簡単!蚊の痒みを消す方法&蚊を寄せ付けない裏技

夏は夜も外に出る機会が増えますね。
夜のイベントは雰囲気も変わって大変魅力的ではありますが、そんな夏の夜に水を差すのがあのにっくき「蚊」ですよ!!

私は、なぜか昔から蚊に刺されやすい体質で、
夫からは「君がいてくれるおかげで僕は刺されなくて済むよ♪」と言われる始末。

そんな虫刺されですが、皆さん刺されてしまった後はどうしてますか?
キンカン派?ウナコーワ派??

子供の頃でしたら、腫れてきた箇所に爪の先でバッテンをつけると痒みが止まるなどと根も葉もない噂を信じていましたが、痒くなる前に痒みをストップ!

数年前からSNSなどで「よく効く!」「痒くなくなった!」と人気の、
虫刺され後の痒みを止める裏技を試してみませんか?

蚊に刺された後の痒みを消す裏技

    やり方は簡単!

  • お湯を沸かし、布巾にお湯を垂らす。
  • 「ちょっと熱いかな、触っていられないな」くらいの温度になるまでパタパタして冷ます。(具体的には、50~60度が良いそうです)
  • 火傷しないように注意しながら、虫刺されに何度かに分けて押し当てる。15秒ほどでOK、ジーンとしてきたら完了。

ポイントは掻いてしまう前にやることです。
痒みが消えるので、掻き壊すこと無く綺麗に虫刺されを治すことが出来ます。
もし痒みがぶり返してしまった場合は、再度熱を当ててみてください。

繰り返しになりますが、火傷には気をつけましょう。

お湯を沸かさなくてもOK

熱ければ良いので、熱めのコーヒーやお茶を淹れたら、そのカップの底を押し当てたり、熱めのシャワーを当てると良いという話もありました。電子レンジを使うのであれば、20秒チンしてパタパタして少し冷ますと良いです。

どうして熱が虫刺されに効くの?

元の噂では、「蚊の唾液に含まれる痒みの元となるタンパク質が熱によって壊れる為」と説明されていましたが、残念ながらこの温度ではタンパク質は壊されないらしく、単純に「熱さで痒みを麻痺させている」状態なのだそうです。(いろんな説がありますが、熱によって上がった血流を一時的に下げることによって痒みが引くという説もあります。)

メカニズムは解明されていませんが、この方法で痒みが消える人は多く、私のように蚊によく好かれてしまうタイプの人にとっては、火傷にさえ気をつければ、かなり実用的な裏技です!

是非試してみてください^^

蚊に刺されるのを防ぐには…?

アルコールで足の裏除菌

最近ニュースで話題になった、「妹さんがよく蚊に刺されるから、何が蚊に刺されやすくなる原因なのか」を研究した高校生の方がいらっしゃいましたね!

彼の研究によると、
「足の裏の常在菌の種類が多いと、蚊に刺されやすい」のだそうです。

「足首から下をアルコールで消毒する」と蚊に刺されにくくなるの~?
そんなまさか~…と思っていたのですが、効果てきめんです!

使うのは一般的な薬局などで売られているアルコール。
除菌ジェルなどでも問題ないかと思いますが、スースーするだけの制汗シートは意味がないと思います。これで足首から下を念入りに拭いて外に出ました。

これプラス虫除けスプレーをかけて外出したところ、いつもだったら私が蚊にさされている立場なのに、同じく虫除けスプレーをした夫が蚊に刺されていました(笑)

ただアルコールで足を拭いただけなのに!!

このアルコールで足除菌はツイッターで他にも効果があったという方がちらほら居たので、よく刺される人は試してみてほしいです。

ちなみに、アルコールは一般的なもので構いません。
靴下を履く前に、足首から下をアルコールをガーゼに染み込ませて拭いてみてください。

 虫を寄せ付けない、ハッカ油(はっかゆ)虫除けスプレー!

「虫除けスプレーは体に悪そう…」「あのにおいが苦手であんまり使いたくない…」
という人にオススメなのは「ハッカ油」
その名前の通り、ハッカを精製して作られた油です。
ハッカのにおいを虫は嫌うので、ハッカ油で虫除けスプレーを作ることが出来るんです。

作り方は、

  • 100均などで売られているスプレー(50cc程度がおすすめ)
  • ハッカ油
  • 水道水(長持ちさせたい場合は、精製水)
  • エタノール(薬局に売っています)

容器の1割程度、エタノールを入れそこにハッカ油を20滴ほどいれてよく振って混ぜます。
残りの容器に水道水を入れ、さらに混ぜます→出来上がり!

ただ、こちらの虫除けハッカ油スプレーは持続性があまりないので、ある程度頻繁にかけ直すことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
蚊に刺されないのが一番ですが、もし刺されてしまったときは裏技で痒みをけして虫刺され跡を残さず綺麗に直してしまいましょう^^

ライタープロフィール

茶屋野 藤Written by : 茶屋野 藤
北海道出身の現東京都民。「毎日をもっと楽しく」をモットーに日々自分が楽しめる小技を探して生きています。サブカル好き。最近の趣味は日本語を勉強中の外国の方と言語交換をすること。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連キーワード:

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.