洗い物なし!時短・楽チンな油揚げの油抜き

レシピ本に「わかっているでしょうね?」とまるで当然かのように書かれている3文字。

『油揚げは「油抜き」して・・・』
さらっと書かれていますが、油揚げの油抜きって率直に言うと面倒臭いですよね^^;

お湯を沸かして、シンクを開けて(料理中だと他の洗い物が居座っている場合があります。)ザルに油揚げを置いて、沸騰したお湯をかける。もし油がまだ気になるようであれば、さらに裏返して…アチチッ!

当然ザルも油で汚れますし、油が跳ねるため、シンクを開けなければいけないのは面倒です!
そこで今回は、面倒な油揚げの油抜きを1分で終わらせる時短をご紹介します。

必要なもの(2つだけ!)

  • 電子レンジ
  • キッチンペーパー
  • (あると便利なもの:使い捨てビニール手袋)

時短 油抜きを方法

1.油揚げを、袋から出し、キッチンペーパー2枚でくるみます。

2.絞ります。(ビニール手袋が大変おすすめです。)

3.油で汚れたキッチンペーパーは捨て、さらに別のキッチンペーパー2枚でくるみ電子レンジで30秒加熱します。

4.加熱が終わったら、キッチンペーパー4枚でくるみ、絞ります。こちらは、絞ったあと、油まみれのキッチンペーパーです。これだけ油が染み込んでいたんですね~!油揚げが熱いので注意!

効率的にしっかりと油を抜くことが出来ます。キッチンペーパーごしとはいえ、油揚げのが熱くなっていますので、最後に加熱した油揚げを絞る際に、火傷をしないように気をつけてくださいね。このあと、こちらのキッチンペーパーを下に敷いたまま包丁を入れると、まな板が油で汚れにいので、オススメです。

キッチンペーパーがもったいないという方は…

こちらの油抜き方法を試してみてください。
1.深めのお皿に油揚げをのせ、水を張る(1cm程度)

2.電子レンジで30秒加熱する

3.裏返して、もう30秒。

4.熱いので気をつけながら、油揚げを絞る。

従来の、お湯をつかった油抜きと似ていますが、お湯を沸かす手間が省ける分楽ちんです^^

何故油抜きが必要なの?

そもそも、何故油抜きが必要なのでしょうか?油抜きの手順を省いてしまえばいいのでは?と思う方も多いと思います。しかし、油抜きの手順を省くのは余りおすすめ出来ません。

油抜きのメリット

その1 油独特のえぐみが消える。
油揚げは、今やスーパーで比較的安価に手に入りますが、油揚げのそのものは酸化した油が染み込んでいます。この酸化した油は、なるべく取り除いた方がお料理全体が美味しくなります。

その2 カロリーが大幅カット!
油分を取り除く訳ですから、カロリーもカットされます。油抜きをする前とする後だと約100キロカロリーもカロリーが変わってくるらしいです。

その3 味が染み込みやすくなる。
お出汁が染み込んだ油揚げって、最高ですよね。購入したばかりの油揚げのは油が染み込んでいる状態なので、単純にそれを取り除けば味が染み込みやすくなります。

油抜きが終わったら、冷凍保存も可!

この油抜き方法の良いところの一つは、切って冷凍しておけば、そのまま油抜きされた油揚げが使えるというところです。
熱湯で油抜きをするよりも、水分が残らないため冷凍保存にも最適!
手軽な大きさに切って、ジップロックなどに入れて保管しておけば、必要なときに必要な分だけ使えて便利です^^

まとめ

タンパク質が豊富で、価格も安く購入しやすい油揚げ。この油抜きで、もっと手軽に料理に取り入れてみてください。

ライタープロフィール

茶屋野 藤Written by : 茶屋野 藤
北海道出身の現東京都民。「毎日をもっと楽しく」をモットーに日々自分が楽しめる小技を探して生きています。サブカル好き。最近の趣味は日本語を勉強中の外国の方と言語交換をすること。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連キーワード:

PC記事下336px

PC記事下336px

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.