超時短&超簡単♪ゆでたまごをフライパンで簡単に作る方法

「ゆでたまごを作るために、お湯をわかすのが面倒くさい!」
「手っ取り早く、ゆでたまごを作りたい!」
「ゆでたまごの殻がつるりと剥けなくて困っている。」

そんな方にぴったりの時短・節約術がこちらです。

フライパンで時短ゆでたまごの作り方

主婦の方であれば、お気に入りのゆでたまごの作り方があるかと思いますが、フライパンでゆでたまごを作ったことはありますか?

まだ無いのであれば、一度試してみてください!きっとその手軽さに虜になること間違い無し^^
フライパンでゆでたまごを作る、お手軽で水も時間も大幅カットできる節約術です。
夏の間は、あのお鍋に湯をグラグラと沸かす時間が苦痛ですよね。その時間もカットです

用意するもの(少ない…!)

  • フライパン(蓋付きのもの)
  • たまご(冷蔵庫から出したまま、冷たいままでOKです)

この節約術の魅力は、なによりもとにかく時間が短縮されること。
ゆでたまごを作る際に、たまごを常温に戻すというレシピもありますが、冷蔵庫から出したままの生たまごを使います。

作り方

フライパンにたまごを並べ、水を100cc(約お玉二杯分)いれます。
フライパンに蓋をして、強火で加熱します。

フライパンから蒸気が出てきて、中の水が沸騰した様子になったら、中火にして6分加熱します。

6分経ったら、火を止めて蓋をしたまま4分放置します。この放置の時間でたまごの半熟度が決まります。
ゆるめの半熟たまごがお好みなら3分、ハードボイルドなら7分がおすすめです。
左が4分、右のたまごは7分放置したものです^^

放置時間が終わったら、水につけて冷やします。ここは適当でかまいません。私はいつもフライパンのままそのまま流水にさらしています。

卵の殻がつるつる剥けることにびっくりするかもしれません。

注意点

フライパンの蓋はしっかりしたものを!
中の水(お湯)がなくなってしまうと中のたまごが焦げ付く危険性があります。(焦げたところで味に大差は無いので食べられるのですが…)
しっかりと蓋の閉まるフライパンを使いましょう。
蓋がしっかりと閉まらない場合は、少し多めの水を入れると良いでしょう。

一回試すとやみつきになる簡単さ。
是非一度試してみてください^^

ライタープロフィール

茶屋野 藤Written by : 茶屋野 藤
北海道出身の現東京都民。「毎日をもっと楽しく」をモットーに日々自分が楽しめる小技を探して生きています。サブカル好き。最近の趣味は日本語を勉強中の外国の方と言語交換をすること。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連キーワード:

関連コンテンツ広告

関連コンテンツ

Copyright© Riche【リッシュ】 , 2018 All Rights Reserved.