準備が出来たところで、保護者はスタジオに呼ばれます。そして観劇です!
真っ暗な舞台の中、スポットライトが当たれば、気分はもう舞台俳優!観劇中は撮影禁止ですが、劇終了後に出演者全員で記念撮影をし、その後はセットで遊んだり、自由に撮影出来る時間を設けてくれます。

ここまで全てを14:00-15:30の間にやってしまい終了です。こんなに盛り沢山なのに、参加料は1人300円なんです。なので、我が家含め、リピーターのお子様もチラホラいらっしゃいました。出演者全員の集合写真は希望者のみ100円で購入出来ます。日付け入りで、なんとも有り難い価格です。

この劇体験は通年同じ劇で、土日祝、学校の長期休暇に催されます。受付終了時間があるので、参加される方はお早めのご予約がオススメです。

季節に合わせて毎月違うものを作れるアトリエプログラム

例えば2018年1月は手作り入浴剤が作れました(他にも色々ありましたが)
用意されたクエン酸、重曹、コーンスターチ(片栗粉でも良い)を混ぜて、好きな食紅と水分を入れてしっかり混ぜ、容器に押して入れてお持ち帰りし、翌日容器から出して完成です。ラッピングセットも持ち帰らせてくれるので、お世話になっている誰かにプレゼントにしたら、きっと喜んでもらえるはず!
私の子供は下の写真の消しゴムハンコの帽子(洗濯可能)や、フォトスタンドの他に、手り石鹸や、クッキー、白玉団子作りに以前参加しました。

毎月のイベント詳細は、子ども美術館 ワクワク 作るプログラムをご確認ください。→こちら

 

4.乳幼児連れの方も楽しめる!

乳幼児連れの方は、花の城ゾーンにある、花の城レストハウス内のプレイルームがオススメです。デンマークを代表するオモチャ、LEGOで遊べます。暑い夏場や寒い冬場、雨の日などでも、屋内施設なので快適に遊べ、年齢制限が設けられているので、比較的安心して遊ぶことが出来ます。
もちろん、授乳室もあります。
プレイルームの外に小さな噴水があり、夏場はそこで水遊びする子も多いです。服が濡れてしまう事も多いにあるので、着替えがあると便利ですよ。

 

5.思いっきり身体を動かせる!


ワンパク王国ゾーンでは、身体をめいっぱい使って遊べます!

お天気の良い休日には長蛇の列が出来る大滑り台や、ロープスライダー、ワンパクボール島等、魅力的な遊具が沢山あります。アスレチックも100種類以上と豊富で、体力に応じで、4つのコースがあります。子ども美術館と変形自転車乗り場の真ん中辺りにある、芝ソリも人気ですよ。

6.動物に触れ合える!

動物好きのお子様は、ワンパク王国ゾーンの動物ふれあい広場へ是非❤️

ヤギ、ひつじ、うさぎ、モルモットと触れ合えたり、一周100円でポニーに乗れたりします。利用時間が決められているのでご注意下さい。

 

7.お花が1年中とっても綺麗!


真冬に咲く珍しい品種のチューリップ畑もとっても綺麗です。子供達に大人気の花の迷路では、夏にはひまわり、秋にはコスモスと季節限定の花の迷路を楽しませてくれます。

花と緑の見所情報はこちら

 

8.子ども美術館以外にも楽しい屋内イベントがたくさん!

メルヘンの丘ゾーンの童話館では、塗り絵と折り紙が貰え、童話館内の多目的ルームで、おもいおもいに、工作をしたり塗り絵をしたりして遊べます。
シアターでは、アンデルセンの有名な童話を選んで見る事が出来ます。土日祝限定ですが、お話しコーナーではおはなし会が開催されており、参加者にはスタンプカードが配られます。

 

9.期間限定のイルミネーションは必見!

クリスマスシーズン限定ですが、夜間の無料開放は超オススメです!駐車料も払わなくて良いなんて、太っ腹すぎます!アンデルセン公園さん!
ハンドベルコンサートや、ヤギとサンタクロースが登場したり、特別なワークショップがあったり、いつもはない屋台が沢山出ていて、夜ご飯にも困りません。メルヘンの丘ゾーンが主にライトアップされ、入園は南ゲートだけになるのでご注意下さい。

2017年12月 ハンドベルコンサートの様子

その他にもオススメはいっぱい!

もしお子さまが虫好きなら、自然体験ゾーンで、夏には網、かごや、バケツを持って虫捕りも楽しいです!

その他の有料施設

★太陽の池----ボート(1回30分) 300円
☆ワンパク王国ゾーン----変形自転車(1回) 200円〜300円
★ワンパク王国ゾーン----ミニパターゴルフ(9ホール) 300円
☆ワンパク王国ゾーン----ミニ鉄道(1回) 100円
★ワンパク王国ゾーン----ミニカー(1台1回) 100円

迷子アナウンスはしてもらえないので、迷子になる可能性のあるお子様は、入場口等に置いてある迷子シールに記入し、服に貼っておく事をオススメします。

 

最後に

ここまで読んで頂きありがとうございます。
乳幼児から大人まで家族全員が楽しめる場所、ありそうでなかなか無いように思いますが、アンデルセン公園は、広大な敷地内に、様々な施設が有り、季節毎に催される事も違い、何度も足を運びたくなる場所だと思います。
このページに書いてある事が、アンデルセン公園でお気に入りの過ごし方を見つけるキッカケになれば幸いです♪

※この記事は2018年2月現在のものです

ライタープロフィール

Written by : Katakago
船橋市在住。二児の母。アンデルセン公園の年間パスポート愛用者。幅広い年齢層が楽しめるアンデルセン公園は親子で大好きです❤️

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter で
関連キーワード:

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.